人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 01月 30日 ( 5 )

e0094315_2049827.jpg

【国道2号線高架訴訟、被害認定拡大・・国は勇気ある撤退を! 】
広島市中心部の国道2号線の観音高架の騒音問題。住民や勤務者らがこれ以上高架を延伸しないことと、損害賠償を求めて国と市を訴えていた裁判の控訴審判決が昨日広島地裁でありました。
騒音の受認限度を引き下げ、沿道で勤務している人にも被害を認めました。一審では61人中36人だった損害賠償を認められた原告は、53人に拡大しました。
一方で差し止め請求については「道路が延伸されたとしても、住民の被害が拡大するとは認められない」却下しました。
現にある高架区間で被害が認められているのに差し止めをしないのは疑問ですが、被害認定対象を広げたのは前進です。
また、広島市は秋葉忠利前市長の時代に公共事業見直しを実施。橋下徹・大阪府知事(当時)のダムへの負担金拒否に数年先行した取り組みをしました。
市が国の事業に出す負担金を凍結し、松井市長も財政難の中、これを踏襲しています。
広島市内をはじめ各地で、信号機が倒れたり、橋のコンクリートが落ちたりする事件が相次いでいます。
もはや、新規に高架をつくるのは止めて、既存のインフラのメンテナンスに国も市もシフトすべきです。
by hiroseto2004 | 2014-01-30 20:49 | 環境・街づくり | Trackback
緑の党グリーンズジャパン共同代表選挙プロモーション(みどりチャンネル関西)です。
http://www.ustream.tv/recorded/43252168

12:25過ぎくらいからです!

大阪の野々上さん、兵庫の井奥さん、ありがとうございました!
by hiroseto2004 | 2014-01-30 18:58 | 緑の党・ひろしま | Trackback
宇都宮けんじ都知事候補の基本政策は、従来の55年体制下の「革新」(労働組合)とよりも、良い意味で、2009年民主党マニフェストに基本的には近いと、わたし自身は個人的には考えています。

「ライフスタイル中立」なセーフティネットの在り方です。
これについては、職業訓練の充実や公営住宅の増設、空き家の借り上げなどにみられます。
構造変化に対応した転職をしやすくする。職を失うと同時に家を失うような今までの仕組みを改める、ということです。

そして、子どもについては受ける教育について「親による差」が出ないよう、給付型奨学金をはじめ様々な施策を提案しています。
これについては、民主党の理念であった「チルドレンファースト」の考え方とも共通します。

日本のセーフティネットは、「企業主義」でした。

政治家や官僚が企業を保護し、企業が(男性)正社員に忠誠と引き換えに、セーフティネットを保証するという仕組みでしたが、それは右肩上がりが前提でした。その仕組みを経営側(自民党)と労働組合(革新)が支えてきたのがいわゆる55年体制でした。

しかし、「企業主義」は、これからは人口も右肩下がりです。ますますの経済環境の激変が予想されるこれからの時代にはふさわしくありません。国政での民主党政権の失敗は「脱企業主義」をも頓挫させたかに見えます。一部輸出企業と一部大手ゼネコンさえ良くなればすべてよし、という、古色蒼然たる自民党政治に逆戻りしています。

しかし、首都東京から脱企業主義のセーフティネットをぜひとも全国に広げていただきたいと思います。そうしないと、日本の未来はありませんよ!



by hiroseto2004 | 2014-01-30 18:48 | 細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を! | Trackback
「ヒロシマの心」とは何か?
人それぞれに差はありますが、要約して言えば、
「二度と核によってこのような思いをすることが無いようにしてほしい」
ということです。
そして、その目的を達するため
行政がきちんと反省したうえで、被爆者への補償を行う(被爆者援護法制定運動で国家補償を求めていたのはそのためです)
とともに、
核兵器を廃絶する。
ということを追求してきたのが、「ヒロシマの心」だったと思います。

フクシマにこれを当てはめるとどうなるか?
「二度と原発で被害を受ける人が出ないようにする」(脱被曝)
を原点に
「行政がきちんと反省したうえで、被災者への生活支援を行う」
「原発をなくす」
をセットで行うことがまさに「ヒロシマの心をフクシマに当てはめたバージョン」ではないでしょうか?

わたくし、さとうしゅういちは、脱被曝、被災者支援、脱原発を三位一体で訴える宇都宮けんじさんこそ、「ヒロシマの心」にふさわしい
都知事候補だと考えます。「庶民目線の脱原発」と言う意味でも「ヒロシマ庶民革命」をスローガンの一つとするわたくし・さとうしゅういちが全面的に応援したい候補者です。庶民派の弁護士である宇都宮さんなら、可能であると考えます。

もちろん、わたくしとは異なる立場の新自由主義の観点からも「原発は非効率だ」ということは成り立ちますし、そういう意味で小泉さんにも頑張っていただきたい。「国の存亡」という「国(お殿様)目線」での切り口での反原発論もありえるでしょう。その文脈で細川さんにも大いに頑張っていただきたいと思います。

細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を。そして都民以外はカンパを!
http://utsunomiyakenji.com/

都知事選では宇都宮けんじを支持します。宇都宮けんじの「希望のまち東京をつくる会」のホームページがリニューアル・オープン。連日ツイッターも発信中です。政策も、動向も、動画も満載! ぜひ、ご覧になってください。
公式サイト http://utsunomiyakenji.com/
公式ブログ http://utsu-ken.seesaa.net/
公式Twitter  http://twitter.com/utsunomiyakenji
公式facebook http://facebook.com/utsunomiyakenji
by hiroseto2004 | 2014-01-30 18:01 | 細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を! | Trackback
【原則なき妥協が身を滅ぼす】
連合が自民党の舛添都知事候補を支援したことは、自殺行為です。
原発推進を期待した電力総連の差し金ですが、ひどい話です。
自民党政府(厚生労働省)は、派遣労働の上限撤廃案を昨日決めました。正社員をどんどん派遣に置き換えて結構です、というわけで、連合としてもこれは困るでしょう。しかし、その連合がなんと、自民党の舛添さんを支援するのだから、あいた口がふさがらない。
大日本産業報国会ではありませんか?
わたしだって自分たちの政策を少しでも取り入れていただくため、日本共産党から日本維新の会まで幅広くお話しはさせていただいています。しかし、自分たちの原則を投げ捨てたら本末転倒です。
さらに「勝ち馬に乗って少しでもいい思いをしよう。」が本音だとすれば、さらにひどい。時には負ける側になっても、守るべきは守らなければ、余計に自民党を図に乗らせ、暴走させるだけです。
自分たちに与えられた役目を守らなければならない時があるのです。それを投げ捨てたら存在意義はなくなります。
良識ある組合は、連合を脱退すべきでしょう。
それにしても、無原則な妥協の末に、連合がついに存在意義を失ったいま、もう一度、労働者の声を届ける回路を作り直すしかありません。
by hiroseto2004 | 2014-01-30 03:41 | 細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を! | Trackback