人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

小沢進退に関わらず「社民主義的経済政策」「企業団体献金禁止」追求で政権交代へ

 民主党に「クリーンな政治」を求めてきた人に民主党への失望が広がるのは当然です。また、複数の民主党議員から小沢さんの退陣論も出ています。

 しかし、わたしの知り合いでも「元自民党支持で今は民主党ないし国民新党」支持という人は多くおられます。

 そういう方は「誰でも、会社から金はもらっている。」「むしろどういう政策を現実にやってくれるかが問題。」などの意見が多いのです。

 結局、「小沢さんを自分たちの要求を実現するための道具」として考えている人が多いようにも思えます。必要以上に小沢さんには期待もしていないのです。でも、政権交代は望む。そういう人が多いようにも見えます。

 わたしの地元(勤務先及び生活圏)が広島県の中小都市および農村部だから、そうなのかもしれませんが・・。

 そんなに自民党有利なら「早期に解散!」と麻生さんが叫んでもおかしくないでしょうに。

 確かに、大都会でしかも世田谷区のような、インテリが比較的多い地域では、「小沢さんは田舎臭く」映るでしょう。小学校時代を世田谷で過ごしたわたしから見て、衆院議員・小宮山洋子さんの以下のご意見もわからなくはありません。

「地元の世田谷で街頭演説をしていると、ほんとうに多くの方から声をかけていただきます。とにかく政権交代をして、政治をよくしてほしいという熱意を感じます。私が聞いているところでは、そのためには、小沢代表に辞めてもらうのがよいという意見が、圧倒的に多数です。何より、政権交代を実現して、ひとりひとりの生活を、この日本の社会をよくすることが、最も重要なことで、そのためにプラスになる選択をしなければなりません。言い訳をしながらの選挙は、勝てません。ここは、政権交代で、日本を変えるために辞任を決意されることが必要だと思います。検察との闘いは、民主党の闘いではなく、小沢代表自身の闘いです。それは、しっかりと裁判闘争をされ、必要があれば応援することもよいと思います。それと、政権選択の選挙を勝ち抜くための戦略とは別のものだと考えます。」


小宮山洋子の日誌

だが、世田谷区は世田谷区で、ちょっと全国的に見てもちょっと特殊な選挙区だと押えておかねばなりません。また、小宮山さんが、小沢さんとは遠い、前原グループであることも押えておかねばなりません。

■「景気・雇用」で与党を攻めよ

 そして、たとえば岡田克也さんあたりに代表が変わったとしても、求心力が高まる保証もないのは悩ましいところです。とくに、岡田さんについては、2005年の総選挙で、野党共闘を拒み、自民党を圧勝させた「前科」もあります。

 小沢さんおよび民主党執行部に気をつけていただきたいのは、小沢さんの進退に関わらず、「検察の暴走」との闘いを「党のメインの活動」にしてはいけない、ということです。そうなると、これは、たしかに、民主党は、選挙に勝てなくなりかねません。

 結局、自民党政治(特に小泉政治)の元で破壊された生活を、回復させる政策をどんどん打ち出していくことが、「小沢さんの進退」に関わらず、最優先ではないでしょうか?

 悔しいが、「偏っている司法」が是正されるのは残念ながら「政権交代ある民主主義」が根付いてからでしょう。今は臥薪嘗胆です。

小沢代表とともに党の信頼回復、政治とカネ、雇用・景気対策に全力挙げる 菅代表代行

菅直人・代表代行の上記の発言を見れば、その点は安心だとも見ています。

 当面は、いいものを提案し、それを自民党が人気取りのためとはいえ、取り入れれば、人々は救われますし、民主党の「実績」にもなります。

 その上で、長期的な「自民党とは違う」という部分も訴えていけばよいのです。たとえば、「自民党が固執する消費税増税ではなく、お金がある人への累進課税をまず行ない、財源を確保する」といえばよい。「庶民から真っ先に税金を取ろう」という麻生総理・与謝野財務大臣の路線をきっちり批判すればよいのです。これを徹底すれば、万が一にも自民党に勝ち目はないでしょう。

 政治と金の問題についても、企業団体献金を禁止を打ち出し、菅直人さんが主張する個人献金への全額税控除を軸に、改革を主張していくべきです。

「支持回復のためには、とにかく、政策」しかないと思います。

■マスコミにミスリードされまい

 また、上記の菅直人さんの発言にもありますが、朝日新聞は、菅直人さんが小沢さんの辞任を迫ったような書き方をしているが、間違いだ、と菅さんご本人がおっしゃっています。

「小沢代表との会談について事実と違う内容が朝日新聞で報じられたことに言及。「辞任を促したのではなく、(結論を出すのに)もう少し時間を取って判断をされた方が良いのではないかと申し上げた」」

 朝日新聞は一貫して小沢批判の先頭に立ってきました。

 民主党内や支持者の間でも、いろいろな意見が出ていることは大変健全なことです。

 しかし、このようにマスコミにより、ミスリードされ、浮き足立ってはいけないでしょう。「関係者の話」などという垂れ流し報道もいい加減やめてほしいですが・・。

 ■「肝を冷やした」ほうが引き締まる?!

 ともあれ、「国民生活に害を与え続けた自民党政治の弊害をいかに打破するか?」ことに徹し切るしかないのです。

 そのためには、党内的な議論を活性化すればよいのです。

 また、社民党や国民新党、共産党など他の政治勢力の意見も貴重です。

 これらの政治勢力が、経済政策では特に民主党よりもいいことを言っている、とわたしも思います。耳を傾けるべきは傾け、謙虚な姿勢で臨めばよいのです。

 あまり民主党が総選挙で楽勝してしまうと、政権獲得後、慢心しかねません。政権というものは、支持率が高すぎると、暴走して後々国民に迷惑をかけることもあるのです。そのように前向きに考えればよいと思います

小沢進退に関わらず「社民主義的経済政策」「企業団体献金禁止」追求で政権交代へ_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







小沢進退に関わらず「社民主義的経済政策」「企業団体献金禁止」追求で政権交代へ_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9921068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from きまぐれな日々 at 2009-03-27 07:45
タイトル : 朝日新聞にダマされるな & コイズミと小沢一郎と歴史の皮肉
私は今までの人生でいろんな新聞を購読してきた。三大紙(読売、朝日、毎日)のほか日経や地方紙もとったが、朝日新聞をとっていた期間がもっとも長く、一昨年は一時購読を止めていたが、昨年からまた朝日新聞をぎ..... more
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2009-03-27 17:43
タイトル : 凌雲会の仙石・前原・枝野・小宮山の豚どもと、蓮舫、横光の..
 以下、必読です。 (以下転載始め) 天は自ら助く者を助く。【永田町徒然草(白川勝彦さんのBlog)】 http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid... more
by hiroseto2004 | 2009-03-27 00:46 | 新しい政治をめざして | Trackback(2)