人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審、5月22日結審へ

3月13日、大阪高裁で、大阪府豊中市の男女共同参画推進センターすてっぷ元館長・三井マリ子さんが、市と財団(財団法人・とよなか男女共同参画推進財団)に損害賠償請求をしている裁判の控訴審がありました。

控訴人の三井さん側は、豊中市が、北川悟司市議(当時)ら男女平等推進に反対する勢力の圧力に屈し、組織体制強化を装って三井さんを雇止めにした上、次期館長に選ばれた桂容子さんに対し「あなたしかいない」と断言した部長(当時)を含む採用選考委員により、常勤館長への採用を拒否されたとして訴えています。さらに、重要な情報を三井さんに秘匿しただけでなく、虚偽の情報を振りまいたり、議員らから執拗な圧力を受けた控訴人を守らなかったのは使用者がとるべき職場環境保持義務違反である、と訴えています。

裁判長は、次回5月22日(金)15時から、結審であると言い渡しました。

さて、東京都でも、「ネオコン」で有名な都議3人が、都立七生養護学校の性教育に対して圧力をかけた事件がありました。都教委は、都議の圧力に屈し、性教育を中止させた上に、教師を大量処分。これに対して、教師らが都議と都教委を訴えていた裁判で、東京地裁は3月12日に、原告勝訴判決を言い渡しています。

「ここから裁判」 原告 勝訴
http://www.news.janjan.jp/living/0903/0903129299/1.php

議員らの圧力に屈した行政が、職員を守るどころか人格権を侵害した、という意味で、豊中市の場合と共通しています。「3月12日の東京地裁判決が、議員らによる不当な介入を、断罪する先例になったのではないか」と宮地光子、大野町子両弁護士が報告していました。


館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審、5月22日結審へ_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審、5月22日結審へ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9838731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-03-15 15:17 | ジェンダー(すてっぷ裁判) | Trackback