人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 03月 06日 ( 6 )

病院・跡地利用・・大事な事は住民投票で。新しい看板で「ヒロシマ庶民革命」訴える_e0094315_19494832.jpg

【大事な事は住民投票で。ヒロシマから世界を変える。・・新しい看板で初街宣】
わたくし・さとうしゅういちは、3月6日(木)、緑井天満屋前で街頭演説を実施しました。
3月11日(火)十八時半原爆ドーム前出発の脱原発デモ参加を呼びかけました。
そして、「3年たっても、原発事故は収束のめどがたたず、多くの人が避難をしているが、一方で3年しかたっていないのに、風化していないか?」と問いかけました。そして、東日本大震災被災地の市町村長の多くが、東京五輪の準備で被災地がおろそかになることを懸念しているというアンケート調査結果を紹介。「まず、被災者支援とこれ以上核による被害を繰り返させないことが政治の責務だ。」と訴えました。

そして、ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ、チェルノブイリ、フクシマ・・につぐ核の被害をこれ以上出さない世界を作る先頭に広島が立たねばならない、ヒロシマから世界を変えよう、と提案しました。

後半では地方自治について訴えました。「広島市政を前に進めるため、住民投票で安佐市民病院問題や市民球場跡地利用、サッカースタジアム問題などで活用しよう」と訴えました。そして、「緑の党が5%以上の署名で住民投票を義務づける地方自治法改正を提案している」と紹介。
さらに「政治家も役人もあなた方ひとりひとりが雇い主だ。」「皆さんも会社で迷ったことがあれば上司に相談するでしょう?」「市長や市議は迷ったら、先送りしたり、自分らだけで問題を抱え込んだりせず、議論の上で住民投票に諮ったらいい。」と提案しました。

本日から「ヒロシマから世界を変える」「大事なことは住民投票で。」という新しい看板が登場しました!
みなさま、よろしくお願いします!
by hiroseto2004 | 2014-03-06 19:49 | 政治フェス | Trackback
3月1日(土)豊島公会堂で開催された「被害者証言集会」の動画はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=x4n14TcK79U (UPLANの映像、2時間20分)
by hiroseto2004 | 2014-03-06 18:02 | 東日本大震災 | Trackback
【三年もたったが終わりが見えない。なのに、三年しかたっていないのに忘れられていないか?】
もうすぐ3月11日がやってきます。
三年もたったが、まだ現在進行形の震災・原発事故。にもかかわらず、三年しかたっていないのに、まるで忘れられたかのよう。オリンピックの影響で被災地首長も、復旧の遅れを懸念していますが、日本全体としてどこまでそうした懸念を共有できるでしょうか?問われなければなりません。
by hiroseto2004 | 2014-03-06 17:10 | 東日本大震災 | Trackback

有権者、生活者として賢くなる教育。
これがないと、たとえ、風が吹いて一時的に野党が政権に就くようなことがあったとしても、
たとえば、わたくしたち・緑の党がめざす社会(参加民主主義も含む)もなかなか実現は難しいものがあるのではないでしょうか?

平和教育では「学習過程としての平和教育」があります。

ヒロシマの歩みと今後---平和教育を中心に---
http://hiroseto.exblog.jp/21738641/
「第三に、「学習過程としての平和教育」である。

ここでは、教える内容より形式を重視する。すなわち、子供たちの主体性を重視し、 柔軟さ、寛容さ、批判精神を養う。これは、歴史上、全体主義が多くの場合、戦争に 導いていった要因であるということが念頭にある。」

主体性の一方で、他人への柔軟性・寛容さと、権威に対する批判精神双方を養うということが必要ですね。

 フツーの労働者による労働組合運動や政治参加が欧米で盛んな一方、日本人がなかなか参加しない、ということの根底
にもこのあたりの問題があると思います。

たとえば「家庭科」「公民」の教科書でも、それに類することが(生活者、有権者としての心構え)を学べることは学べます。

わたしは、こうしたことから、「家庭科」をセンター試験必須科目に、ということを昨年の参院選(予備選挙)の公約としました。
【2013参院選への決意】家庭科教育の充実(センター試験に家庭科を必須科目とする)
http://hiroseto.exblog.jp/19926478/

