人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2008年 02月 19日 ( 7 )

カウントダウン:いよいよあと1週間!


館長雇止め・バックラッシュ裁判は、高等裁判所に移りました。最初の法廷は2月26日に大阪高裁で開かれます。地裁のときには、大勢のみなさんの力で傍聴席を満員にしていただきました。高裁でも、変わらぬ、いいえなおいっそうの傍聴をお願いします。場所は地裁と同じです。梅田から地下鉄で淀屋橋で降りて徒歩7分です。

e0094315_1844843.jpg


チラシは.pdfファイルでごらんになれます。


http://fightback.fem.jp/08_2_26koso%20copy.pdf

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 18:04 | ジェンダー・人権 | Trackback(1)
民主党と全国知事会が公開討論会を行いました。

自民党の「現状維持」にはお互い反対である。

一方で、「急に財源をなくしてもらったら困る」という地方の立場もわかるわけです。

ただ、租税特別措置法の期限切れは3月末に迫っています。

私は、現実的な解決案を提案したい。

国民新党の提案を、民主党が一部取り入れることです。それにより、以下のような政策を作るのです。

すなわち、埋蔵金を活用した思い切った景気対策を行う。

その中で
1、暫定税率廃止のときは、地方にお金を回す
2、暫定税率存続のときは、国民にガソリン高騰分を補償する。

その上で、長期の地方財政や、環境にやさしい街づくりはどうする課などの議論を国民的にしていく。こういう方向ではないかと思います。

http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12707

党と全国知事会 道路建設決定の仕組み変えることで一致
道路特定財源・暫定税率問題に関する公開討論会

 党と全国知事会が共催した「道路特定財源・暫定税率問題に関する公開討論会」が、19日午前都内で開かれ、道路建設の決定の仕組みに関して透明度を増すように変えていくべきとの認識等で一致した。

 討論会は、小沢鋭仁国民運動委員長の司会で進められ、パネリストとして菅直人代表代行(党道路特定財源・暫定税率問題対策本部本部長)、逢坂誠二衆院議員(前ニセコ町長)、麻生渡福岡県知事(全国知事会会長)、東国原英夫宮崎県知事がそれぞれの立場から意見を表明した。

 麻生知事は、道路は不可欠であるとして、民主党案では地方に迷惑はかけないというが財源が具体的ではない、暫定税率廃止の2.6兆円分の減収をどう手当するのか説得力をもたない、もっと検証可能な案を出してほしい、建設の決定のあり方を知事会として必要ならまとめる、と地方の現場を預かる立場から発言した。

 菅代表代行は、我々も地方の道路整備の必要性は認めている、とまず表明。そのうえで、どの道路を造るのかを国土交通省と道路族が決めているのではないか、この決定のあり方を今後10年も続けていいのか、費用対便益をだれがチェックしているのか、アクアラインをみても赤字道路を建設してもだれも責任をとっていない現実をどう見るのかと問題提起し、道路を造るルールを透明にしようというのが民主党の主張するところだと訴えた。

 東国原知事は、宮崎県での道路整備が遅れている現状を語り、せめて、全国の道路整備状況を平均にするまでは、暫定税率を維持してほしいと提言。そうでなければ、地方ははしごをはずされた形になる、雇用創出のためにも道路は必要であり、地方にどう財源を配分するのか、一般財源化する民主党案には懸念を持っている、などと表明。現在の財源を確保したうえで、道路建設のあり方を変えることには賛成、と発言した。

 逢坂議員は、党の方針として、(1)道路特定財源制度の廃止、(2)暫定税率の廃止、(3)地方の財源はしっかり確保する―の3点を説明。特定財源を一般財源化することで地方の資源配分が柔軟になること、地方分権型社会をつくることに繋がること、天下り・利権の構造からの脱却する点などを列挙し、日本の真の構造改革であると訴え、効果的・効率的な道路建設のあり方に転換することが必要だとした。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 17:58 | エネルギー政策 | Trackback
 アメリカの海兵隊は、暴行事件の後は、酒によって住居侵入、酒酔い運転と不祥事が続き、福田総理でさえかんかんに怒っています。

 アメリカ軍の場合は、特に海兵隊は日本を守るためでは毛頭なく、海外への殴りこみ部隊です。日本が居心地がいいからいるだけです。

しかし、日本の自衛隊も、イージス艦が漁船に衝突。

 漁船の親子が依然行方不明です。

 二人が無事であることを祈るばかりです。

 海上保安庁が強制捜査に乗り出したそうです。厳正な捜査をお願いしたいと思います。

 自衛隊は本来国民を守るためにあるもの。

 それが凶器となるとはなんたることでしょうか?

