人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2008年 02月 09日 ( 6 )

岩国市長選の財政学分析

岩国市長選は明日が投票日です。

◇「えらい人中心」変えた井原さん

井原さんは、9年前、組織対決の構図の市長選に危機感を覚え、大蔵官僚対運輸官僚の一騎打ちという構図の中に徒手空拳、草の根で割って入りました。

事前の劣勢予想を覆し当選。

その後は、市長と議会の関係が緊張感がなかったのを改めました。

市議らによるねじ込みも排除しました。

一部議員は井原さんに反感を持ち、基地問題が起きる前から「市長いびり」はひどかった。秋葉さんがいびられた広島市議会と似ています。

それでも市民たちも議会を傍聴する運動などを起こし岩国の民主主義は進歩した。

◇合併でいき吹き返した「旧来型」と「小泉的ネオコン」の野合

ただ2006年の合併で旧来型議員が雪崩れ込みました。

国による補助金カットを契機に旧来型議員が市長いびりを激化させた。

地元旧来型議員にとっては井原がムカついたから落とす。それだけのことです。

それをアメリカ従属の自民党・公明党が米軍再編を押し付けるため、悪用しています。

「旧来型」と本来「旧来型」を叩くことで911総選挙で勝ったはずの福田良彦さんが野合しました。
新人の福田良彦さんの陣営は公明党員の若者や女性を選挙の前面に出し候補者の若さとタイアップさせてさわやかさを醸し出す一方、旧町村では業界や地域有力者を通じた締め付けを図っています。

◇公明党は本気

岩国市中心部で旗を振って宣伝をしていた若者や女性は、手の振り方もスムーズでかつ力強く、非常に訓練されていました。

長年選挙を取材してきた私にはピーンと「公明党」ときました。

それは、福田陣営から情報を取った信頼できる情報筋への取材で裏がとれました。

最近は自主投票だった公明党も今回は総力戦だそうです。

組織票と無党派でもイメージで選ぶような方々をターゲットにしています。

井原さんの支持者は政党支持にかかわらず政策で選ぶ人たちです。

「参加型」か、「組織票プラス劇場型」か。

その政治のあり方の戦いでもあります。

福田陣営の方々の言動を知れば知るほど民主主義と程遠いと実感しました。彼ら、彼女らは、市民ではなく「お上」が大事なのです。

◇「景気優先」の罠

ただ、一部には福田さんが景気を良くしてくれる、庶民の味方、と思いこんで、福田さんのばらまきに飛びつく方もおられます。

この方々は、かつては小泉自民党を支持したが、だまされたと気づいて、昨年の参院選ではむしろケインズ的な政策を掲げた民主党に流れた。

しかしまた福田さんを支持するという人もおられるようです。

そこで、今は、「景気を良くするのは国の役目である。

地方ではむしろ公平に行政サービスがなるべくきめ細かく、行き渡るようにするのが最大の課題。
国に地方切り捨てを止めさせつつ、地方では井原さんのようにしがらみを断ち切る改革が必要である」という話を財政学的にお話します。


◇国レベルは景気対策急務!

さて、私はそもそも、国政レベルではケインズ主義です。

最近の国政レベルでの緊縮財政こそ、不況の元凶です。

国家財政の機能として、所得再分配機能と景気自動安定化機能、資源再配分機能の3つがあります。

所得再分配機能がないと格差が拡大してしまいます。

景気自動安定化機能がないと不況が激化します。
資源再配分機能で適切な公共投資や規制をしないとやはり経済はうまくいかない。

◇地方だけで景気対策は不可能

ただ、地方レベルでは、所得再分配や景気対策を一自治体だけでやっても、金が外に流出するだけになりかねません。

だから所得再分配や景気対策は国の仕事になります。

地方は、国の経済政策に制約を受けます。

実は、今苦しいのは岩国だけではなく、広島県の広島も福山も、山口県の宇部も一緒です。

◇国を変えるしかない!

