人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 03月 01日 ( 5 )

 後記の論文「ヒロシマの歩みと今後---平和教育を中心に--- 」は、わたくし、さとうしゅういちが、1996年10月、当時所属していた「東京大学行政機構研究会」の論文集に寄稿したものです。

「「ヒロシマから世界を変える」という思いは、当時から全くのぶれがなかったのだ」と自ら読み返して、感じました。

平和教育もじつは、「反戦教育」ばかりではいけないのです。むしろ「構造的な暴力」と闘うこと、すなわち、戦争が単にないのが「平和」ではなく、貧困、飢餓などから、自由で尊 厳を保って生活できるということが「平和」であるということです。
 そして、「学習過程としての平和教育」子どもたちの主体性を重視し、 柔軟さ、寛容さ、批判精神を養う。これは、歴史上、全体主義が多くの場合、戦争に 導いていった要因であるということが念頭にあります。そして、生活スタイル運動としての平和教育です。

わたくし・さとうしゅういちが、いま、党活動の中で一番重視する労働問題への取り組みは、構造的暴力と闘う「平和」を希求する活動でもあります。
参加民主主義は「学習過程としての平和教育」に通じます。そして持続可能性は、生活スタイルとしての平和教育です。

緑の党グリーンズジャパンは、そういう意味で、平和教育や「ヒロシマの心」のあるべき姿をその理念において体現し、提案している政党です。

わたくし、さとうしゅういちが、民主党などを経て最終的には緑の党に参加したのは歴史的必然であったと、18年前の論文を読み返し、実感しました。


ヒロシマの歩みと今後---平和教育を中心に---

    佐藤周一(さとうしゅういち)1996年10月 東京大学行政機構研究会論文集に寄稿



つづきはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2014-03-01 23:47 | 反核・平和 | Trackback

 

2014/03/01

  【声明】過酷な福島原発事故から3年―無責任な原発再稼働ではなく、
       真摯な被害者救済とエネルギー政策の転換

2014年3月1日 
緑の党グリーンズジャパン 運営委員会

 2011年3月の東電福島原発震災からまもなく3年を迎えます。
 原発事故は、広い地域を放射能で汚染し、事故が無ければ救えた多くの命、人々の住まいや仕事を奪い、家族や地域を分断しました。被災者は放射能汚染による被ばくや見通しの立たない将来への不安を抱えた生活を余儀なくされ、事故の影響は全国に広がり、精神的にも経済的にも取り返しのつかない被害を多くの市民に与えました。
 こうした甚大な被害を目の前にして、「脱原発」の声は高まり、「再稼働反対」の声はあらゆる世論調査で多数を占め、私たちは事故後3年を「原発稼働ゼロ」の状況で迎えています。これは、脱原発を求めてきた多くの市民の取り組みの成果であると同時に、被災した人々の苦難と犠牲の産物でもあります。

 しかし、安倍政権は原発再稼働や海外輸出を目論み、電力会社も原発メーカーも政府も未だに誰ひとりとして責任を問われず、被害者たちに痛みを押しつけています。私たちはこれを決して容認できません。福島原発の深刻な状況は今も続き、その対応や除染、賠償や補償のために莫大な税金・資金が投入されています。事故収束や除染・復興資金には、原発利権に群がって不当な利益を得てきた電力会社やメーカーなどの資産がまず充てられなければなりません。そして、政府は再稼働を断念し、脱原発の「エネルギー基本計画」を策定するとともに、被害者が抱える深刻な状況の解決のため、あらゆる政策資源を投入しなければなりません。

 もはやこれ以上、問題の長期化や猶予は許されません。私たちは、これまでの社会や経済のあり方を根本から問い直し、持続可能で公正な社会をめざしながら、今後も国内外のさまざまなグループや市民と連携し、被害者への支援と救済、脱原発とエネルギー政策の転換に引き続き全力で取り組むことを決意します。

「さとうしゅういち」と一緒に新しい政治をつくりませんか?

 
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima 

【声明】過酷な福島原発事故から3年―無責任な原発再稼働ではなく、真摯な被害者救済とエネルギー政策の転換を_e0094315_1085671.jpg

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ! 下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!


【声明】過酷な福島原発事故から3年―無責任な原発再稼働ではなく、真摯な被害者救済とエネルギー政策の転換を_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

by hiroseto2004 | 2014-03-01 20:07 | 緑の党・ひろしま | Trackback
【エソールひろしま大学専科】_e0094315_18243448.jpg

【エソールひろしま大学専科】
エソールひろしま大学専科。
本日3月1日の講義はNPO法人多文化共生ひろしまの小川順子さんでした!

