人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「地獄への道は善意で敷き詰められている」・・「政治改革」の陥穽

政治への批判として、以下のようなことをよく耳にします。

1、選挙に金がかかりすぎる

2、議員給料高すぎ

3、政務調査費怪しからん

すべて正しい命題に見えます。

しかし、1を口実に、選挙運動期間を削ったらどうなったでしょうか?

新人不利になります。 さらに、小選挙区比例代表並立制になったが、結局、執行部独裁を強めました。政界からバイタリティーを奪いました。

2に基づき、議員給料を削ったり、議員数を減らしたらどうなったか?

まともな仕事をする議員まで、排除されて、余計政治がだめになります。

3について、議員が出す市民向けの議会報告まで、怪しからん、と言い出したらどうなるか? 市民は市政を知る手段を制限されてしまいます。

考えたらきりがありません。

結局、議員に給料や政務調査費に見合った仕事をさせるしかないのです。

そうしないと行政のチェックはできないのです。

「地獄への道は善意で敷き詰められている」・・「政治改革」の陥穽_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「地獄への道は善意で敷き詰められている」・・「政治改革」の陥穽_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9838664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-03-15 15:04 | 選挙制度・政治改革 | Trackback