人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2009年 01月 17日 ( 4 )

小泉純一郎さんが、参議院を廃止しろと言い出しました。

もともと、極論すれば、小泉純一郎さんが、やることでいいことは何一つなかったというべきでしょう。

ところが、竹中平蔵さんらは、【麻生さんは小泉度が足りないから経済がわるくなった】などということをぬけぬけといっています。
違う。麻生さんは【小泉否定】が不十分なのが最大の問題でしょう。

日本をよくするには、【小泉否定】という問題意識が必要です。そうなると、小泉さんと逆をいけばよい(笑)


議員削減は、受けがいいことはいい。

しかし、安易な削減は自殺行為ではないでしょうか?

官僚機構をコントロールするのが立法府です。

地方でいえば、チェックアンドバランスです。

議員を減らして、結果、官僚機構側が相対的に今以上に強くなるのはいかがなものか。

□議員増加でチェック機能強化を

大胆にいってしまえば、議員報酬を一人当たりでは減らしても、議員数は増やした方がいい、と思います。

地方においては、議員が少なすぎると、住民の代理人として、行政をチェックしきれなくなります。

地方の場合はとくに生活感覚が大事です。欧米のように、兼職可能にすべきです。

議会夜間、休日開会や、公務休暇制度【雇用主への支援と指導】、代理議員制度。自分がやむを得ず休むときの代理人を指名できれば、ふつうの人でも、安心して立候補しやすいでしょう。

世襲議員の割合を減らすためにも議員数増加は有効ではないか?

また、ついでに各政党に、フランスのように男女半々名簿を義務つければよい。

増えた定数の部分に女性をもってくるイメージにすれば、男性議員の抵抗も薄まるでしょう。

女性議員が増えたら男性議員も悪いことをしにくくなります。

さらに、アメリカのまねをして、都道府県も二院制でよい。

ただし、アメリカと差別化を図るため、議会下院は、普通に選挙で選び、上院は、くじ引きで選ぶとか、したらいい。

くじ引きだって立派な民主主義です。裁判員よりも政策決定にもっと市民が参加すればよい。

本来、小さな自治体なら、住民総会で決めてもいいくらい。地方自治法に規定はあります。


□官僚的微修正時代の終焉

これからは、官僚が微修正の繰り返しで政策を決めるのは難しいのです。官僚は、住民の代理人ではないから、大きな判断に責任がとれない。

今、積極的な経済対策を取るなら、立法府が最終責任を持つしかない。

地方なら知事と議会が責任を持つしかない。

官僚では責任をとれない、とれないから、あまり積極的な政策はとれない。

□ばかげている小泉純一郎さんの一院制

さらに、そもそも、日本国憲法の大事な柱である三権分立の確立のためには、議会と裁判所の抜本的な機能強化が必要でしょう。行政府の一人勝ち状態はまずい。

選挙に追われないで、じっくり政策を掘り下げる役目の人も必要だ。

この意味からも、小泉純一郎さんの参議院廃止論はまったくの愚策です。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-17 18:29 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
【岡山・野宿生活者を支える会炊き出し参加記】正月明けも初ボランティア続々
さとうしゅういち(2009/1/16)
http://www.janjan.jp/living/0901/0901125223/1.php
岡山・野宿生活者を支える会は11日(日)、今年初めての【毎日曜日行う炊き出し】があり、ボランティアとさして参加しました。筆者はコーヒー配給を担当しましたが、七回目ともなるとなれてきました。ボランティアも「日雇い派遣」ではなく「細くでもいいから、長く行う」ことが大事だと感じました。


一部は終了しましたが、炊き出し&相談窓口等情報です。

http://hiroseto.exblog.jp/9297634/


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-17 12:29 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
思うに、非正規雇用拡大に最初に反対したのは亀井静香さんでした。

運輸相在任中、いろいろ意図はマスコミなどが憶測はしていますが、亀井さんが、スチュワーデスへの非正規雇用導入を、反対したのは歴史的事実です。

亀井さんは、非正規雇用をどんどん拡大したら、結局、19世紀と同じことになる。資本主義が危うくなる。革命運動が起きる。こう予告した。

あのころ【新時代の日本的経営】が、日経連により、策定されその後の雇用のあり方を決定づけました。

果たして、あれから15年。亀井さんのいうとおりになりました。

亀井さんは、非正規雇用について、安全面で警告していました。実際に今、派遣労働者には、ロクに安全教育をしない【すぐいなくなるから、ばかばかしいのでしょうが】企業もあり、労災が派遣では多発しています。労災がたくさん起きる現場は、やがて、製品の質やサービスも落ちてくるに決まっています。

さらに、この15年、なんと資本主義さえ否定するようなすごい経済政策が立て続けに起きました。

橋本龍太郎、小泉純一郎、安倍晋三の各政権はラジカルな緊縮財政を強行しました。

景気対策をやったら、企業はサボる、という訳の分からない理屈が当時の論壇を席巻した。

あるいは、宮沢政権や村山政権による景気対策は意味がなかったとさえのたまった。

しかし、彼らは、1994年から円高が進み、貿易黒字を何兆も、削られたことを忘れている。

景気対策を村山政権がこの時期にやらなかったら、日本は、橋本政権の前にクラッシュしていたでしょうに。

もちろん、大型ハコモノで、地方があまり潤わない実態は、自治体や、住民からも指摘されていた。

この点についても亀井さんは手を打っており、政調会長時代に、大型ハコモノをバッサリカットしています。

その上で、思い切った景気対策を主張していた。具体的には、無利子国債発行などです。

小泉純一郎さんは、改革、改革という割には、むしろ、ただただ、地方から財源を奪い取るだけでした。地方は小泉純一郎政府により、年間5、1兆円の地方交付税を奪われました。

残念ながら、亀井さんのいうことをとくに小泉純一郎さん以降は、無視しまくった自民党。

それでも、都会では、一時期はバブルに酔った。
公明党の協力も得て、東京など大都会のお金持ちに基盤をシフトしたのです。

もちろん、地方では、小泉純一郎さんによる交付税カットや、事実上の市町村合併押し付けにより住民や地場企業が苦しんでいましたが、一方で、民主党も小泉以外の自民党と比べるとネオリベ寄りで、信頼が薄かった。
おかげで、自民党は東京など大都会で圧勝しつつ、地方でも手堅く票をまとめ、郵政選挙に圧勝した。

だが、次第にメッキははがれてきました。

ついに、輸出という【下駄】をアメリカクラッシュで奪われ、これが、決定打になった。

そしてついに今の惨状にいたったわけです。

自民党もボロボロだが、国民生活もボロボロになったのです。

まさに、亀井さんのいうことの正反対をばく進し、自民党は【自爆テロ】を国民に対してやってしまったのかもしれません。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-17 09:44 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)

阪神淡路大震災14年

今日は、午前5時46分、阪神淡路大震災14年を迎えました。

防災対策はそれなりに進みましたが、一方で、学校耐震化、また災害に対策における女性の視点など課題も山積です。

さて、今日から明日まではセンター試験。いよいよ、入試の春も本格化します。
昨日までの異常な寒さはなくなりますが、風邪などにお気をつけください!

終了したものも多いですが、炊き出し&相談窓口等情報ですのでご活用ください。

http://hiroseto.exblog.jp/9297634/



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-17 07:45 | 事故・災害・事件 | Trackback