人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

大手正社員の賃上げより全国民の生活保障こそ

昔の春闘は【国民春闘】と言っていた時期がありました。

組合がある大手だけでなく、中小の労働者や、小規模事業主の暮らしの改善にまで、力を入れたわけです。

本当をいえば、非正規雇用が四割に迫り、年収三百万未満の労働者が女性で六割以上、男性でも二割以上に達した今こそ、かつての「国民春闘」のような考え方が必要でしょう。

連合は賃上げを要求する一方、経営側は、ワークシェアリングを提案しています。

もちろん、御手洗経団連のいうワークシェアリングは、単なる労働者の賃下げにしかならないものでしょう。

ただ、労働側も、賃上げを言うだけでよいのか?むしろ、全労働者【小規模事業主、農民、失業者、主婦・主夫、なども含む】に対する抜本的な生活保障を要求し、その実現のためにgeneral strikeを構える心意気を求めたい。

今の状況は、個別企業で解決できる問題ではないと思います。

もちろん、違法行為、脱法行為があった企業は厳しく処罰されねばならないのは大前提です。

そもそも、労働力を売って生活するしかない、労働者は弱い。

だから、公的な生活保障が十分なければ、どうなるか?

例えば、寮があるというだけで、刹那的に、悪徳な企業に引っかかったりしてしまいます。

そうしたことを防ぐには、一定水準の生活保障を確立させることが重要です。

特に、医療、介護、年金、教育、住宅、そして交通を権利として保障することでしょう。これらが全国民に保障されれば、貧困問題はかなり緩和されます。

そのための費用をお金持ちや、儲かっている企業ほど多く負担して頂く、という仕組みにすることを目標にしたらよいのです。

小さな政府路線を放棄し、大きな政府【ただし、大きな官僚機構ではなく、大きなサービス】に切り替えるよう、要求すべきです。

賃上げ、特に大手正社員の賃上げは、それからでしょう。

まずは、全国民・全労働者への生活保障こそ最優先課題です。

大手正社員の賃上げより全国民の生活保障こそ_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







大手正社員の賃上げより全国民の生活保障こそ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9499636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-01-28 23:27 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback