人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本はどうするべきか?

Excite エキサイト : 経済ニュース

<G7>各国が一斉に大規模な財政出動…共同声明採択し閉幕
 【ローマ藤好陽太郎】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は14日午後(日本時間同日深夜)、各国が減税や公共投資などの財政出動を一斉に実行し、世界不況脱却に向け協調することを盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕した。欧米を中心に高まる保護主義に対しては、声明に「G7は経済悪化を加速させるだけの保護主義的な施策を回避する」と明記した。

 世界経済の現状について声明は「金融危機の波及で実体経済は大規模な失業に見舞われている」と深刻な認識を表明。先行きも「09年を通じて不況が続く」と世界不況の長期化を懸念した。そのうえで各国が金融・財政政策を総動員することを確認。日米欧が国内需要と雇用創出につながる財政出動を協調して前倒しし、かつ迅速に実施すると表明した。

 G7が異例とも言える大規模な財政出動で協調したのは、日米欧が09年にそろって戦後最悪のマイナス成長に落ち込む見通しとなったため。2%以上のマイナス成長が見込まれる日本は早期の追加対策策定を迫られそうだ。同時に、声明は財政出動のあり方について「長期的な経済成長見通しを向上させ、中期的な財政の持続可能性とも整合的であるべきだ」と効果の薄いバラマキにならないようにクギも刺した。

 金融危機対策では、量的緩和政策も含めた中央銀行の流動性供給▽当局の資産査定に基づく金融機関への公的資金による資本注入▽秩序ある不良資産の処理促進――の有効性を指摘。「世界の金融システムの信認再確立に必要なら、あらゆる追加的措置を取る」と強調し、米オバマ政権の金融安定化の取り組みを後押しした。

 また、声明は「G7は新たな貿易障壁の導入を控える」と約束。貿易自由化促進に向けて、世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の早期妥結に迅速に取り組む姿勢を確認した。

 さらに、声明は中国にも言及し、「大規模な景気対策と人民元上昇につながる為替相場の柔軟化への取り組み」を歓迎。為替については「過度の変動は経済・金融の安定に悪影響を与える」との従来の表現を踏襲。「市場の動向を注視し、適切に協力する」との姿勢を維持した。

 ◆G7共同声明の骨子◆

・世界経済と金融市場の安定化は最優先課題。成長・雇用支援に政策手段を総動員

・金融危機が世界の実体経済に波及し、不況は09年の大半を通じて続く

・財政政策は前倒しで迅速に実施。各国が協調して実施することで効果が増大

・財政政策は中期的な財政の持続可能性と整合的で、一時的な措置とする

・中国の財政出動と人民元上昇につながる柔軟な為替相場への取り組みを歓迎

・為替相場の過度な変動は経済・金融の安定に悪影響。市場を注視し適切に協力

・保護主義的な政策回避を約束

・日本政府の国際通貨基金(IMF)への貸し付けを歓迎


要は、常識的なことしかいっていません。

第二次世界大戦前のような、保護主義、あるいは日本がやったような自国通貨下落による輸出増に頼るのではなく、各国が内需拡大を行う、というのは全うな経済政策です。

「・財政政策は中期的な財政の持続可能性と整合的で、一時的な措置とする」といいますが財政出動をしつつ、一方で、お金持ちから税金をもっと頂くようにすれば、景気が良くなれば、税収も伸びます。

この方向で、財政を持続可能にすべきです。

また、貿易については、はっきりいって、グローバリズムを過剰に進めることは無理でしょう。

貿易も投資も今の世界では必要です。昔から貿易はありました。

しかし、では、例えば、航空燃料を大量に使って、食料を大量に輸入するのはいいことなのでしょうか?長屋王が奈良時代にやっていたようなことに匹敵することを、多くの人々ががやるのは、難しいでしょう。

日本はどうするべきか?_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







日本はどうするべきか?_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9613860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-02-15 11:57 | 経済・財政・金融 | Trackback