2016年参院選・広島県選挙区においても、引き続きこれは公約として残しています。
次期参院選(広島県選挙区)/広島市長選挙/広島県知事選挙を前に提言します(随時更新)http://hiroseto.exblog.jp/21408433/

 なお、教材には基本的な教科書だけでなく、「ナニワ金融道」などを使ったらいいかもしれません。ある方からご提案いただきました。
あとは、宇都宮健児さんの「わるいやつら」とかもいいでしょう。


「さとうしゅういち」と一緒に新しい政治をつくりませんか?
 
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima






有権者・生活者としての教育_e0094315_1085671.jpg

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ! 下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!


有権者・生活者としての教育_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

by hiroseto2004 | 2014-03-06 08:34 | 教育 | Trackback
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  福島原発事故から3年 拡大する被害
   今、福島で何が起きているのか?
   これでも罪は問えないのですか!
 
●日時:2014年3月11日(火)15:00~17:00
●場所:広島市まちづくり市民交流プラザ研修室C
●講師:中路良一さん(福島原発告訴団役員、福島県教組)
●資料代:500円
 
東日本大震災とそれに伴う福島第一原発事故から3年目を迎えようとしています。
復興が叫ばれる中、福島第一原発事故は収束するどころか被害は拡大するばかりです。
高濃度の汚染水の漏洩や冷却システムがストップする事故など、信じられない事態が
続いています。

事故から3年が経った今も、誰一人として刑事責任は問われていません。
福島原発告訴団は、東京電力福島第一原子力発� EE=j$N;v8N$K$h$jHo32$r
構成し、原発事故を起こし被害を拡大した責任者たちの刑事裁判を求め、福島地方検
察庁へ告訴を行いました。しかし、福島地検は東京地検に移送し、東京地検は「不起訴」
という不当な処分を下しました。そこで、現在、検察審査会への申立を行っています。
さらに、福島原発告訴団では、新たに汚染水放出についての告訴を福島県警に提出しています。
 
今も放射能が放出されつづけ、被害が拡大されているにも関わらず、日本政府は、
避難している福島県民を帰還させようとしています。
今、福島で何が起きているのか?
現地の声に、ご一緒に耳を傾けてみませんか。
 
主催:福島原発告訴団・中四国
お問い合わせ:090-7540-0332(おおつき)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
福島原発告訴団 「被害者証言集会」 アピール
 
春の弥生のついたち
その暖かさは しばしの間地面からの放射線を遮って� $$?@c$r$H$+$7$^$9
まだ寒そうな裸の樹に今年も食べられないかも知れない 小さな山菜の芽を見つけます
かけがえのない喜びが 悲しみに変わって 3 年が経ちます
 
原発事故は終わっていません 被害は拡大の一途です
 
過酷を極める被曝労働
間違えて少なく計算されていた汚染水の放射能濃度
田畑に 道沿いに累々と山積みされる あるいは家の庭に埋められる除染の放射性廃棄物
帰還政策の中で 避難先から元の場所の学校にバスで通う子どもたち
発見されつづける甲状腺癌 聞こえてくる健康被害
矛盾の中で危機にさらされる第一次産業
先の見えない避難生活にため込まざるを得ないストレス
 
証言者たちのことばの中に報道されない現実が溢れています
しかし 被害者たちの声をかき消そうと 襲いかかるような勢いで
新たな放射能安全キャンペーンが流布されています
帰還政策が強引に進められています
被害が無視され 必要な� _:Q$,$5$l$^$;$s
人々は疲れ果て 物言えぬ民にされています
 
何度でも思いだそう
わたしたちは被害者だ
理不尽な被害にあった者たちだ
 
疲れ果てた心にそう思い続けることはどんなにたいへんなことか
 
でも わたしたちは選ばない
復興と言う祭りに踊らされ
秘密保護と言う目隠しをされ
不当なリスクまで受け入れ黙って生きる道は選ばない
私たちの告訴は検察により全員不起訴になりました
 
