人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2008年 06月 19日 ( 4 )

西成区での労働者による抗議行動に対して大阪府警はかなり強引な弾圧をしているようです。

ことの発端は、労働者を軽視したような飲食店の態度でした。

それなのに、西成警察署が労働者を逮捕し、強圧的な取り調べをしたのを契機に抗議行動が起きました。

以下は、労働者側のチラシです。

大阪府警・西成警察署は不当逮捕した仲間をすぐ返せ!

暴力警官は労働者に謝れ!

「警察の取調室で、寄ってたかって暴力をふるわれた」と組合に助けを求めて来た労働者。紐で首を締め付けられたという生々しい傷跡を見せられて、知らん振りする人がいますか? 
暴力をふるった警官に謝罪を求めることは当然でしょう。
 ところが西成警察署は謝るどころか、逆に抗議する労働者を次々と捕まえて、警察署の中でリンチを加えているのです。「肋骨を折られた」「背中を盾で水平打ちにされた」と何人もの労働者が組合に訴えてきました。西成警察署は恐ろしい暴力警察だということがよく分かります。
 そのうえ、大阪府警は放水車を銀座通りに出動させ、高圧の水を発射して労働者をふっ飛ばしました。直撃を受けて吹っ飛んだ労働者は、当時の記憶が飛んでしまいました。右目を潰された人もいます。


I委員長の不当逮捕糾弾!

 この間の抗議行動で20名近い労働者が西成警察署に不当逮捕され、昨日は組合のI委員長も道路交通法違反容疑で大阪府警に身柄を拘束されました。
 I委員長を逮捕することで、取調室でのリンチ事件を闇に葬ろうと企んでいるのでしょうが、私たちはこの事件を決してうやむやにはしません。大阪府警と西成警察署の責任を追及していきます。
 友人、知人が不当逮捕されたと言う人、またこの抗議行動で負傷したと言う人は、組合まで連絡してください。負傷者への対応と不当逮捕された人達の救援活動を開始しています。

団結して、大阪府警・西成警察署の暴力弾圧と闘っていきましょう。

2008年6月19日
釜ヶ崎地域合同労働組合・釜ヶ崎炊き出しの会・いながきひろ
し事務所
大阪市西成区萩之茶屋2‐5‐23 釜ヶ崎解放会館
電話 (6631)7460

抗議行動に強引な弾圧の大阪府警_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







抗議行動に強引な弾圧の大阪府警_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-19 20:48 | 新しい政治をめざして | Trackback
今の日本の政治をおおざっぱに言えば、「裕福な年配者」中心政治といえます。

ただし、年配者でも多くの貧しい人は疎外されている。

ここが問題を一見難しくしているのです。

年配者=弱者論も不毛です。

だが、年配者=金持ち論も誤りである。よく「高齢者福祉を削り、子育て支援を」という声がありますが、高齢者のうちの低所得者がサービスをカットされたら、今度はその高齢者の家族の若いものに負担がかかるだけです。

結論から言えば年配者でもお金がある人からはしっかり社会貢献としてご負担いただくということです。

大手企業や中堅企業を幹部クラスで退職された人などは年金も多い方々が多いので、負担能力はあります。

それにより、恵まれない年配者や、若いものが生きていけるようなセーフティーネットを、と思います。

今は、一族に裕福な年配者がいる人が教育でも子育てでも有利になります。このことを通じ、ますます格差が広まるのです。

一族に裕福な人がいて自分もそれなりの地位にある若い人もまたネオリベが多い。

彼ら彼女らもまた裕福な年配者中心政治を温存する側に回ります。

だが、それではいけないのです。

もちろん、比較的裕福な家の若いものでも苦しいのです。

親が年収一千万、子は年収二百万以下の非正規職員なんて例もあります。

そのクラスの家では若いものはただでさえがっくりきているのに、親から「お前は家族も養えない身分で情けない。俺の若いときは・・」、などと責められる。これもひどい話です。

期待値と現実の落差にくるしむ若いものがいます。

まずありのままの若いものを肯定してやらないと、外からわいわい責め立てたのでは反発を買うだけです。

さてノルウェーでは若者は生き生きしてました。
あの国の政治家の平均年齢が低いことと無縁ではないでしよう。

私が訪問中には二十五歳の女性がある政党の党首になりました。

普通の若いものが参画しやすい仕組みをとっていることがあるでしょう。
「裕福な年配者中心政治」脱却を_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「裕福な年配者中心政治」脱却を_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-19 20:34 | 新しい政治をめざして | Trackback
自民党は、供託金没収点を引き下げる検討に入りました。

報道を総合すると、共産党が衆院選で候補者を立てやすくする。それにより、共産党の候補者が増え、反自民票が割れて政権交代が遠のく。こうしたシナリオを考えているようです。

一見、立候補への参入障壁の引き下げに見えます。それは民主主義という意味からすればよいことに見えます。

 だが、今の小選挙区制ではどうせ、少数意見は切り捨てられてしまいます。

 もし、少数意見を取り入れるとすれば、やはり、選挙制度そのものを変える必要があるのではないでしょうか?そのことなしに、供託金没収点の引き下げだけを検討するのは、「少数意見を排除しない」という意味では有効な手とは思えません。

 抜本的に小選挙区制を廃止し、単純比例代表制ないし、中選挙区制、または両者の折衷などを考えていくべきではないでしょうか?

