人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 02月 16日 ( 6 )

【広島一区から四区まで駆け抜け「島根に負けるなエネルギー庶民革命!」訴える!】

わたくし、さとうしゅういちは、2月16日(日)、広島市安佐南区安佐南郵便局、西原駅前、東区スポーツセンター前、牛田旭フレスタ前、二葉の里イズミ前、広島駅新幹線口、「働く女性広島県集会」出席を挟んで、安芸郡府中町イオン前、サンリブ前、浜田二丁目、東区天神川駅前、南区広島駅前、中区八丁堀、県庁前、西区横川駅前の十五カ所を自転車で駆け抜け演説しました。
 写真: 【広島一区から四区まで駆け抜け「島根に負けるなエネルギー庶民革命!」訴えました!】
府中町など、安佐南区から遠い地区ほど、「自転車で安佐南区から参りました!」と叫ぶと多くの方々が振り向いてくださいました。
広島市の5つの区と、一つの町を回ったことになります。また、小学校時代の恩師の地元・府中町は今年初めての演説になりました。
さらに言えば、小選挙区の広島一区から四区まで駆け抜た形です。

 「島根県での『みどりのエネルギー条例』に広島も負けてはいられない。自分たちのエネルギーは自分たちでつくる広島、核の被害をださない世界の先頭にたつ広島、日本を!わたしが広島市長なら、来年の平和宣言から、核に頼らないエネルギーの先頭に広島が立つと宣言する。」と宣言し、演説をスタートさせました。

http://midori-eneren.com/

「庶民増税と大型事業ばらまきのセットの古い政治はもうやめようではないか?」
「世界でも異常に低い教育費公的支出などを充実させよう。」
「後先を考えないと、今の大人の老後や年輩者の社会福祉も危ない」
「公共事業はメンテナンス中心にしないと持続不可能だ。」
「上からばらまくのではなくみんなで話し合い、大事なことは住民投票も活用を」
などと訴えました。
また
「税金も庶民ばかりから取るのではなく、アメリカよりさえ甘い、お金持ちの資産所得への課税強化や、金融取引税も進めなければならない。」
と提案。
「このまま、自民党政治を続け、デトロイトのように破たんし、核のゴミだらけ、コンクリートの廃墟だらけ、庶民の税金ばかりが重い日本を残すのか?それとも、世界の先頭に立って核に頼らない社会をつくる日本、みんなで話し合い、分かち合う持続可能な日本をつくるかの瀬戸際だ。」などとボルテージを上げました。

そして、最後に「政治家の尻に火をつけないとだめだ。人間、給料が下がると尻に火が付くものだ。」
「国会、県会議員は給料半分、県会議員の公費海外出張廃止の庶民革命断行を!」と強調。

「島根に負けるな、エネルギー革命」「ナゴヤに負けるな庶民革命」と再度お訴えし、広島県民のみなさんの奮起をお願いしました。

「さとうしゅういち」と一緒に政治をつくりませんか? 
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima
e0094315_1085671.jpg

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ! 下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!


