人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 03月 24日 ( 2 )

【亡国・新自由主義のトロイの木馬としてのハコモノ行政復活】
自民党政権になり、伝統的なハコモノ行政が復活しましたね。
消費税も、結局は実質的には(カネに色はついていない)ハコモノばらまきへ。
ただ、昔のハコモノは、日本国内にお金が一応回りました。

しかし、いまや、東日本大震災復旧や既存インフラの対応だけで日本の建設業は精一杯。

これ以上は、外国の企業や労働者、資材に頼ることになります。

すると、その分、お金は海外に流出します。

国民の税金が国内ではなく海外へ。

思うような景気刺激効果は得られず、消費税増税による経済冷え込みだけが残ります。

そして、ハコモノのメンテナンス費用がさらにかかり、財政を圧迫。

それを口実に新自由主義的な社会保障カットを招くでしょう。

いい加減にやめましょうよ。古い政治。
by hiroseto2004 | 2014-03-24 18:46 | 経済・財政・金融 | Trackback
[転送・転載歓迎/重複失礼]

憲法9条と衆参両院の国会決議に基づき、半世紀近くにわたって「死の商
人にはならない」とのメッセージを発してきた武器禁輸原則が、遂に葬り
去られようとしています。25日(火)の与党プロジェクトチーム会合で与
党了承がはかられ、28日(金)にも閣議決定が強行されようとしています。

この瀬戸際の局面で、以前から、武器輸出三原則について研究、発言を続
けてこられている青井未帆さんを招いて、緊急院内集会を行います。ぜひ
ご参加ください。お知り合いの国会議員にもお声かけください。周りの方
々にも広めていただけると助かります。

<ツイッター用>
拡散希望!【緊急院内集会】「武器輸出三原則を捨てて、日本はどこへ行
くのか」3月26日(水)16時~18時、参議院議員会館B104(永田町駅)、
講演「武器輸出三原則を撤廃してはならない理由」青井未帆さん(学習院
大学)、発言:国会議員・市民、500円、主催:秘密保護法を考える市民の会

<引き続き、公明党のキーパーソンに要請を集中してください!>
3/28にも閣議決定へ【公明議員にFAXを】STOP!武器輸出国
http://datsugenpatsu.sblo.jp/article/90446557.html

---------------------------------

【緊急院内集会】

武器輸出三原則を捨てて、日本はどこへ行くのか

日時: 3月26日(水)16時~18時(15時30分から通行証を配布します)
     
会場:参議院議員会館 B104会議室
     (最寄駅:東京メトロ・永田町、国会議事堂前)
     
講演:「武器輸出三原則を撤廃してはならない理由」
        青井未帆さん(学習院大学 法務研究科教授)
        
   ※憲法学者。主な研究テーマは憲法上の権利の司法的救済、憲法
    9条論。著書に『憲法を守るのは誰か』(幻冬社ルネッサンス新
    書)、共著に『改憲の何が問題か』(岩波書店)など。

発言:国会議員、市民から     

資料代:500円

 安倍政権は、「武器輸出禁止三原則」を撤廃し、新たな「防衛装備移転
三原則」を3月中にも閣議決定しようとしています。「原則禁止」から
「原則可能」への大転換です。半世紀近くにわたって、「日本は死の商人
にならない」とのメッセージを伝えてきた武器輸出禁止政策がついに終わ
りを告げようとしています。

 しかし、世論調査では、武器輸出三原則の撤廃に反対するとの回答は、
実に7割近くに達しています。「国是」とも言われ、憲法9条や国会決議に
基づいて維持されてきた重要な平和原則を、閉ざされた与党協議と閣議決
定のみで撤廃していいのでしょうか。

 武器輸出三原則の歴史的意義と現状をどう見ればいいのか。その撤廃に
よって、何が企てられているのか。そして、性急な撤廃の動きを食い止め
るために、何ができるのか。青井未帆さんの講演を受けて、しっかり討論
したいと思います。ぜひお誘い合わせのうえご参加ください。

主催:秘密保護法を考える市民の会
   東京都新宿区下宮比町3-12-302  
   TEL:03-5225-7213
   E-mail: XLA07655(アット)nifty.com
       ※(アット)を@に変えてください。
   http://stophimitsu.cocolog-nifty.com/
   問い合わせ先  090-6185-4407(杉原)

-------------------------------

【参考情報】
武器輸出実績を定期公表へ 政府、三原則見直しで(3月23日、中日)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014032301001770.html

自公 武器輸出新原則巡り詰めの調整へ(3月23日、NHK、動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140323/k10013168861000.html

<特集まるごと> NHKニュースウォッチ9(3月13日)
「武器輸出三原則 見直しへ」
http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2014/03/0313.html

特集ワイド:今さらですが 
武器輸出三原則 共同開発、供与…進む緩和 「平和主義」守れるか
(1月31日、毎日夕刊)
http://web-kenpou.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-22fe.html

武器輸出三原則を考える
(青井未帆/信州大学法学論集、2005年)
https://soar-ir.shinshu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10091/3858/1/shinshu_law_review05_01.pdf

<3月21日(金)の毎日新聞もぜひご一読を>
【論点】武器輸出三原則見直し:
青井未帆(学習院大学)「平和国家理念 大きく転換」
 VS 岩屋毅(自民党安全保障調査会長)「安全保障協力の支障解消」

<武器輸出派の本音が全開の新刊>
『武器輸出三原則はどうして見直されたのか』(森本敏編著、海竜社)
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1353-6.html
※折木良一(前統合幕僚長)、西山淳一(元三菱重工)、秋山義孝(前防
衛省技術研究本部長)、村山裕三(同志社大)、ケビン・メアら「日米軍産
学複合体」のコアメンバーによる座談記録。
by hiroseto2004 | 2014-03-24 06:52 | 憲法 | Trackback