 逆に、民主党に対してはご提案したい。政権をとった場合は、今私が提言した方向で選挙制度改革をする、と約束するのです。それにより、共産党や社民党、国民新党などの中小政党支持層をひきつけるのです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080619/stt0806190046000-n1.htm

選挙「供託金」没収点引き下げ 自民が検討 民主、共産分断狙いも
2008.6.19 00:47

このニュースのトピックス:諸政党
 自民党の選挙制度調査会(村田吉隆会長)は18日、国政選挙や地方首長選挙などへの立候補に必要な供託金が没収される得票率(没収点)引き下げの検討に着手した。各党との間で公営選挙ごとの供託金の引き下げ幅や導入時期などの調整を進め、早ければ8月下旬にも召集される次期臨時国会に議員立法で公職選挙法改正案を提出し、成立を目指す。

 財政難に苦しむ共産党は、供託金没収の負担軽減などを理由に次期衆院選で大幅に立候補者を絞り込む方針で、自民党は共産党の「空白区」で、同党支持票が民主党に流れることを強く警戒している。自民党には、供託金没収のハードルを下げることで、共産党が選挙区により多くの候補者を擁立できる環境を整え、民主、共産両党の分断を図る狙いがあるとみられる。このため民主党からは「本音では引き下げ検討は歓迎できない」(中堅)との声も漏れている。

 供託金制度は売名行為の泡沫(ほうまつ)候補の乱立を防ぐことを目的している。現行公選法によると衆院選の場合、1候補者につき選挙区300万円、比例代表600万円を供託し、選挙区では有効投票数の10分の1を得票できなければ没収される。このため主に共産党など中小政党の立候補者の多くが供託金を没収されている。


供託金没収点引き下げをするくらいなら、選挙制度を小選挙区制廃止を!_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

やることせこいぞ、自民党!と思ったら下をクリックお願いします!







供託金没収点引き下げをするくらいなら、選挙制度を小選挙区制廃止を!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-19 12:42 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
広島市の秋葉市長は、三人目の副市長に、総務省出身の女性を起用する案を提案します。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200806190103.html

3人目に女性副市長を提案へ '08/6/19

--------------------------------------------------------------------------------

 広島市の秋葉忠利市長は18日、3人目の副市長に総務省出身の豊田麻子氏(42)を起用する方針を固めた。主に情報技術(IT)分野を任せる。市議会定例会に近く選任同意案を提出する。女性副市長の起用は過去に3度否決されており、議会の動向が焦点となる。

 豊田氏は旧郵政省を経て、総務省で通信基盤整備などを担当。現在は独立行政法人情報通信研究機構で、最新情報ネットワーク網の研究をしているキャリア官僚である。秋葉市長は、自治体の情報化推進に向け、国が求めている「CIO」(最高情報責任者)にも任命する方向。IT化による市民サービスの向上に加え、適正予算が分かりにくいIT関連経費について、専門的な精査での経費削減を担う。

 市条例は副市長の人数を「3人以内」と規定。現在は事務系の三宅吉彦副市長(60)と建設系の米神健副市長(61)が務めている。政令指定都市では17市のうち11市が副市長を3人以上置いている。市議会は今後、行財政改革を重要課題に市政運営が図られている中で「3人目の必要性」を議論、是非を判断することになる。

 秋葉市長は、1999年の市長選で男女共同参画推進を目的に「女性助役(当時)の起用」を掲げ初当選。全国公募で人選した選任案を2002年3月に3人目の助役として提案しようとした。しかし、事務系助役が辞任するなど市政内部が混乱。結局、2人制を前提に提案されたが、当時の議会主流派との対立を背景に否決された。同6月と再選後の03年3月にも同じ選任案を提出したが、賛成少数だった。




女性助役は、男女共同参画を推進する秋葉市長の悲願。

過去三度提案しましたが、自民党会派の市長いびりの一環として葬られました。

自民党会派はあるときは、無記名投票をしやすくする議会規則改変まで強行しました。

ただ、2005年に藤田議長が就任してからは、議会もだんだん落ち着いてきました。

今回はITに強い方を候補に挙げました。

IT化での市民サービス向上。そして今は委託先の民間主導で割高になりがちな市のコスト削減に期待です。

議会の皆さんには冷静な議論をお願いしたいと思います。

女性副市長を提案・秋葉市長_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







女性副市長を提案・秋葉市長_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-06-19 08:20 | 広島市政(広島市議会) | Trackback(1)