今 人知れず 11 人の東京都民による検察審査会が開かれています
このような事故を二度と繰り返さないために
誰かの犠牲を強いる社会を変えるために
 
責任を負うべき人々には 民主主義のしくみの中で過ちを償って欲しいのです
甚大な被害を前に誰の責任も問われないことの理不尽さを
真実が明らかにされないままこの事故を終わりにさせてはいけないことを
この原発事故が人類の在り方を問われていることを
わた� 7$?$A$OAJ$(B3$1$F9T$-$^$7$g$&
 
2014 年 3 月 1 日
「被害者証言集会」 参加者一同
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「フクシマを忘れない!さようなら原発 ヒロシマ集会」
 
●日 時    3月11日(火) 午後6時から
                 午後6時半 デモ出発                 
●場 所    
        広島市 原爆ドーム前  
●内 容    
        開会あいさつ     
        呼びかけ人のあいさつ
        福島からの訴え
         中路良一さん(福島県教組、福島原発告訴団)
         3・11ヒロシマ・アピール文採択
        デモ行進~中国電力本社前へ
        「島根原発廃炉、上関原発建設計画白紙撤回を求める」申し入れ行動)
                � !!!!!!!!!!
●主 催    
「フクシマを忘れない!さようなら原発 ヒロシマ集会」実行委員会
連絡先(藤本)082-503-5855 090-5708-0117
 
さようなら原発1000万人アクション ホームページ 
http://sayonara-nukes.org/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
フクシマを忘れない!さようなら原発 ヒロシマ集会

呼びかけ文
 
 東日本大震災・福島原発事故から3年が経とうとしています。
いまだに原発事故の収束するめどはたたず、15万人を超える
避難者をはじめ多くの被災者が暮らしや健康、そして将来など
の不安を抱えることを余儀なくされる現状にあります。しかし、
自民党安倍政権は何の反省もなく、「エネルギー基本計画」か
ら原発ゼロ目標を放棄し、原発推進に大きく舵を切りました。
 原発の事故で私たちは多くのものを失い、そして未来に対し
て大きな負債を抱えてしまったのです。� &86H/$7$+;d$?$A$NA*
択はないのです。安倍政権の原発推進の暴走をくい止め、福島
の現状と未来を希望あるものとするために、忘れることなく、
くじけることなく、原発NO!の声を上げていかなければなりません。
 全国的に巻き起こった脱原発運動によって、現在稼働してい
る原発はゼロとなっています。これこそ市民の希望の反映です。
日本の原発の「安全神話」が完全に崩れ去った今、原子力発電
という既に“終わった技術”を維持・推進するのは、政府や電
力会社など一部の都合でしかありません。政府に再稼働を断念
させ、原発のない未来を一日でも早く実現させていきましょう。
 福島原発事故は決して過去の出来事ではなく、現在も事故の
収束はおろか放射能も海に空に、そして大地にまきちらされ続
けています。フクシマは決して終わっていません。フクシマを
忘れず、フクシマに連帯し、脱原発を求めていくため、
3月11日に「フクシマを忘れない!さようなら原発 ヒロシ
マ集会」を開催します。被爆地ヒロシ� %^$+$i!"A4$F$N86H/$r$J
くすため、大きなNO!の声を上げましょう。
 みなさん、3月11日は原爆ドーム前に、ぜひ多数のご参加を!
                             
2014年2月
                   呼びかけ人
                     坪井  直
                     森瀧 春子
                     山田 延廣
                     岡田 和樹
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by hiroseto2004 | 2014-03-06 08:28 | 東日本大震災 | Trackback
【啓蟄。まだまだ冬の悪あがきです!】_e0094315_7304498.jpg

【啓蟄。まだまだ冬の悪あがき】
おはようございます。
今日は啓蟄。冷え込みましたね。
広島市安佐南区は、晴れていますが、雨がぱらついている変な天候です。
寒さにお気をつけてくださいませ。
また、十九時ころから安佐南区緑井天満屋前で街頭演説の予定です。よろしくお願いします!
by hiroseto2004 | 2014-03-06 07:30 | 歳時記 | Trackback