人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

民主・自民と争った元候補者も、「小沢秘書逮捕」に疑念・・「医師会はどうなんだ??」

2年前の参院選に立候補された医師・河野美代子さんが、やはり小沢さんの秘書の逮捕事件について、疑問を呈しておられます。自民、民主の候補者と議席を争った方です。

政治団体から政治団体への寄付は適法です。しかし、政治団体ではない企業や団体から政党(支部)以外への寄付は非合法です。

今回の小沢さんの大久保秘書の容疑は、西松建設のOBが代表の政治団体からの寄付が、実質的に西松建設からの寄付だったのではないか?ということです。

しかし、医師連盟と、医師会はまったくメンバーも役員構成も同じなのです。医師連盟の事務を医師会の職員がしています。

日本医師連盟
http://www.nichiiren.jp/


もちろん、自民党の多くの議員の資金団体に寄付をしています。

これと西松の事件、どれほどの差があるのでしょうか?たしかに、おっしゃるとおりです。

「河野さんは、小沢さんはすぱっとやめたほうがよかった」というお考えです。

 わたしはむしろ、司法当局に図に乗らせないためには、「今」はやめる時期ではないという考えで意見は分かれるところですが・・。

 今の状態では、それこそ、「共産党以外ほぼ全員逮捕」になりかねない。あるいは、共産党以外ほぼ全員落選させることしかない。それはすなわち革命である。しかし、それほどの革命が起きる情勢ではないでしょうし、それが望ましいことでもない。

 ですから、「今」、小沢さんが続投するのは「やむをえない」と思います。

(本来的には、2008年9月の代表選挙で、きちんと党員投票を経た選挙をやっておくべきだった、と思いますが。)

「何か変だ」①小沢さんの秘書の逮捕、起訴について。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-d16e.html


 このたびの小沢一郎さんの秘書の逮捕、起訴について。

 私は医師会員だ。だから、医師会費を払う。と言うか、医師会から自動的に引き落としをされる。県医師会費は毎月19000円。それに市医師会費、中区医師会費、さらに委託徴収としてブロック会費、産婦人科医会費などなど。

 さらに、毎年6月に医師連盟の会費として21000円が自動的に徴収、引き落とされる。1000円が県医師連盟の会費、20000円が日本医師連盟の会費だそうだ。昨日医師会のブロック会が開かれた。そこに医師会の幹部の人がいたので、これについてたずねた。いつ、いくら徴収されて、その会計報告はどうなっているのか、と。彼が教えてくれたのは、全然間違っていた。

 実は、確認のために、先ほど県医師会に問い合わせて正確なことが分かった。医師会の幹部でも、こんなことは、ちゃんと把握していないということだ。私も、ただ、漫然とお金を引き去られるに任せていたということだ。

 医師連盟は、以前は医師政治連盟と言っていた。いつから医師連盟となったのだろう。それも知らなかった。日本医師連盟の会長は日本医師会長だ。県医師連盟の会長は県医師会長だ。引き落としなどの事務手続きも、医師会の職員がする。要するに、医師会と医師連盟は表裏一体である。

 医師連盟は、そうして集めたお金で自民党に多額の寄付をしてきた。また選挙では、推薦する候補者に多額の寄付をし、てこ入れをしてきた。 私がこれまで延々と収めてきたお金も、自民党にながれ、たとえ会員である私が選挙に立候補をしても、一円の寄付もない。それどころか、対立候補である自民党の方に寄付されたのだろう。何のこっちゃ。結果的に、私のお金は対立候補の応援になっていたということだ。

 医師会からの寄付は違法で、医師連盟からの寄付は適法となる。でも、医師連盟からの寄付は、医師会からの寄付だと誰もが知っている。

 西松建設のOBが代表で作った政治団体からの寄付を、その政治団体の名前でそのまま記載した。それが虚偽記載とされる。医師会と、医師連盟の場合と何が違うのだろう。このあたりが小沢さんが続投を表明されたその根拠となっているのだと思う。

 私は、別に民主党の党員でもないし、支持者でもない。でも、今回の逮捕劇は何か変だ。ところで、昨日の会で変なことを聞いた。今、厚労省は医師や病院の保険の請求、レセプトはオンライン化を進めている。今、私のところでもそれに備えて、電算化、フロッピーで提出している。これがもう少しすると、フロッピーではなく、オンラインで提出となる。