岩国を含む地方の景気をよくするには国を変えるしかないのです。

地方が連帯して、住民の怒りをバックに国の地方切り捨て財政政策をやめさせるしかない。

その上で、地方レベルでは公正な配分をするのです。

◇経済に無知な「福田派」

岩国市長選で新人を支持する方々の主張はあるべき姿と正反対です。

彼ら彼女らの多くは、地方財政の切り捨てをしてきた自民党や公明党の一員です。

国で地方切り捨てをする自民党を支持する。

自治体レベルで「岩国再生」などといって艦載機受け入れの対価による積極財政を行い、さらに「えらい人」が裏でこそこそ事業を「ねじ込む」。
これが「福田派」です。
そもそも実は小泉純一郎さんや防衛官僚こそ「アメリカ」という地球上最大の「しがらみ」にとらわれています。

これでは地方の庶民はますます苦しくなるのです。

地方が苦しい中で積極財政でハコモノをたくさんつくれば、また維持費もかかります。それこそ危ないのです。

経済学的に見ても、市長は、「えらい人」のしがらみを断てる人であるべきです。

◇国と地方の役割分担を混同してはいけない

確かに不況の中で国政ではケインズ主義が必要になっている。

しかしだからといって自治体の首長にケインズ主義を求めるのは間違いです。

国にまず新自由主義放棄を求めましょう。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-09 23:41 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
e0094315_1895079.jpg

明日投票の岩国市長選。
大変残念なことは、市民団体が企画した公開討論会が実現しなかったことです。

井原勝介さんは受けましたが、福田良彦さんは拒否されました。

福田派の確認団体の街宣車は「対立ではなく笑顔を」と叫んで回っています。

しかし、福田派は「議論」をするのを拒んでおられる。

対立はある。だから討論、議論を積み重ね、合意を形成すべきです。

補助金カットまでして艦載機を岩国に押し付けようとした守屋被告ら「国のえらい人」の暴挙を「笑顔」で受け入れろ。

井原登場前の岩国のように「えらい人」が裏でこそこそしていた状態を「笑顔」で我慢しろ。

そう聞こえてしまいます。民主主義のイロハもわかっていないように聞こえてしまいます。

石原慎太郎さんでも逃げなかった公開討論会を逃げ出し、「えらい人のいうことを黙って聞け」ではなく、「ふつうの人」の意見を大事にした前市長の方が民主的だと考えています。

【岩国支局、写真は井原さんの実績である「くるりんバス」バス停】

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-09 18:09 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

岩国の経済学的分析

e0094315_15564632.jpg

岩国市長選は明日が投票日です。

期日前投票も今日できます。

市役所前では艦載機移転反対派・賛成派両方が入り乱れて宣伝を行いました。

さて、私はそもそも、国政レベルではケインズ主義です。

最近の国政レベルでの緊縮財政こそ、不況の元凶です。

国家財政の機能として、所得再分配機能と景気自動安定化機能、資源再配分機能の3つがあります。

所得再分配機能がないと格差が拡大してしまいます。

景気自動安定化機能がないと不況が激化します。
資源再配分機能で適切な公共投資や規制をしないとやはり経済はうまくいかない。

ただ、地方レベルでは、所得再分配や景気対策を一自治体だけでやっても、受け皿となる経済システムが地元にないと、金が外に流出するだけになりかねません。

だから所得再分配や景気対策は国の仕事になります。

地方は、国の経済政策に制約を受けます。今苦しいのは岩国だけではなく、広島も福山も宇部も一緒です。

岩国の景気をよくするには国を変えるしかない。
地方が連帯して、住民の怒りをバックに国の地方切り捨て財政政策をやめさせるしかない。

その上で、地方レベルでは公正な配分をするのです。

岩国市長選で新人を支持する方々の主張はあるべき姿と正反対です。

彼ら彼女らの多くは、地方財政の切り捨てをしてきた自民党や公明党の一員です。

国で地方切り捨てをする自民党を支持する。

自治体レベルで「岩国再生」などといって艦載機受け入れの対価による積極財政を行い、さらに「えらい人」が裏でこそこそ事業を「ねじ込む」。
これが「福田派」です。
そもそも実は小泉純一郎さんや防衛官僚こそ「アメリカ」という地球上最大の「しがらみ」にとらわれています。

