人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2008年 06月 05日 ( 4 )

 館長雇止め・バックラッシュ裁判の第二回公判が6月5日(火)、大阪高裁74号法廷で行われました。この裁判は、豊中市男女共同参画推進センターすてっぷの非常勤全国公募館長だった三井マリ子さんが、市議(当時)の北川悟司さんを中心とする男女平等に反対するいわゆる「バックラッシュ」勢力の圧力に屈した豊中市により、「組織体制の強化」を名目に2003年度末で雇止めにされ、新たに設置された常勤館長への採用も茶番の面接により拒否された、として豊中市と、(財)豊中市男女共同参画推進財団を相手取って訴えているものです。一審の大阪地裁は2007年9月12日に、原告の訴えを棄却しました。

 今回の公判で、控訴人・三井さん側は、新たに「人格権の侵害」を争点として設定しました。

さらに、非常勤職員問題研究で有名な龍谷大学の脇田滋教授による意見書を寺沢勝子弁護士が要旨を読み上げ、口頭弁論しました。また、一審判決の事実認定の誤りも指摘しました。

「人格権」は、従来は訴訟を起こしても労働者に勝ち目がほとんどなかった非常勤公務員の雇止め問題でも、昭和町事件(2006年)のように、損害賠償を認める可能性を大きく開いています。

 また、今年4月、松下偽装請負事件で労働者が大阪高裁で逆転勝訴しましたが、その原動力となったのは脇田さんの論理とほぼ同じものです。

 民間でも公務でも、非正規労働者の問題がクローズアップされる中で、非正規労働者にとって、大きな援軍が本裁判で登場しました。

 裁判とは、残念ながら現実には誰にでもできるものではありません。とくに行政という大きな権力による被害者はぼろぼろにされた状態になりますから、そこから訴えるのは大変なことです。

その上、第一審判決のように、原告に違法であることの立証責任を負わせるような判断をされたらたまったものではありません。「脇田意見書」は、抜本的に、被告側に、雇止めが違法でないことを証明させよ、と迫っています。

 ですから、私たちは、本裁判が、より多くの非正規労働者の待遇改善・そして貧困撲滅につながるような結果になってほしいと心から願っています。

 次回法廷は9月18日(木)11時から同法廷で行われることが決まりました。(大阪支局)


館長雇止め・バックラッシュ裁判の第二回公判_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤職員に春を!と思ったら下をクリックお願いします!







館長雇止め・バックラッシュ裁判の第二回公判_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-05 23:17 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
以下を各地にばらまいてください。

小さな団体ももちろん歓迎です。全国組織と各地地方組織の両方の賛同など歓迎。
目標1000団体!

*****
以下の要望書に賛同します。
返信先:Hanhinkon.net@gmail.com

団体(個人)名(代表者氏名):
★団体での賛同を推奨しますが、個人でも可。
★団体の規模、法人格の有無は問いません。
連絡先住所:
電話番号:

なお、賛同第一次締め切りは6月18日24時とします。

*****
要望書
内閣総理大臣 福田康夫様

 私たちは、政府が「骨太の方針2008」において、社会保障費2200億円の削減方針を撤回することを求めます。総額2200億円の削減ありきの中、弱い立場におかれている人に痛みが集中しています。持続可能な制度も大切ですが、なによりも私たちの生活が持続可能かどうかの検証が必要です。これ以上「命を値切る」政治を行わず、人々の生活に寄り添った政治を行うよう、強く要望致します。

(呼びかけ団体)
■ 反貧困ネットワーク(代表:宇都宮健児)
162-0814東京都新宿区新小川町7-7アゼリアビル2
02
TEL:03-6431-0390

(以下、賛同団体・個人)
(転送、以上)
*************


社会保障費2200億円の削減方針を撤回することを求めます_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







社会保障費2200億円の削減方針を撤回することを求めます_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-05 22:30 | 声明・申し入れ | Trackback

民主党候補はオバマさん

バラク・オバマさんが、民主党の大統領候補の指名獲得を確実にしました。

初のアフリカ系大統領候補です。

 一方で、私たちは、女性たちの落胆にも思いをはせなければならないと思います。

 ヒラリー・クリントンさんが初めて女性として大統領になるか、という期待は大きかった。

 アメリカでも、女性への差別は、深刻でした。ある意味、キリスト教の国は意外と女性にとって本来的には厳しいのです。昔の日本のほうが、実は庶民レベルではジェンダー規範は緩かったりします。家父長制が庶民にまで浸透したのは明治維新以降、西洋の影響が強いのです。

