人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

民主党、全量固定価格買取制度を公約へ

http://www.asahi.com/politics/update/0303/TKY200903030156.html

エコ発電全量買い取り義務化 民主マニフェストに明記へ
2009年3月3日15時0分
印刷
ソーシャルブックマーク
  
 民主党は、家庭などが自然エネルギーで発電した電力を電力会社に買い取らせる「固定価格買い取り制度」の導入を次期衆院選マニフェストに明記する方針を固めた。太陽光に限らずすべての自然エネルギーを対象とし、発電した全量の買い取りを義務づけるのが特徴。地球温暖化対策と内需拡大の一石二鳥を狙う。

 3日午後の党地球温暖化対策本部で決定。独自の地球温暖化対策基本法案にも盛り込み、今国会提出をめざす。「環境のニューディール」具体化の第1弾とし、衆院選の目玉公約とする方針だ。

 この制度は、電力会社に高い価格での電力買い取りを義務づけ、発電設備を使いながら設置コストを回収できる仕組み。ドイツで太陽光発電を急速に普及させる起爆剤となった。経済産業省も先月、10年度からの導入を発表。現在は電力会社が自主的に1キロワット時あたり23~25円程度で買っているが、約50円で買い取らせる方針。ただ、対象は家庭や公共施設の太陽光発電の余剰電力に限定している。

 これに対し、民主党は「固定価格買い取り制度とは似て非なるもの」と批判。風力やバイオマスなども含めたすべての自然エネルギーで発電した全量を買い取るとし、違いを鮮明にした。自宅で使う電力もいったん電力会社が買う形にすることで、発電設備を設置した人のメリットを大きくする。

 ドイツなどでは、買い取り費用は電気料金に上乗せし、税金は投入していない。民主党は政権奪取直後に実施する緊急経済対策の一環と位置づけており、税金投入の是非や買い取り価格の設定は今後の検討課題としている。

 基本法案には「固定価格買い取り制度の導入を含む法制上、財政上または税制上の措置その他必要な施策を講ずる」と明記する。(秋山訓子)


民主党のエネルギー政策は、一時期、原発推進になっていました。

しかし、ここへきて、一気に再生可能エネルギー推進に舵を切りました。

まず、太陽電池パネルの全戸普及(半額補助)を先般打ち出し、さらに今回は、「全発電量」を電力会社に買い取る制度の導入を公約しています。

電力労連などの原発推進姿勢を押さえ込んでも、ここまでの思い切った政策を民主党は打ち出しました。

次は、雇用・生活保障で、もっと思い切ったセーフティネットを打ち出すべきでしょう。

介護などの政策にも期待したいですね。

今まで、不十分だったものを不況を機会に一挙に充実させる。

こういう前向きな構図にもっていくべきです。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9750616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 地球温暖化の原因と環境問.. at 2009-03-05 19:02
タイトル : 地球温暖化の原因と環境問題の真実
地球温暖化の原因と環境問題の真実... more
by hiroseto2004 | 2009-03-03 20:12 | エネルギー政策 | Trackback(1)