人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2012年 11月 25日 ( 5 )

【緑の党・参院選予定候補・すぐろ奈緒さん】_e0094315_19552367.jpg

【緑の党・参院選予定候補・すぐろ奈緒さん】

写真は2013参院選予定候補・すぐろ奈緒さんとわたくし、さとうしゅういちです。

すぐろさんは、杉並区議二期目で、33歳。
杉並区は、第5福竜丸事件(実際は多数の日本漁船、そしてロンゲラップ島民が被曝)を契機に原水爆禁止運動が盛り上がるきっかけの場所です。もちろん、広島市民も声を上げ続けたが、なかなか政府には届かず、被爆者援護は十年の空白があったし、被爆者援護より前に原発に予算がつく有り様でした。
もちろん、ヒロシマの女性作家太田洋子は、後から「反核」に参加した人たちを苦々しく思ってしまった。
時はながれ、チェルノブイリ、そしてフクシマでたくさんの人が住まいを追われた。
ヒロシマは、ヒロシマで二度と核の被害を繰り返さぬ先頭に立たねばならぬ。
今、核の恐ろしさに気づいた人も昔から知る人も、つながりあって核をなくさねばなりません。

ヒロシマでは、子ども、そして、直後は生き延びた若い女性の被害も大変でした。佐々木禎子さん、原爆ドーム保存のきっかけになったかじやまヒロ子さん。「黒い雨」の高丸矢須子。

わたくし、さとうしゅういちは、同年代の若い女性を襲った悲劇に心をえぐられるように痛みを感じたことが、「自身が広島選出の国会議員になりたい」と、東京から広島に大学卒業後移ったきっかけでした。

彼女たちの悲劇を今までの日本の政治家はどれだけうけとめ、政策に反映させただろうか?反映させていたら、フクシマもなかったでしょうが。

わたしは、自治労広島県職員連合労働組合支部で平和・反原発運動担当役員をしながら、ずっと憤ってきました。男女共同参画の市民活動にも取り組み始めたのもまさにここに原点があります。

杉並区出身の若手女性候補のすぐろさんに、わたしはヒロシマに始まった核被害をなくす先頭を託します。

核に頼らない社会を、長期的視点で提示するる緑の党、男女共同参画を進める先頭に立つ緑の党。

その全国比例区にふさわしいすぐろさんをわたくし、さとうしゅういちは予備選で推薦しました。

今後は、全国民のみなさんにすぐろさんを責任をもって推薦します。

緑の党・ひろしま共同代表
元杉並区民(3歳まで)
さとうしゅういち

さて、衆院選については、選択肢を提示できず、わたくし・さとうしゅういちからも、心からお詫び申し上げます。

参院選に向け、臥薪嘗胆、頑張ってまいります。

今回の第1回予備選は、会員による投票で、行われました。

すぐろさんは初めての公認候補です。

わたしには、すでに参院選用の後援会=資金管理団体・さとうしゅういちネットがあります。

いつでも、「参院選立候補臨戦態勢」にはあります。

しかし、予備選に出るかどうかは、情勢を吟味し、緑の党・ひろしまの三役と相談し機関決定します。参院選比例区は全国区です。

わたしが出ない場合は、みなさんにすぐろさん個人名か、緑の党の党名でお願いする形になります。

今後とも、さとうしゅういち、緑の党、そして「すぐろなお」さんをお願いします。
by hiroseto2004 | 2012-11-25 19:55 | 参院選2013 | Trackback
【宇都宮けんじさん「東電主要株主として脱原発・福島被災者支援に全力」】_e0094315_1727477.jpg

【宇都宮けんじさん「東電主要株主として脱原発・福島被災者支援に全力」】
今日の集会では、東京都知事予定候補の宇都宮けんじさんが挨拶。真っ先に支持表明をしてくれた、と緑の党に対してお礼。

市電や自転車が活躍し、再生可能エネルギー大国のドイツで自身が見た事例を引き合いに、ドイツのよいに影響力をもって欲しい、と期待を表明しました。

そして、東京都知事になれば、「東京都は東電主要株主であり、福島の電気は東京都が使ってきたのだから、福島の被災者に対して支援に全力を挙げる責任がある。また、柏崎刈羽原発は廃止を株主総会で提案する。東電の法的整理と発電と送電分離を進める。」と宣言しました。
by hiroseto2004 | 2012-11-25 17:27 | 選挙 | Trackback
25日、緑の党は日本教育会館で集会「talk&live脱フカイ・ユカイなモテ選挙」を行いました。

田中優さん、藤波心さんらと緑の党共同代表らとのトーク(バトル?)からスタートしました。

わずか、一年8ヶ月前、フクシマのことも忘れかかられている感もある総選挙。
原発しかたがない「フカイさん」役を高坂共同代表が演じます。

藤波さんも、「推進派は人を抱き込むのが得意。一方反対派も反対をいうだけという印象になっている。この状態が変わらない。」

これに対し、田中さんも、「脱原発では経済がだめになる、という相手の土俵に乗ってしまうことになる」と指摘。

「日本は省エネ技術も、スマートグリッドもITも世界一。ただ、既得権にがんじがらめになって動けないだけ。」
「ワクワクする未来のビジョンを作ったほうがいい。」と提案。
例えば、もっと古い民家を生かした方がローン地獄になるより賢い、などという意見が出ます。

「高度経済成長のときの観念を引きずって中国を競争相手と思い込んでいることも日本をおかしくしている。」
「産業を高付加価値に変えないといけない。ドイツはそうなっている。」
「成長から循環へ、観念を変えないといけない。」
などと議論は盛り上がりました。