 また、アメリカのセクハラというのは、日本の比ではないことも、さまざまな映画などをご覧になった方はご存知と思います。

 やはり、アメリカでも、さらに男女平等の推進が必要である。そういう意味からすると、実は私も半分残念な気持ちを抱いています。

 一方、オバマさんがもし大統領になれば、軍縮などにはプラスかなあ、という感想は持っています。しかし、所詮はアメリカという枠に縛られるともいえます。

 また、暗殺の危険もないとはいえない。私たちは、オバマさんを叱咤するためにも、また彼の命を守るためにも、きちんと、ブッシュ的な政治の流れを批判する国際世論を強めていかねばならないと思うのです。

 アメリカ中心の時代は、ブッシュを最後に終わりではないか。そんな感じも受けます。

 日本も戦略練り直しのときが来たと思います。

「アメリカ従属の外交」と「中央集権的で自己保身的に堕してしまった官僚システム」の打破の双方が、今国民の暮らしを守るために必要なのです。

民主党候補はオバマさん_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







民主党候補はオバマさん_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-05 06:52 | 国際情勢 | Trackback
[転送・転載、歓迎。重複受信された方、ご容赦下 さい。]

皆様

クラスター爆弾も、ダブリンで禁止条約の合意がな され、対人地雷に続き、「非人道的無差別殺傷兵器」の禁止に向け て、世界はまた新たな一歩を踏み出しました。次は、「劣化ウラン
兵器の禁止を!」と、私たちもさらにキャンペーンを拡げ、前 進したいと思います。

先日、5月22日には、欧州議会で「(劣化)ウラ ン兵器とその人々の健康と環境への影響に関する、同兵器使用の 国際的禁止に向けた」決議が、賛成491、反対18、棄権12 と、圧倒的多数で採択されました。これは、昨年の国連総会での決議 を受け、NATO諸国も含めた欧州各国で、同兵器の禁止に向けた具 体的な動きを強く促すものです。(ICBUWは、「緑の党/欧州自由連 合」の欧州議会議員らの同決議案作成にも協力しました。)

ウラン兵器禁止を求める、このような世界の動きを 日本でも広く伝えたいと思い、日本語訳を下記にご紹介します。ご 活用下さい。

なお、英文はICBUWのサイトにも掲載されています。

http://www.bandepleteduranium.org/en/a/181.html

振津かつみ

「ウラン兵器禁止を求める国際連合」(ICBUW)運営
委員

。。。。。。。。。。。。。。。。。

(劣化)ウラン兵器及びその人々の健康と環境への 影響に関する欧州議会決議(2008年5月22日) 同兵器の使用の 国際的禁止に向けてー

下記を代表して、「緑の党」/「欧州自由連合」グ
ループ(Green/
EFA Group)のEls De Groen、Caroline Lucas、Angelika
Beer議員により提案された。

欧州議会社会主義者グループ(PSE)
欧州人民党[キリスト教民主党]及び欧州民主党(PPE)
欧州自由民主同盟(ALDE)
欧州左派連合 北欧緑の党左派・連合グループ(GUE/NGL)
欧州議会諸国の欧州のための連合(UEN)

P6_TA-PROV(2008)0233
ウラン兵器禁止国際条約(Global treaty to ban uranium
weapons)

PE 401.545
(劣化)ウラン兵器及びその人々の健康と環境への 影響に関する欧州議会決議ー同兵器使用の国際的禁止に向けて (2008年5月22日)

欧州議会は、
通常兵器におけるウラン(劣化ウランを含 む)の使用の有害な影響に関するこれまでの欧州議会決議を尊重 し、
「戦争と武力紛争における環境破壊 [搾取]の予防のための国際デー」における国連事務総長の 発言(2002年11月6日)を尊重し、 劣化ウラン兵器使用に関する深刻な健康上の 懸念を強調した、2007年12月5日採択の国連総会決議(A/RES/62/30)を尊重し、
欧州議会規則 108(5)の手続きに則り、