「シニアの知恵」「異業種・異文化・異年齢」が大事ということが印象に残りました。
by hiroseto2004 | 2014-03-01 18:24 | ジェンダー・人権 | Trackback
写真: 行事のご案内です。ビハ-ラ長野主催 第71回死に/死を学ぶ会です。今回は、「自死をめぐる課題から考える」をテーマに、自死遺族NPOセレニティー代表田口 まゆさん(みどりの党)を講師にお迎えし、いのちについて皆さんと考えたいと思います。是非是非、ご参加ください。お待ちしております。
○日時 2014年3月13日(木)午後18時30分〜
○会場 おてらの木(長野駅前)
○参加費 ¥1,000-(ケーキ・飲み物付)
※募集20名程度、先着順で受け付けます。行事のご案内です。ビハ-ラ長野主催 第71回死に/死を学ぶ会です。今回
「自死をめぐる課題から考える」をテーマに、自死遺族NPOセレニティー代表田口 まゆさん(緑の党)を講師にお迎えし、いのちについて皆さんと考えたいと思います。是非是非、ご参加ください。お待ちしております。
○日時 2014年3月13日(木)午後18時30分〜
○会場 おてらの木(長野駅前)
○参加費 ¥1,000-(ケーキ・飲み物付)
※募集20名程度、先着順で受け付けます。

by hiroseto2004 | 2014-03-01 17:26 | 田口まゆさんを励ます | Trackback

【今度こそ!緑の党・グリーンズジャパン共同代表選挙に再挑戦します】
わたくし・さとうしゅういちは、2014年2月27日公示されました「緑の党グリーンズジャパン共同代表選挙」に立候補する方向性を固めました。
 前回2014年2月8日・9日の総会で実施された選挙に続く「再チャレンジ」です。
前回の共同代表は、4月までのいわば「暫定的」なものでしたが、今回は規約改定後の新体制の下での初めての選挙です。前回ご支援いただいた方には心からお礼申し上げます。前回は力不足で期待に応えられなかったことをお詫びいたします。

 前回の選挙時に、会員から質問への答弁として「何度でも挑戦する」と申し上げており、自らの言葉を実行するのみです。政治家として、よほどのことがない限り、自分の言葉を実行しなければ無責任と考えます。

 今回の選挙から、立候補にあたっては、会員20名の推薦人をいただかなければなりません。どうぞ、ご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

緑の党・会員の方で、推薦人になってくださる方は、hiroseto2004(at)yahoo.co.jpか、FBでsatoh.shuichiまでご連絡ください。ともに新しい緑の党をつくりましょう!
なお、今回の選挙では会員=有権者は4人の候補者までを推薦することができます。
会員の皆様にもお願いです。ぜひ、定員を超える候補者が出るような状況にし、論戦を盛り上げていこうではありませんか?


フツーのサラリーマン兼政党代表を今度こそ!日本の民主主義を前に。

欧州では、サラリーマンの20代女性が与党党首になり(デンマーク)、30代の郵便局員が大統領の有力候補(フランス)になっています。お隣の韓国でも、大統領選挙の候補者のうち2名がフツーの女性労働者です。日本もそれくらいにならなければ、本当の民主主義とは言えないのではないでしょうか?わたくし・さとうしゅういちは、こんな思いで、普段はフツーに会社で働きながら、休日には広島市内ほぼ全域を自転車や徒歩でくまなく回り、街頭演説や有権者との対話を実施。男女共同参画、広島の街づくりなどの市民活動に参加しています。

フツーのサラリーマン兼共同代表を実現し、有権者の中でも多数派である「フツーの労働者」に勇気を与え、真の民主主義国へと、日本を変える先頭に立とうはありませんか?

「誰もが置きざりにされない」党運営を!知恵と力を活かしきる。

志を持って、緑の党に入党いただきながら、諸事情により活動参加が難しい会員の方も多くおられます。また、サポーターや党外支持者の方は、より緑の党を客観的に見ておられるといえます。こうした皆さんの声の中にこそ、実は、緑の党躍進、ひいては、フツーの市民の政治参加への知恵が詰まっているのではないでしょうか?各地に足を運び、皆様の実態や思いを伺い、生かしてまいります。「誰もが置きざりにされない」党運営で、一人一人の知恵と力を活かそうではありませんか?

排除すべきは排除の論理のみ!「ヒロシマから世界を変える」対話と共同。
 わたくし・さとうしゅういちは、「核の被害にあう人をこれ以上出してはならぬ」という「ヒロシマの心」を第一に、イデオロギー問わず既成政党の議員を含む幅広い方々と、個人として対話や交流を心掛けております。緑の党は「市民がつくった政党」です。統一地方選挙や次期国政選挙も視野に「排除すべきは排除の論理のみ」で、幅広いみなさんと「同じ人間」として対話や交流、共同を進め、わたしたちの志を実現していこうではありませんか? 


ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ、そしてチェルノブイリ、そしてフクシマを繰り返さない。

「さとうしゅういち」と一緒に新しい政治をつくりませんか? 
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima
【今度こそ!緑の党・グリーンズジャパン共同代表選挙に再挑戦します】_e0094315_1085671.jpg

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ! 下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!


【今度こそ!緑の党・グリーンズジャパン共同代表選挙に再挑戦します】_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

by hiroseto2004 | 2014-03-01 07:17 | 緑の党・ひろしま | Trackback