人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2013年 10月 16日 ( 2 )

「万国の労働者、休め!」緑の党グリーンズジャパン 労働問題キャンペーン

過労死がある社会は、持続可能な社会ではありません!

いまこそ、過労死防止基本法を!

http://www.stopkaroshi.net/law/law.html

過労死防止基本法とは

「1日8時間労働、週40時間労働」は今や世界の標準となっており、わが国でも労働基準法で定められていますが、十分に機能していません。

労働者は、いくら労働条件が厳しくても、会社にその改善を申し出るのは容易でありません。また、個別の企業が、労働条件を改善したいと思っても、厳しい企業間競争とグローバル経済の中、自社だけを改善するのは難しい面があります。

そこで、「過労死防止基本法」を定め、国が総合的な対策を行っていく必要があるのです。


◇私たちの求める過労死防止基本法

1. 過労死はあってはならないことを、国が宣言すること

2. 過労死をなくすための、国・自治体・事業主の責務を明確にすること

3. 国は、過労死に関する調査・研究を行うとともに、総合的な対策を行うこと


つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2013-10-16 21:26 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
広島ブログ


事件の概要は、認知症の父が線路に入り、列車にはねられ死亡。すると、JR東海から、損害賠償請求が遺族に来ました。そして、亡くなった父の責任能力は名古屋地裁の裁判官は否定しまいしたが、驚くべき事に、なんと、介護施設やヘルパーを利用しなかった過失があるという理由で。JR東海に対しては、事故を防ぐためにもっと努力ができなかったのか?駅員の削減などが響いていなかったのか?という疑問はある。裁判官は、もっと血が通った対応ができないのか?また、政治課題として、こういうことのリスクは社会でシェアすべきでないのか?そうでないと、認知症の親を見捨てた者勝ちになってしまいます。

<特集ワイド>認知症事故と損害賠償 介護現場に衝撃の判決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000008-maiall-soci&1381917265

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-10-16 21:16 | 介護・福祉・医療 | Trackback