その後、日本の高すぎる供託金に論点は移行。「現行制度は政党交付金をもらえる政党に有利になっている。」

さらに「石原さんやはしもとさんが何かをしてくれる」と期待するフカイさんに対して、「ヒーローが何かをしてくれる、と期待して失望することが繰り返されている。」
「一人一人が変わらないといけない。」
「つながるより群れる状態になっている。」
などと今の日本の政治の問題点を指摘しました。

最後に緑の党のビジョンについて、
「アメリカにお金を流したり、原子炉にお金を流すより、国内各地のエネルギー革命にお金を流したらいい。福井の場合も原発交付金は250億円。しかし、再生可能エネルギーなら5000億円経済効果がある。」
と田中さん。

長谷川共同代表からも「大飯町でも交付金でがんじがらめだったが、代替エネルギーについて勉強しようという人が出てきた。」などと紹介しました。

このあと、佐藤タイジ + 沼澤尚 + 中條卓さんによるライブが行われました。

演奏終了後、佐藤さんは、「選挙は人を選ぶのではなく、原発なら原発、経済なら経済、外交なら外交で、政策を選ぶ選挙んしたらいいのではないか?」と
提案。拍手を受けました。

緑の党は「国民投票」「住民投票」などの「直接民主制」を進めることも党是としています。
国民投票は、ファシズムの危険がある、と言う議論もある。
しかし、いまの社会では、政策立案能力はともかく「政策吟味能力」で、一般市民と議員にそんなに差があるとも思えません。
さらに、現状でも「議会制民主主義の形式を取った官僚や経団連、大労組幹部らごくごく一部の既得権益者による独裁政治」ではないでしょうか。
そんな日本の現状に、佐藤さんも怒りを共有してくださいました。

さらに、福島からは、中学生がスピーチをしてくださいました。福島の現状について、放射能汚染など、堂々と話してくださいました。
by hiroseto2004 | 2012-11-25 14:01 | 参院選2013 | Trackback
【talk&live脱フカイ・ユカイなモテ選挙】_e0094315_1295933.jpg

【talk&live脱フカイ・ユカイなモテ選挙】
今日は快晴。
緑の党のイベント。
この後、十三時から日本教育会館一ツ橋ホールです。
by hiroseto2004 | 2012-11-25 12:09 | 参院選2013 | Trackback
転送・転載歓迎です。

竪川河川敷公園の野宿者排除に関して、連日メールをお送りしていますが、
特に来週については多くの皆様に現地に駆けつけていただきたく、
現在の状況についてお知らせいたします。

ご存知のとおり竪川河川敷公園は現在、行政代執行手続きが進められています。
段階としては「弁明機会付与通知」「除却命令」「戒告書」が既に出されており、
戒告書の期限も19日に切れていることから、
最後の通知である「行政代執行令書」がいつ出されてもおかしくない状況です。

行政代執行そのものは、この令書が出てからでなければ行われる心配はありません。

しかし、江東区は除却命令、戒告書、いずれの文書のときも数十名もの職員と警察官という物々しい態勢で公園を訪れ、
数々の暴言・暴力をもって公布していきました。
そして、行政代執行の日がさらに迫ってきた今、以下の危険性が予想されることから来週以降の現地結集を呼びかけます。

<1>仲間たちの移転先テントへの妨害行為
竪川の仲間たちは行政代執行から小屋と暮らしを守るため、
現在の「多目的広場」から、行政代執行の対象外である「副提」と呼ばれる場所に引越しを進めています。
ところが、区は除却命令、戒告書、いずれの公布時も、
その大勢の人員でこの副提の移転先テントに対してまでも強引に警告書貼付を行っています。
この警告書は行政代執行手続きとは別物で、法的拘束力はありません。
ですが、江東区は次回も大人数でくることは明らかで、その際、機に乗じて法的手続きに依らない強制撤去、
あるいはフェンスで囲い込むなどの暴力的手段でこの移転を妨害してくる可能性があります。


<2>公園封鎖、ロックアウト

2010年9月宮下公園、2012年6月美竹公園での渋谷区による行政代執行は、その直前に突然公園をフェンスで封鎖し中で暮らしていた人たちや反対運動を行っていた人たちを排除したうえで行われるという卑劣極まりないものでした。
自治体は違えども、このような前例を見過ごすことはできません。
現に、美竹公園の代執行直前には渋谷区公園課職員が江東区役所に出向いて打ち合わせを行っている記録も存在します。
竪川河川敷公園も1月27日の強制的なフェンス設置を皮切りに、あちこちをフェンスや鋼板で囲まれ野宿者がその中に隔離されたような異様な状態で、江東区が渋谷区のようなロックアウトに踏み切ることも十分にありえます。

これまでの経緯を考えると、これ以外にも江東区はどんな酷い手段を使ってくるかわかりません。
ぜひ、多くの皆様の結集をお願いいたします。

◆11月26日(月)~11月30日(金)…状況によって変更あり。
◆朝8:30 竪川河川敷公園集合 …警戒は終日行いますので「これより早い時間に寄れるよ!」「8:30には間に合わないけど遅れて行けるよ!」「午後の少しの時間だけ顔出せるよ!」という人も大歓迎です。
◆竪川河川敷公園へのアクセス …JR総武線亀戸駅から明治通りを南へ5分または都営新宿線西大島駅から明治通りを北へ10分。高速道路の下に来たら、五の橋という橋があります。銀行側の入り口から公園内に入ってきてください。

連絡先
東京都台東区日本堤1ー25ー11山谷労働者福祉会館気付
TEL:03-3876-7073
E-mail:san-ya@sanpal.co.jp
E-mail(要望書の賛同はこちら):tatekawasando@yahoo.co.jp
Blog:http://m.webry.info/at/san-ya/index.htm

Twitter:@sanyadesu
by hiroseto2004 | 2012-11-25 07:53 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback