人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「契約止め」この私の身に降りかかってきて(田中記者)

「契約止め」この私の身に降りかかってきて
田中秀郎2009/03/22
 
http://www.news.janjan.jp/living/0903/0903219839/1.php

某電気メーカーの子会社に勤めている私自身が契約社員として「契約止め」を通告された。その瞬間は頭が真っ白になり、弁護士に相談して法的な対抗策を、などとも考えたが、結局止めた。私の場合はついていて、すぐに次の就職口が見つかったが、派遣・契約社員はいつこういう目に遭うか分からない。それだけの覚悟と、蓄えや資格など自分用セーフティーネットを用意しておく必要がある。


「いろいろ書いてみましたが、一番大事なことは、会社にとって、派遣・契約社員についての「人事」はまさに「ひとごと」だということです。うちの親会社には規模の大きい組合がありますが、春闘のビラをみても、非正規雇用の社員について言及する文言はありません。子会社の私たちの会社には組合すらないし。派遣・契約で働く人は、まずは、自存自衛のできる、自分のためのセーフティーネットを常に足元に用意しておくのが必要と思います。 」
本来、労働組合がすべき機能を果たしていないと言うことがあります。そうすると、自存自衛しかないという事態になります。しかし、現実問題、自存自衛しようにもいまからでは間に合わないという人も多い。

今後の課題として、企業別じゃなくて産業別組合をつくっていかないといけない。

もちろん、行政、それも国が責任を持って対応せねばならないのです。自存自衛が出来るようにするためにも、職業訓練の機会、最低限の生活保障などを整備すべきなのです。

「契約止め」この私の身に降りかかってきて(田中記者)_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「契約止め」この私の身に降りかかってきて(田中記者)_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9887670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-03-22 11:27 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback