人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2007年 10月 28日 ( 6 )

 長尾淳三・前市長に対して自民党や公明党が提出した不信任決議案が可決されたことに伴う、東大阪市長選挙は、自公推薦の野田よしかずさんが当選しました。

 自公は、共産党から市政を「奪還」」した形となりました。これで、過去4回の市長選挙は、自公系候補と、共産党員の長尾さんが、交互に当選する形となりました。

 私としては前市長の長尾淳三さんを応援していただけに、残念な結果です。

  しかし、注目されることが以下の二点あります。

■「現職不人気の法則」外れ、保守は合計では伸び悩む

 まず、前市長の長尾さんは、前回を18633票上回る、70454票を獲得。注目されるのは、2002年、2006年市長選では、それぞれ「現職」が、票を減らしていることです。2002年の長尾さん、そして2006年の松見さんです。

 すなわち、非常に現職への風当たりが強かったのです。選挙をするたびに、現職の支持者が、愛想を尽かしていた構図が見て取れます。実際、地元の友人に話を聞くと、「第一次長尾政権」では、野党多数で市政が混乱し、保守・公明系の「松見政権」では、今度は、市長のリーダーシップの欠如で市政が混乱したということです。

 また、松見政権末期には、定率減税廃止も市長選の時期に重なり、苦情が多く出たということで、自公への逆風が強く出ました。同じ日の滋賀県知事選挙では自公系候補を破って嘉田知事が当選していることをご記憶の方も多いでしょう。

 このため、第一次長尾政権の末期には、長尾市長を1998年市長選で支えた無党派層が離れ、松見政権の末期には、保守層が松見市長から離れたということです。

 しかし、今回の長尾さんの場合は「現職不人気の法則」が外れた形となりました。

 一方、自公+保守系無所属合計は94834票。前回は、88993票で、4841票しか上回っていません。

 報道によれば、自公は、今回、危機感を強め、組織を締め付けました。具体的には、大物国会議員を国政選挙並みに投入したということです。

 このことで、保守系無所属の元自民党府議の西野さんから、16000票奪った形になりました。だが、一方、新たに投票所に足を運んだ人からは、5000票も取れなかったのです。

一方、長尾さんは、18633票、前回獲得票を上回ったのです。新たに投票所に足を運んだ人を無党派層とすれば、無党派層では長尾さんは、圧倒的に優勢だということになります。

 そして、自公は2002年の市長選挙と比べても合計では30000票以上減らしています。自公の地方レベルでの危機的状況は、現在も変わっていないのではないか?そう思わされました。

http://www.city.higashiosaka.osaka.jp/250/250010/kaisoku/shicho/kaisoku.html2007年10月28日市長選
当選  野田 よしかず 72,820票
    長尾 淳三 70,454票
    西野 しげる 22,014票


2006年7月市長選
長 尾 淳 三 51,821 36.80%
松 見 正 宣 50,842 36.11%
西 野   茂 38,151

2002年6月市長選
無所属 松 見 正 宣 83,066 45.41%
  無所属 長 尾 淳 三 65,508 35.81%
  無所属 東 口 貞 男 34,338

1998年7月市長選

当・落 党派 候補者氏名 得票数 得票率
 無所属 長 尾 淳 三 99,471 43.49%
  無所属 松 見 正 宣 94,624 41.37%
  無所属 石 井 逸 夫 25,728 11.25%
  庶民の声(無党派) 辻 山   清 8,919 3.90%

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-10-28 23:59 | 選挙 | Trackback(1)
第一審判決に怒っているみなさん。歯ぎしりするだけでは変わりません。怒りと悔しさを行動に移しましょう。2つのアクションに加わってください。

1 今すぐ
  山田陽三裁判長へ 不当判決抗議ハガキをだしましょう!
  ハガキを印刷し、大野町子弁護士事務所に届けましょう。   
  ハガキはこちら
2 11月16日
  2007年秋 天高く怒り燃ゆるデモに参加しよう!
  行政の闇にメスを入れなかった司法。「しょせん女の非常勤問題さ」といいたげな判決。許せません。詳しいチラシは
http://fightback.fem.jp/flyer-07_11_16demo.html


ホームページトップ右上
控訴に向けて歩み始めました!をクリックしてください。
http://fightback.fem.jp/index.html 

怒りをこめて控訴しました!三井マリ子(原告)
の文章をトップからブログへ 繋げました。

また同じ文章を、
原告から
http://fightback.fem.jp/genkoku_ikari_kouso07_9.html

と2つの方法でアクセス出来るように掲載しました。

10月13日(土)記者対象の緊急報告会を開催しました。
記者のみなさんに配布した文章を掲載しました。

弁護団から「ご報告」
http://fightback.fem.jp/press07_10_13bengodan.html緊急報告会・参考メモ 「判決も認めた被告側の5つの嘘と不公正」
http://fightback.fem.jp/press07_10_13memo.html

上記の2つの記事もご一読ください。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-10-28 23:14 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(1)
みのりあるものへつないでいこう!

「性教育バッシング広島裁判」
全面的勝利和解報告集会のご案内

日時   11月18日(日)14時から
場所   広島市女性教育センター視聴覚室
  (082-248-3312 広電・鷹野橋駅下車)
参加費 1000円
ゲスト  三井マリ子さん

*******「勝利和解」をみのりあるものへとつないでいこう********

提訴から2年半が経ち、このたび全面的勝利和解を勝ち取ることができました。そのことの意味を、これまでご支援いただいたみなさまと改めて確認し、これまでの闘いの意義についてご一緒に振り返り、今後のとりくみへとつなげていきたいと思います。

そのために「全面的勝利和解」報告集会を開催します。ゲストに、同じくバックラッシュと闘っておられ、今回控訴を決意された三井マリ子さんがかけつけてくださることになりました。

みなさまお誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。なお、報告集会後、交流会を行いますので、そちらの方にもご参加下さい。

主催:性教育バッシング広島裁判を支援する会
〒730-0005 広島市中区西白島18-4 足立法律事務所気付
電話 090-7540-0332


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-10-28 22:48 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
依然深刻、住宅問題 今国会でも議論深めよ
http://www.janjan.jp/living/0710/0710264635/1.php

上記記事、掲載されました。もしお気に入っていただければクリックをお願いします!