 小沢さんの秘書の逮捕とそのオンライン化についての話しだ。長くなったので、また、次回に。この「何か変だ」は短いシリーズになりそうです。


「何か変だ」②小沢さんの秘書の逮捕と与党の強気について。
http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-e96d.html
昨日の続きです。そのレセプトのオンライン化は、一見、事務処理が簡素化され、合理的な方法とも思える。どこの世界でも、電算化は当然のことであり、その世界の流れに比して当然のようにも思える。

 しかし、そのデータを厚労省に送るということを聞いて、うん?となる。厚労省がそのデータから、たとえば病気別の報酬の平均値や最低値、最高値などをだし、さらに高値の請求に対し、無条件に切って来るということが起こるのではないか。などと、厚労省に利用される可能性がある、といわれると、あらためて、うーん、となる。セキュリティーの問題などを考えると、とても怖い。

 いま、その電子化に反対して、神奈川やほかの地域で取り下げを求めて、集団訴訟が提訴されている。国会でも、民主党を中心に追求がされ、そのためにこれの実施は一旦先送りにされようとしていた。

 ところが、先日のブロック会で、医師会の幹部の方の発言にびっくりした。その先送りされようとしていたのが、小沢さんがあんなことになったので、与党が、少々反対があっても、強引にでもやった方がいいとなっている、と。だから、先送りになるかどうかはまだ不明、と。

 ああ、そうなのか、小沢さんの秘書が逮捕されたというのは、こんな風に捉えられているのか、と。これで、民主党はがたがたになる、政権交代からものがれられそうだ、だから、今、引かないでことを勧めてもよさそうだ、と。

 少し前に、厚労大臣は人気がある、麻生さんにかわる、選挙の顔になれる総理の候補だといわれてこれもびっりしたのだが。なぜ人気があるのか、分からない。やるやるといっても、年金の問題は何も解決されていない。後期高齢者医療についても、見直しをするといいながら、なにも見えてこない。医療の崩壊はますます進んで行くばかりだ。

 そんな中で、小沢さんの件は、与党をとても喜ばせ、元気づけているようだ。具体的な政策の実行の場でも、こうして影響があるのだと聞いて、あらためてそうなのかと思う。

 政治資金規正法は、完全にまやかしだ。それに引っかかって法の裁きを受けるかどうかは、「なんでも辛口」の舛井紘さんのコメントにあるように、「ねずみ取り」でしかない。一番引っかかるべきなのは、圧倒的に自民党だ。医師連盟のようにやり方が巧妙であって引っかからないでいるに過ぎない。小沢さんだって、民主党のあの大所帯を今のやり方で引っ張っていこうとすると、大金かかかるであろう。さもありなんと思う。

 選挙ひとつだって、完全に無党派で個人でやろうとすると、大金がかかって、これは大変だもの。政党助成金ももらえるわけではないし。党の人は、この助成金がある上に、もっといろいろと党からお金の給付があるのでしょう。今回の事件は、結局は、金、金、金の政治なのだとあらためて思い知らされた。

 それにしても、小沢さんは、あの会見で、そのまま「辞める」と言うべきだった。そのほうが、ウンと民主党にとって良かっただろうに。空気が読めないのだなあ、とあらためて感じた次第だ。



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







民主・自民と争った元候補者も、「小沢秘書逮捕」に疑念・・「医師会はどうなんだ??」_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

民主・自民と争った元候補者も、「小沢秘書逮捕」に疑念・・「医師会はどうなんだ??」_e0094315_1847474.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9930106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2009-03-28 17:22
タイトル : 【シロアリ産経】反論情報の記事ぐらい掲載するのが「公平公..
 歳出額が史上最大規模となる09年度当初予算は、27日に参院で否決されたものの、憲法で定められた衆院側の優位規定に基づき成立した。  本来であれば、「平成不況」のまっただ中であり、第一次補正予算の編成が噂される中、徹底した審議が求めれた訳だが、異様なまでの凪状態で可決成立してしまったのが現実である。  それもこれも、西松建設巨額献金事件に乗じた シロアリ産経など翼賛マスゴミによる露骨なまでの民主党バッシングの所為 である。  その民主党では27日に衆院代議士会などが開催され、不覚悟者前原一派の小宮山...... more
by hiroseto2004 | 2009-03-28 15:05 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)