 イージス艦も実はそもそもは、日本防衛のためではなく、アメリカの空母機動部隊の補完物なのです。

 今の自衛隊の装備はそもそも、アメリカの補完のためであって、日本を守るためではないといってしまえばそれまでですが、これはあたらずとも遠からずでしょう。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 17:50 | ニュース・雑感 | Trackback
アメリカ合衆国大統領  ジョージ・W・ブッシュ様 
アメリカ合衆国特命全権大使  ジョン・トーマス・シーファー様 
在日米軍司令官  ブルース・A・ライト様
四軍調整官  リチャード・ジルマー様

内閣総理大臣 福田康夫様
外務大臣  高村正彦様
防衛大臣  石破 茂様


沖縄米軍基地海兵隊兵士による少女への性暴力事件に抗議し、
直ちに米軍基地を撤去するよう強く求めます!!


2月10日、在沖米海兵隊兵士が女子中学生に性暴力を行うという許せない事件
がまたしても起きました。米兵が14歳の少女を連れ出したのは日常生活が営ま
れている町中であり、加害者の海兵隊兵士は住民地域に居住しています。米軍
隊が沖縄の住民生活を脅かし、子どもたちが安心して日常生活を送る基本的人
権を奪っているこの事態と、軍事同盟強化の下に目をつぶり続ける日米両政府
に対して、私たちは断固抗議します!!


1995年の事件後も、性暴力事件は何度も引き起こされてきました。事件が起き
るたびに米軍は「再発防止と綱紀粛正」を繰り返しましたが、口先だけのその
場しのぎの取り繕いはもうたくさんです。沖縄署に逮捕されたタイロン・ハド
ナット容疑者はレイプについて否認しているといいます。また、在沖米国総領
事館のカーメラ・カンロイ首席領事は、「(事件を起こした米兵が)軍曹にま
で昇進しているのは、今までこういうことをしていなかったからだ」と、加害
米兵を擁護する発言をしていますが、反省なきこのような言動と、毅然とした
態度をとらない日本政府の姿勢が、このような事件を繰り返させているので
す。


女性・少女の人権を侵害し、地域住民の安全を脅かす日米軍事同盟とは何なの
でしょう。「再発防止と綱紀粛正」の口約束に何の意味があるのか。基地があ
る限りこのようなことが繰り返されることは明らかであり、地位協定の見直し
ではもう済まされないところに来ています。米軍基地がなくならない限り、住
民の生活の平和と生きる権利を取り戻すことはできません。私たちは在日米軍
再編の強化と繰り返される性暴力に強く抗議し、以下を要請します。


一、加害者の米兵に対して公正な捜査を行い、厳正な処罰を行うこと。
二、性暴力被害にあった少女に対して謝罪と補償をし、十分な精神的ケアを行うこと

三、米軍基地を撤廃し、軍隊を即時撤退させること。


2008年2月19日
「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン) 


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 12:20 | 声明・申し入れ | Trackback
セルビアからコソボが独立を宣言。

一方、パキスタンでは総選挙がありました。

1999年当時、コソボ紛争でアメリカなどNATOはユーゴスラビアを空爆。しかし、紛争解決に効果はあまりないまま、今に至っています。

パキスタンは当時、ムシャラフ大統領によるクーデターが発生。

民主化が求められていた。しかしもたもたしているうちに911テロが発生。

アメリカはアフガニスタン侵攻のためムシャラフ政権に協力を求めたのです。

結果としてアメリカがパキスタンの民主化を遅らせたと言えなくもない。
ただ、ムシャラフ政権を批判してきたパキスタンの野党も野党です。若殿や姫君ばかりなのです。
格差が大きい国で本当の民主化はまだまだです。

しかし世界は、同じ週に、1999年から積み残した課題に今真正面から向き合わなくてはいけなくなったことに因縁を感じます。

しかし、コソボもパキスタンも実は貧困撲滅ということが最優先だと思います。

民族紛争や民主化が進まないのはまさに貧困が故なのです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 08:12 | 国際情勢 | Trackback(1)

バイオ燃料が温暖化促進

http://www.janjan.jp/world/0802/0802160924/1.php

バイオ燃料はかえって環境にも悪いのではないか?そういう疑問をさらに補強する研究が出ました。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 07:17 | 新しい政治をめざして | Trackback

ついに雨水です!

今日は雨水。西日本(北九州、山陰、近畿、山陽あたり)の平野部では、雪の季節が終わり雨中心に変わります。

今までは一週間に1日か2日しか暖かい日がなかった。

しかし、明日くらいからは「三寒四温」くらいになります。北陸や関東、東海などでも雨の日の数は雪の日と拮抗しだします。

啓蟄を過ぎると、寒い日も一週間に1日か2日くらいに減り、お彼岸過ぎには珍しくなります。

庄原市高野では昨日の未明に積雪は一メートルを超え、「厳冬」となりました。

県内各地、昨日が冷え込みは一番でしたが、あとは暖かくなるだけです。
太陽は10月24日並みですからだいぶ高くなってきました。昼間の時間も11時間を超えました。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-02-19 07:01 | 新しい政治をめざして | Trackback