e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

by hiroseto2004 | 2014-02-16 22:19 | 政治フェス | Trackback

◎今を輝いて生きる為に「死」を視野に


第37回 三鷹 自分の死を考える集いのご案内


●テーマ 「自死で逝った父を思う」 

       田口まゆ 1973年山口県生まれ。名古屋の短大卒業後、東京の専門学校で学ぶ。

       2011年「NPO法人セレニティ~自死遺族への差別・偏見を失くす~」を立ち上げる。


●日時 2月23日(日)午後2時~4時


●会場 三鷹市市民協働センター 三鷹市下連雀4-14-23 http://www.collabo-mitaka.jp/index.php


●参加費 1000円


●申込み・連絡先 醤野良子 三鷹市下連雀 8-7-5-905 電話 0422-47-9384


以上


by hiroseto2004 | 2014-02-16 21:43 | 田口まゆさんを励ます | Trackback

ひさびさのブログ更新です

色々とバタバタしていたので、ブログ更新がすっかり滞ってしまいました・・・

これだけ更新しなかったのはブログを開設から初めてのことです。

申しわけありません。


しっかりと、生きております苦笑


この間、東京都知事選や、緑の党の第3回総会開催、

都内では2週連続での大雪、ソチオリンピック開催などなど・・・


たくさんのことが起こっていました。


2度目の都知事選に立候補された宇都宮先生やオリンピックで戦う選手を見て、

チャレンジすることやあきらめないことの素晴らしさを感じています。


何かを変えていく、変化を起こしてく、ということはとても大きなエネルギーが必要です。

何事も、自分が諦めたらそこで終わりです。


自死遺族の問題も、たった一人で声を上げ始めてから4年近く経ちました。


振り返ると、何度も何度も「もうダメかな、ここまでかな」と思うことだらけでした。

それでも、「いや、でももう少し頑張ってみよう」

と次の日になったら思っている自分がいました。


そう思って少しづつですが継続していくうちに

たくさんの方が応援して下さり支えて下さるようになり、現在に至ります。


まだまだですがそれでも、活動を始めて当初の頃よりは

たくさんの方を巻き込むことが出来始めて、

それは嬉しいことでもありますが、

現実に時々怖くなることもあります。


自分の想いが上手く伝わらず、

家族や身近な人に理解されないこともあります。

それはとても辛く悲しいことでもありますが

近い関係ほど難しいなと思うこともしばしばです。


それでも自分が選んで信じた道です。

今の自分に出来ることを、地道にやっていくだけです。


友人が

「まゆさんにとって必ずいちばんベストな場所に運んでくれますよ」

というメールをくれました。


いつも支えてくれる、みなさん、本当にありがとう。


by hiroseto2004 | 2014-02-16 21:42 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
e0094315_1318088.jpg

【第57回はたらく女性の広島県集会】
演説終了後、広島駅新幹線口近くのロードビルで「第57回はたらく女性の広島県集会」に参加しました。
事務局からの報告や行動提案ののち「ブラック企業にご用心」というDVDを視聴しました。

ワタミでの過労自殺。ウェザーニュースでの組合つぶしなど、ブラック企業の手口が良くわかる内容のビデオです。

つづいて、フロアからの発言が相次ぎました。



つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2014-02-16 13:18 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
e0094315_13171617.jpg

【島根に負けるなエネルギー庶民革命!ストップ!デトロイト化。ナゴヤに負けるな庶民革命。】
わたくし、さとうしゅういちは広島市安佐南区安佐南郵便局前、西原駅前、東区不動院前、東区スポーツセンター前、牛田旭フレスタ前、二葉の里イズミ前、新幹線口前で街頭演説。
「島根県での【みどりのエネルギー条例】に広島も負けてはいられない。自分たちのエネルギーは自分たちでつくる広島、核の被害をださない世界の先頭にたつ広島、日本を!」
「庶民増税と大型事業ばらまきのセットの古い政治をやめよう」「世界でも異常に低い教育費公的支出などを見直さないと大人の老後も年輩者の社会福祉も危ない」「公共事業はメンテナンス中心にしないと危ない」「上からばらまくのではなくみんなで話し合い、大事なことは住民投票も活用を」などと訴えました。最後に「政治家の尻に火をつけないとだめだ」「国会、県会議員は給料半分、県会議員の公費海外出張廃止の庶民革命断行を!」と強調。「島根に負けるな、エネルギー革命」「ナゴヤに負けるな庶民革命」と訴え、広島県民のみなさんの奮起をお願いしました。
by hiroseto2004 | 2014-02-16 13:17 | 政治フェス | Trackback

【湿った雪の恐ろしさ】

【湿った雪の恐ろしさ】
関東方面で雪がたくさん残っている皆さん、お気をつけください。
わたくし、さとうしゅういちも、広島県山間部の行政を担当した時代に、一メートルを超えるような雪はよく見ました。ただ、日本海側からの吹き抜けた雲による雪で、比較的乾いていました。
今回の関東方面の大雪は湿った雪。同じ積雪でも、重いしべとべととくっつきます。
確かに「関東地方は大したことがない雪で騒ぎになる」という雪国の方のご意見もよく目にはします。
しかし、雪国の乾いた雪ではなく、湿った雪で一メートル前後となると相当怖いでしょう。
もちろん、雪国でも、若い人が消え、除雪が不可能という地域も増え、大変さは増しています。
地域ごとに、また、ケースバイケースで雪災害でも大変さは違うと思います。
by hiroseto2004 | 2014-02-16 08:34 | 歳時記 | Trackback