警察の真実 -捜査費横領システムの闇-(上) 成川順記者
http://www.news.janjan.jp/living/0710/0710274647/1.php

もしお気に入っていただいたらクリックお願いします!

以下も面白い記事です。

http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=377
自民党衆議院議員白川勝彦さんの「清和会のルーツとCIA」。


http://www.uekusa-tri.co.jp/column/2007/1024.html
今週の内外政治経済金融情勢の展望


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-10-28 10:55 | 経済・財政・金融 | Trackback
2007年秋 天高く怒り燃ゆるデモ
11月16日(金)12時から2時。みなさん大阪地裁正門前に集合してください。下をクリックするとチラシが拡大されます。印刷して配布してください。

e0094315_0442637.jpg



一審は三井マリ子さんの完全敗訴。働き続けたいという三井さんの意思をバッサリ切り捨てました。そこにあるのは、「たかが女の非常勤問題じゃないか」という裁判官の姿勢でした。

非常勤の多くは常勤と同じような仕事をしながら、いつ辞めさせられるかわからない不安におびえています。非常勤の人権など歯牙にもかけない不当判決に、三井さんや弁護団はもちろん、私たちは怒りが沸点に達しています。

でも、歯ぎしりしているだけでは何も変わりません。立ち上がろうではありませんか。

一審への怒りの声をどっさり集めて裁判所に届けます。その前に裁判所周辺で怒りのデモをします。お友だちと一緒に、この「天高く、怒り燃ゆるデモ」に参加しよう!

「生きさせろ!非常勤の怒りを、悔しさを、いっしょに地裁に届けよう!」
11月16日(金)12:00〜14:00
大阪地裁正門前集合 
大阪地裁を囲み行進します

デモ後、裁判所に不当判決の抗議ハガキを届けます。

主 催:館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会(ファイトバックの会)


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-10-28 00:45 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(1)
男と女 賃金格差大国 日本(朝日新聞 10月26日)

朝日新聞3面に大きく、日本女性の劣悪な労働条件が掲載されています。竹信記者の記事です。要約します。

【同一価値労働同一賃金へILO「法律を」】
「同じ価値の労働なら性別に関係なく同じ賃金」を定めた条約について、ILOと日本政府で意見が違う。同条約を日本は批准しているものの、男女の賃金格差が大きく、ILOは日本政府に,実現への具体的措置をどうとるか報告をせまられている。来月までだ。


【同一価値労働同一賃金】  
違う仕事でも「価値」が同じなら同じ賃金とする原則。りんごとみかんは違うが価値は同じだというようなもの。一般的に女性が多い職種は、男性の多い職種と比べて価値が低くされていることを解消する方法として広く知られている。

【政府「労基法で整備済み」】  
「日本は男女の賃金格差ではあまり成績がよくないといえる」「日本はまだやらなければならないことがたくさんある」 先月,スイスのILO視察をした「ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク(WWN)」など日本の女性NGOを前に,ILOは言った。 日本政府は,男女の同一価値労働同一賃金を規定したILO100号条約を67年に批准。その際,労働基準法4条がある、つまり「女性であることを理由に賃金において男性と差別的取り扱いをしてはならない」と定めており,新法がなくても条約を実施できるとした。 しかし,ILOは、「労基法4条は条約の原則を完全には反映していない」「男女の同一価値労働同一賃金の原則を法令の形で表明することの検討を希望する」と批判。一方、厚生労働省・課長は「労基法4条は同一価値労働同一賃金の原則を含んでおり,新しい法令は必要ない」と、冷たい。

【コース別人事 隠れみの】  
日本の女性正社員の賃金水準は男性正社員の66%。パートとなると半分以下。 東京都の木村敦子さんらは95年,総合商社兼松を相手に提訴。年内に控訴審判決。「コース別人事で『一般職』に仕分けされ,何年働いても27歳の男性総合職の賃金を超えない。残業も引きうけ,仕事もさして変わらないのに」と木村さん。一審は、コースの違いにすぎないと木村さんの訴えを退けた。 「露骨な男女別賃金は激減。コースの違いやパートを理由とするものがほとんど。今はかえって摘発しにくい」のが、今の日本の女性が置かれてういる現状。

【職務給転換に落とし穴】  
内外の批判から、経営側も,性別にかかわりなく「職務」で評価する賃金制度への切り替えを検討。しかし,森ます美昭和女子大教授は「貢献度を評価基準に含む日本型職務給では,主観的な裁量が幅をきかせかねず,性差別の解消につながらない」と。名古屋銀行のパート,坂喜代子さんは1年契約を28回更新。今年5月,パート労働法が改正されて「正社員と同じ仕事,転勤あり,無期雇用」のパートに正社員と同じ待遇が義務づけられ,この条件に合うとして銀行側と待遇改善の交渉を始めた。 銀行は「行員は指揮命令,パートはその実行で仕事が違う。転勤も別の職場で再契約しただけ」と主張。坂さんは「これでは会社の言いなりです」と。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


by hiroseto2004 | 2007-10-28 00:40 | ジェンダー・人権 | Trackback(1)