人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2009年 03月 14日 ( 4 )

 今年ある総選挙では、清和会(町村派)支配を確実に終焉させなければならないのです。

 クリーンなように見せかけて、実態的には、「政官業一体」の政治になりました。ルールそのものを、一部の企業幹部が都合がよいように変えてしまうという事態が進行したのです。

 一方で、地方の産業は発展を大いに阻害したのが、小泉政権だったと思います。

 実を言えば、2000年ころは、地方分権元年ということもあったのか、広島でも新しいビジネスがおきてくるという話で、盛り上がっており、広島でもそうでした。自治体の商工担当もかなりモチベーションは高かった時代でした。

 中小企業の協同組合により、新しい産業をという動きに、わたしも関わっていました。

 小泉総理が登場する直前までは、状況はそんなに悪くなかった。ところが、小泉政権により、それがしぼんでしまったわけです。

 結局、広島県に限らず、輸出大手企業の出先工場誘致、それによる派遣労働者増加に活路を見出さざるを得なかったのが真相です。ところが、その人たちの雇用も失われ、目を覆わんばかりの惨状です。

 もちろん、長期的には、地元の企業による新しいビジネスを促進したほうが、大手企業の出先よりも、効果は高いのはわかりきっていますが、現実にはそれが難しくなってしまった時代がありました。

 大変悔しいことですが、せめて、いまからでも遅くない。あのころのように、人々が前向きになれる状況に一日も早くもっていきたいものです。

 もっとさかのぼれば、中曽根内閣の1980年代頃から、自治省は箱物建設を自治体に対して、優遇し、結果として自治体は、地元で独自に産業を興すよりも、箱物依存のほうに誘導されてしまった。

 小泉純一郎さん、中曽根康弘さんは地方経済破壊のA級戦犯でした。

これを確実に終了させないことには、日本も危ないでしょう。
 
e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-03-14 23:44 | 新自由主義批判 | Trackback
「小沢辞任か続投か」ではない、各地で倒閣運動を起こそう
さとうしゅういち2009/03/14  


http://www.news.janjan.jp/government/0903/0903119244/1.php

世論は「小沢辞任」か「小沢続投支持か」で割れている。しかし、「ウルトラマン」小沢が、カンリョーキコー(官僚機構)やジミントー(自民党)という怪獣をやっつけ、それに拍手喝采して見守るだける、という「ヒーロー頼み」は、もうやめるべきだ。国民主導の政治を実現するため、各地で麻生倒閣運動を立ち上げようではないか。


記事が気に入っていただけたら下部のボタンのクリックをお願いします。

結局、国民と政府の緊張関係がいつも必要だと思いますね。誰が総理であろうが「非暴力直接行動」が必要だと思います。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-03-14 18:52 | 新しい政治をめざして | Trackback
一番の問題は、グレーゾーンが多すぎることでしょう。

これでは、国民も安心して暮らせません。あるものは、逮捕、あるものは、お咎めなし。

法治国家として危うい状況にあります。

そのことを、昨日、鳩山幹事長は指摘しています。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=15457

2009/03/13
検察が説明責任果たし、公平公正にものごとを処してほしい 西松建設の献金問題で幹事長

 鳩山由紀夫幹事長は13日午後、党本部で定例会見し、「本日は国民の皆様方に幹事長として申し上げておきたい」として、西松建設献金問題に言及した。

 連日、さまざまな情報が飛び交うなか、国民のみなさん、民主党を支持してくださっている方々に多大な心配をかけていることをお詫びしたいとして陳謝。その一方で激励の声をいただいていることに感謝したいとも表明した。

 そのうえで「国民のみなさんにご理解いただきたいこと」として鳩山幹事長は、報道で知る限りにおいて検察がリークをしていると思える情報があることを問題視した。「違法性を証明できる証拠となりうるかに関してはまだまだ大きな疑義があると思わざるを得ない」との指摘が弁護士や元検事の方々から寄せられていることも明らかにした。

 幹事長はまた、仮に検察が容疑の証拠を固めているとすれば、まったく同様の容疑事実がある自民党の政治資金団体「国民政治協会」や閣僚、自民党の各派閥などに対して、「どうしていまだ捜査の手が及んでいないのかということだ」とも語り、国民の皆さんも不思議に思っているのではないかとの認識を示した。

 さらに、金額の多寡が問題だとする指摘については、「金額が2000万円だと多くて、800万円ならば大丈夫と、金額に拠るという話が出回っているが、政治資金規正法のどこにもそれは書かれていない」と強調。金額にかかわらず容疑が同じならば同じように扱われなくてはならないと断じた。また、性格の違いに拠るとの見方についても「それも違う」と述べ、「虚偽記載という法令違反容疑に性格の違いがあるとは国民のだれも思っていない」と断じた。

 そのうえで幹事長は個人的な見解として、「もし検察の説明に合理性があるのであれば、それは、法令によらない検察の裁量権のなかでこの違いが出てきているといわざるを得ない」と指摘。「しかし、法治国家においては、このような権力による裁量や恣意によって、あるものは逮捕され、あるものは見逃されるということがあっていいとは思わない」と厳しい口調で批判。もしそのようなことがなされた場合、国民の皆さんも国に対して不安を感じるにちがいないとした。

 同時に、検察の説明責任が果たされていないこと、検察側から何も声が聞こえてこないことへの不信感が募り、その点を問題視する報道が、出始めていることにも言及。このことに関して幹事長自身は、3月4日に出した「幹事長談話」(下記関連記事参照)で指摘したことを改めて説明し、「あたかも私が検察批判をしたかのようなに(報道で)書かれたが、検察の説明責任を果たせという一事をもって談話を発表した」と改めて語った。

 「私たち民主党は政権交代をかけた大事な戦いを行っている。総選挙を目前に控えたなかで、こういった事件が起き、ご心配をおかけしていることは計り知れない影響を与えているのも間違いのない事実」とも幹事長は述べ、「法治国家である以上、法に基づいて法令違反した人が処罰されるのは当たり前の話だが、それはあくまでも法の番人として検察が公平公正な立場でものを言って行動してもらわないと困る」と強調。検察が説明責任を果たし、公平公正にものごとを処してほしいと求めた。

 また、「国民のみなさんや支持者のみなさん、ぜひもうしばらく冷静にこの事件に対して見守っていただきたい。必ず真実が明らかになる日が来る」とも語った。



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-03-14 09:44 | 選挙制度・政治改革 | Trackback(1)

春の嵐から冬型へ

福山では6時40分現在
気温 7.9℃
降水量 0.5mm/h
風 西2m/s
湿度 76.9%
気圧 1009.4hPa
3月14日
日出 06:19
日入 18:14
月齢 17
降り始めからの雨量が33.5ミリとまとまった雨になりました。

これから、冬型になっていきます。

大阪では、まだ、雨になっています。昨日の降り始めから大阪では、60ミリを越えました。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-03-14 09:19 | 歳時記 | Trackback