人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

私たちは団交開催を求め続けます


私たちは団交開催を求め続けます
http://extasy07.exblog.jp/9902199/

京大「雇い止め」 座り込み1カ月(京都新聞3月24日)
組合と大学側、交渉平行線
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009032400047&genre=C4&area=K00

 今朝の京都新聞社会面でも報じられている通り、私たちはこれまで、時計台前に1か月のあいだ寝泊まりして無期限ストライキを打ち、団交開催に向けて大学当局との交渉を進めてきました。18日の2回目の予備折衝では、岸本総務部長が一方的に交渉を打ち切って逃げ出したり、次回の予備折衝の日時すら決めようとせずにテント島(くびきりアイランド)の強制撤去を予告するなど、数々の許しがたい蛮行を重ねてきました。

 私たちと大学当局との間の先鋭な対立点として、特に発言者の人数制限の問題があると思います。岸本氏は「団交への参加者は5、6人まで」「代表権限者の数を制限しない団交は認めない」「大衆交渉には応じない」の一点張りであり、それ以上の交渉に一切応じようとしません。もちろん労働法上、組合の団交要求に応じないこと、さらには人数制限を行うことは、れっきとした不当労働行為であり(労働組合法7条違反)、仮にも社会的責任の大きな京都大学が、このような違法行為を白昼堂々と行うことにして、私たちは驚き呆れ、ため息をつくばかりです。

 今回の5年条項によって首を切られる、まさにその当事者にこそ団交の場で発言してもらいたい、せめて大学には首切りの理由を公開の場で説明する義務ぐらいはあるだろう、と考える私たちとしては、このような当局の不誠実な態度は到底認められないものであり、この間、労働委員会へ提訴する準備をすすめ、すでに不当労働行為救済申立書まで書き上げました。私たちが総長へ宛てた団交再要求書も、大学側はこれを黙殺し、昨日の返答期限までに一切回答を行いませんでした。

 昨夜、私たちは長時間、今後の対応を協議し、京都大学の態度はとうてい容認できないものではあるけれども、しかしとにかく団交をしたい、そのためには当局とのさらなる歩み寄りにも応じよう、労働委員会への提訴もいったん保留しよう、との結論に達しました。発言者の数をある程度、制限してもかまわない(※その場合、発言できる者をあらかじめこちらで公募して指定しておくことも想定しています)、3〜4時間を目安とした時間調整を設けてもいい、日時や場所についてもさらに交渉に応じる、という妥協の方法もあるのではないか、ということになりました。

 京大当局は団交に応じてください。違法行為をただちにやめてください。私たちは、この座り込みのテント島をさらに増殖拡大させて4月以降も継続してやりたいとは思いませんし、今後1年かけて、労働委員会で長きにわたる闘いをすることも望んでいません。それはあなた方だってそうでしょう。でも、「売られたケンカは買う」のが信条ですから、あなた方の出方次第ではそうせざるを得ないのです。どうです、ここらへんで団交に応じてスッキリしませんか?3〜4時間、イヤなことを我慢するぐらい、なんですか。そのほうがあなた方にとっても、得られるものが多いのではないですか?社会的責任の大きな「大学」という教育機関にとって、話し合いこそがふさわしい姿なのではないですか?

 これは最後通告です。大学当局は交渉の席に着いてください。団交開催に応諾しなければ、私たちは「断固たる措置」を取ることをここに宣言します。


私たちは団交開催を求め続けます_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







私たちは団交開催を求め続けます_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9911591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-03-25 18:39 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback