人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【ないかくだとう】スタート

以下のような運動を、われわれの【独立系メーデー】仲間がスタートさせたそうです。

確かに民主党も、二つのニューディールなど、かなりまともな政策を出していますし、共産党や社民党も、企業の不祥事追及などはがんばっている。しかし足りないことがある。

それは【大衆運動】です。大衆運動は、自民党への追及とともに、民主党に対しても牽制球を投げることになります。

こういう運動があちこちで起きれば、民主党やまた、労組も襟をたださざるをえない。大変有り難いことです。

///// 週刊「ないかくだとう」   0号 2009.01.18 /////

■ おい麻生、勝手に倒れるな!倒させろ!

ついに80%を超えた不支持率。ところが麻生首相は政権の座を手放そうとしません。加えて奇妙なことに、内閣を倒す人々の行動がほとんど見えてこない。
「有力政治家」の離党騒ぎはニュースになったし、野党議員の動きは伝えられるけど、なぜだか動いているのは国会やテレビの中だけ。これはやばいだろう民主主義的に。ということで、私たち自身の手で麻生内閣を倒すことにしました。

おかしいと思ったらすぐに言う。街頭や家庭や職場や学校で、なにかアクションを起こしましょう。いまのところ、街頭宣伝、デモ、政党まわり、インターネットアクション、などを企画中です。とにかく政権倒せばなんでもいいんでやりま
しょう。東京に限らず全国の様々な麻生政権打倒の行動をつないでいきたいと思っています。あなたも一緒に麻生政権を倒すための行動を起こしませんか?

2009年1月16日
「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

○ ないかくだとうアクション ○
【1月】
・国会に議席のある政党に「ないかくだとう」運動の開始を伝えに行きます!
・都内各所で宣伝活動を行います!
・「週刊 ないかくだとう」を創刊します!
【2月〜】
・2月、3月に都内でデモを企画中!
・詳細はそのうち!

※この実行委員会に関する情報は以下のウェブサイトで。
※麻生を倒すためにこんな行動します、という方、メールか電話で連絡ください。

--------------------------------
web http://taose.jp 
e-mail taose(at)taose.jptaose.jp 


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9442890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from BLOG BLUES at 2009-01-19 20:53
タイトル : 共産党比例区名簿トップは湯浅誠
それは、まごうかたなき革命的ゲリラ戦だった。 彼らは、先ず砦を築いた。場所は、花の都のど真ん中、 日比谷公園に定めた。恐るべき慧眼と言わねばなるまい。 要所に砦を築けば、自ずと人は押し寄せる。人が押し寄せれば、 運動は勢いづく。砦は「年越し派遣村」と名づけられた。 このネーミングのパンチ力はどうだ!可哀想だは惚れたってことよ。 庶民感情を大いに揺さぶり、体制御用のTVマスコミさえ動かした。 機を逃さず、反転攻勢に打って出る。虚を衝く厚労省への遊撃出陣だ。 日比谷公園から霞ヶ...... more
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2009-01-19 22:48
タイトル : 【選挙制度】統治能力を喪失した無能なアホウ政権は速やかに..
 今更言うまでもないが、 公平公正な「選挙制度」というのは、民主主義政治の根幹 の一つである。  共産支那や上チョソの如き独裁国家はともかくとして、民衆が政治に参加するための最も直接的な制度であるが故に、「ゲリマンダー」に象徴されるような 一部の者の利益追及に偏ったものであってはならない。  そうした中で、自らの悪政の為に 15年ぶりの政権下野が差し迫ったシロアリ政党ジミン内部 で、何の前触れもなく突如、 選挙制度見直しの動き が湧いてきた。  だが、何事につけダッチロールしまくるのが常のアホウ政権...... more
by hiroseto2004 | 2009-01-19 20:08 | 新しい政治をめざして | Trackback(2)