これでは地方の庶民はますます苦しくなるのです。

地方が苦しい中で積極財政でハコモノをたくさんつくれば、また維持費もかかります。それこそ危ないです。

経済学的に見ても、市長は、「えらい人」のしがらみを断てる人であるべきです。

確かに不況の中で国政ではケインズ主義が必要になっている。しかしだからといって自治体の首長にケインズ主義を求めるのは間違いです。国にまず新自由主義放棄を求めましょう!

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-09 15:56 | 新しい政治をめざして | Trackback

しがらみ政治打破を!

しがらみ政治の復活を阻止しましょう!

地元の「えらい人」のしがらみにとらわれていたらいつまでも「ふつうの人」はかやの外です。。
一方、「アメリカ」のしがらみにとらわれる小泉純一郎さんや小泉チルドレン、守屋武昌被告もやはり「古い」のです。

前市長は「えらい人」のしがらみを断ち切り、公正な市政を進めてきました。

市内循環バスや学校給食などサービス充実も着実に進めました。

「えらい人」だけのための政治ではなく「市民みんなの政治」を続けましょう!

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-09 13:09 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

e0094315_1034088.jpg

e0094315_1034110.jpg

e0094315_1034183.jpg

明日投票の岩国市長選。
前市長の井原勝介さんは、たしかに「えらい人だけが儲かること」は「何もしなかった」。

しかし、住民の立場に立ち、考えに考えておられます。

艦載機移転についても「住民の立場に立って考えれば考えるほど簡単に「来るものは来る」とあきらめられない」という立場です。

「井原さんだと岩国は夕張のようになる」というのは、根拠がありません。一人当たり借金は十分の一以下です。

最終日、川田龍平参院議員も来援されています。

年金や薬害での国の無策ぶりを指摘した上で、
「お任せ民主主義ではいけない」
「岩国の人は井原さんという市長がいて幸せ」
「一人一人が参加していくことで変えられる。」と力強い言葉。

続いて上原公子さんも、「住民投票は地方自治の本旨に沿ったこと」
「凄まじい妨害行為にひどいと思った。一部の人の利益のためにひどい動き」
「今、岩国が頑張れば、次の自治体がでてきます。」
「東京では昔砂川闘争で農民が立ち上がった。」「1955年のこと。米軍は拡張をあきらめたどころか撤退しました。」
「アメリカも米軍再編では「地域の理解」を前提としている」
「だからここで意地をみせて欲しい。」

森田実さんは「砂川闘争の時大学五年生。そのためにもう一年落第した」と笑いを誘い、「一時はピンチもあった」
「しかし、宮崎町長が頑張り、鳩山総理を引っ張りだした」
「井原さんは第二の宮崎町長。」
「中央の官僚や政界でも岩国に対して守屋被告がしたことについて懸念が広がっています」
「これを許したら日本は真っ暗だ」
「井原さんを落としたら岩国の永遠の恥」と檄を飛ばしました。




e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-09 10:34 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

新しい日本をめざして

 岩国市長選挙は、平和を願う国民一人一人にとっての闘いです。

         新しい日本をめざして!