A. (劣化)ウランは、都市の内外を問わず、強固 な標的に対する兵器として、あるいはミサイルや砲弾による攻撃か ら防護するために強化された装甲として、現代の戦争において、広 範に使用され続けているがゆえに、
B. 第一次イラク戦争で連合軍によって使用されて以 来、このような兵器が強固な標的に衝突した際に生じるウラン微細 粒子の放射性及び化学毒性に対する深刻な懸念があるがゆえに、ま た、標的からはずれた使用済み砲弾による土壌や地下水の汚染及 び、その一般市民
への影響についても懸念が表明されてきているがゆ えに、
C. 科学的調査研究については今のところ、有害性を 示す決定的証拠を見いだせてはいないものの、兵士と一般市民の両 者への有害で、しばしば致命的な影響についての証言が数多くなさ れているがゆえに、
D. 劣化ウランによる環境と健康に対する危険性の理 解に関する大きな進展がこの数年の間にみられているがゆえに、ま た、国際的軍事的基準の発展にあわせて、こうした理解の進展を反 映させるべき時期に来ているがゆえに、
E. 戦争における劣化ウランの使用は、成文化あるい は慣習化された国際・人道・環境法において掲げられている基本的 規則および原則に反するがゆえに、

1. 加盟国に対し、上記の国連決議の第一パラグラフ を堅持し、劣化ウランを含む兵器や砲弾の使用の影響についての見 解の報告を提出するよう強く求め、

2. 欧州連合上級代表(EU High Representative)に対し、欧州安全保障戦略の改訂版に、無誘導爆弾、及び、クラ スター爆弾、地雷、そして劣化ウラン兵器のように無差別な影響の あるその他の兵器の今後の使用に関して真剣に検討する必要があることを盛り込むよう勧告し、

3. 理事会と委員会に対し、欧州及び国際的な兵士と 民間要員が派遣されている全ての地域における劣化ウランの使用に 関する科学的調査を行うよう指示することを求め、

4. 加盟国に対し、欧州安全保障防衛政策の作戦にお いて、劣化ウラン兵器を使用しないよう、また、劣化ウランは使用 されていないし、かつ今後も使用されることはないという保証の
ない地域には、兵士も民間要員も派遣しないよう強く要求し、

5. 加盟国、理事会、委員会に対し、派遣されている 自国の兵士と民間要員、また専門家組織に対し、彼らが作業に従事 する地域において、劣化ウランが使用されたかどうか、あるいは使
われる可能性があるかどうかについて詳細な情報を与えるととも に、十分な防護手段を講じるよう要請し、

6. 加盟国、理事会、委員会に対し、劣化ウラン汚染 地域(試射場も含めて)の一覧表を作成するよう、また、人々の健 康と環境への悪影響が確認された場合には、被害者とその親族、そ
して被害地域の除染作業を支援するプロジェクト 資金援助も含む に対して全面的支援を与えるよう要求し、

7. 全ての加盟国とNATO諸国に対し、劣化ウラン兵器 使用のモラトリアム(一時凍結)を行い、国際的禁止に向け た一層の努力を行うよう、また、このタイプの兵器の製造と取得を 整然と停止してゆくよう重ねて強く要求し、

8. 加盟国と理事会に対し、これらの兵器によって引 き起される危害についての決定的な科学的証拠が得られた場合に は、ウラン兵器の開発、製造、貯蔵、移送、試験、使用の禁止、そし
て現存する兵器の廃棄あるいはリサイクルに関する国際条約の制定 国連を通じて、あるいは「有志連合」を通じて -のために主 導的役割を担うよう要求し、

9. 欧州議会議長に対し、この決議を、理事会と委員 会、加盟各国政府とその国会、NATO及びNATO議会、国連及び国連環境 計画(UNEP)、欧州軍事協会(EUROMIL)、赤十字国際委員会(ICRC)、世界保健機構(WHO)に伝えるよう指示する。

(訳:振津かつみ/山口充/嘉指信雄)

。。。。。。。。。。。。。。。
Green/EFA Group: http://www.greens-efa.org/cms/default/rubrik/
6/6270.home@en.htm
]
PSE (Socialist Group in the EP): www.socialistgroup.org
PPE (European People's Party [Christian Democrats] and European
Democrats): www.epp-ed.eu
ALDE (Alliance of Liberals and Democrats for Europe): www.alde.eu
GUE/NGL (Confederal Group of the European United Left - Nordic Green
Left): www.guengl.eu
UEN (Union for Europe of the Nations European Parliament):
http:// www.uengroup.org

尚、英語原文は下記のサイトに掲載されている。
http://www.bandepleteduranium.org/en/a/181.html

 「ウラン兵器使用禁止に向けた欧州議会決議」採択_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







 「ウラン兵器使用禁止に向けた欧州議会決議」採択_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-05 01:46 | 反核・平和 | Trackback(1)