  今、瀬戸内海の西に位置する岩国で、日本の将来を左右する大事件がおきています。それは山口県岩国市の10日の“岩国市長選挙”です。
 岩国はアメリカにとって沖縄につぐ重要な基地です、1950年の朝鮮戦争で本格的な米軍用基地となって以来基地が存続していました。ところが近年小泉政権でのアメリカとの新軍事同盟によりアジアに向かう基地として岩国の強化がはじまったのです。

 しかし岩国市民が基地の拡大を望んでいないのは前回の89%反対の住民投票のでもあきらかで、すぐの市長選で反対している前市長が再選されました。しかし政府と市の議員団のほとんどは、アメリカと国からの利権とにはいつくばって住民の意思を無視して議会を霍乱したので、市民とともにある市長は自らの首とひきかえに修正された予算案を通すしかなかったのです。

 これによる岩国氏の市長選挙は、岩国市民と周辺住民にとって自分達の生命と未来を守る闘いというだけでなく、日本全国民にとっても地方自治のあり方が問われる重大な闘いともいえるのです。

 政府は冷酷にもすでに決定し始まってもいた岩国市役所建て替えの助成金を基地の拡大とひきかえにストップさせ、市を財政破綻へと向かわせる脅しとやくざなやり口で市を“いじめ”ています。私たち市民はこのようなアメリカの言うなりになって国民や市民の意思を無視し、地方自治体を金でしばり脅しにかかる現政府のやり方を許すわけにはいかないでしょう。

  基地強化によって、岩国の地域社会全体が直接に受ける被害としては、
①各種米軍用機が発する異常騒音による保育所・幼稚園・学校・病院その他各種事業所での集団活動の阻害、
②これら軍用機が排出する有毒ガスによる大気汚染、
③冷酷無情で野蛮な戦争心理に侵された米軍兵士らの増加による治安の悪化、
③これらの被害による居住環境や産業立地条件の劣悪化とそれに伴う青壮年勤労住民の流出などがあります。

 ことに岩国に配備される≪原子力空母ジョージ・ワシントン≫の主力艦載機主力艦載機F/A-18ホーネットの騒音は、実にジャンボ旅客機の場合の5,000倍もの強度(音のエネルギー)になり、人の感覚による音の大きさに換算すると換算すると16倍にもなるという科学的検証があります。又原子力空母は、その排水もですが事故があれば確実に周辺一帯の生命をおびやかすものとなるのです。

 全国のみなさん、わたしたち平和をねがう市民の意思を今、岩国市長選挙で示しましょう。日本はいつまでアメリカの占領に甘んじているのでしょうか。今こそ、岩国市を支援することで、私たち市民の平和を愛する気持ちを表わす時なのです。
 岩国市の皆さん前市長を再選しましょう。そして市民とともにある市長の再選を全国に知らせ、毅然として、米空母艦載機の移駐と岩国基地の増強に対して断固反対を宣言し、全市挙げて基地はいらない宣言をしましょう。岩国の政府にだまされない自立した民主的な地方自治の実現から新しい平和な日本がはじまるのです。

 岩国市民一人一人が自らの行動と選択で、アメリカの傀儡政権である政権与党の支配から逃れ、真に私たちの望む平和で幸せな民主的な国をめざし、この腐敗した日本の政治を新しくできるのです。

 今回の米空母艦載機移駐と基地拡大の是非を争点とする岩国市長選は、何よりも岩国市民とその地域社会の生命(いのち)を守る闘いであり、ひいては日本国民にとって、私たちと子々孫々の生命を守る闘いなのです。 この選挙の闘い方次第で、この国が今後平和に向けて進んでゆけるか、あるいはこれまで以上にアメリカの言うなりに軍事拡大に向かうのか、どちらを選択するのか、日本のこれからを左右する大変に重大な選挙であることを重ねて強調しておきます。

 さあ、みなさん、私たち一人一人が自ら岩国市長選に参加して市民の力を示しましょう、そして自らの手で日本の平和で明るい未来を生み出しましょう。                                            

                          2008.2.7 
                       庶民のネットワーク
                             池邊幸惠  
                      
                     http://yukichan.cc
                     http://peaceyukichan.blog18.fc2.com

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-09 00:45 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)