人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 03月 28日 ( 7 )

【身に覚えのない事件で逮捕されたら書類にサインしてはいけない・・・袴田さん釈放で訴え】

わたくし・さとうしゅういちは、3月28日(金)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
48年間獄中にあった袴田巌さんが、ようやく昨日、解放されたことを軸に訴えました。

「刑事訴訟法では『基本的人権を全うし』と書いてある。基本的人権を無視した取り調べで、結局袴田さんは48年間獄中に閉じこめられた。さらには、真犯人が存命かどうかも疑わしい時代になり、真相解明も難しくなってしまった。」と訴えました。

第1条
: この法律は、刑事事件につき、: 公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ、: 事案の真相を明らかにし、: 刑罰法令を適正且つ迅速に適用実現することを目的とする。

そして、
「裁判官のひとりは、実は、無罪を確信しながら、同僚に言われて、やむを得ず死刑判決を書いてしまった。」
ことを紹介。

熊本典道元判事のブログ
http://kumamoto.yoka-yoka.jp/

「その熊本裁判官は、そのことを告白し過ちを認めただけでもまだ良かったと思う。」
とした上で、
「しかしながら、袴田さんが失った時間は帰ってこない。」
「司法試験に受かった優秀な方が集まっても、このように修正が効かないことがある」
「袴田さんの事件では、ノーアウト満塁で、三者連続三振を喫したような話だ。」と指摘しました。

そして、「行政があてにならない、政治家もあてにならないなか、確かに司法が最後の砦ではある。」
「たとえば、原発を止めるため、函館市が裁判を起こすことを市議会の全会一致で決めた。これだけ、政治や行政が原子力どっぷり、というありさまであれば、確かに市民の命や安全を守るため司法を活用しなければならない状態にはある。」と大間原発や伊方原発、原発輸出メーカー訴訟に言及しました。
「しかし、一方で、いくら司法試験を受かった優秀な方でも間違いはある。」
「マスコミも国民も誰かが逮捕されても、一斉に叩いたりせず、一歩引いて冷静に見る必要がある。」
「絶対に間違いがないというなら大岡越前や遠山の金さんの時代と一緒だ。」と指摘。
「しかし、現実に優秀な方でも間違えるから民主主義だ。例えば最高裁判事を国民は罷免できる。」
「裁判官や検察官が誤りに気づいて引き返す場合にはむしろ勇気を誉めることもいいと思う」とし、最後に「身に覚えのない事件で逮捕された時は、刑事さんや検事さんがプリントアウトした書類にサインをしてはいけない。」などと呼びかけました。

袴田巌さんの再審を求める会
http://hakamada-saishin.org/

「さとうしゅういち」と一緒に新しい政治をつくりませんか? 
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ! 下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!


【身に覚えのない事件で逮捕されたら書類にサインしてはいけない・・袴田さん釈放で】_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



by hiroseto2004 | 2014-03-28 19:55 | 政治フェス | Trackback
ビハーラ長野主催の第71回「死に/を学ぶ会」でお話させて頂きました
http://ameblo.jp/mira1105/entry-11803403535.html


by hiroseto2004 | 2014-03-28 18:20 | 田口まゆさんを励ます | Trackback

自分の死を考える集い

かなりご報告が遅くなって、本当に申し訳ございません・・・・


2月23日(日)に東京の三鷹市で開催されました

【自分の死を考える集い】で「自死で逝った父を思う」というテーマでお話させて頂きました。


こちらの会は37回目ということで、

毎回「死」をテーマにしたお話がされます。


会場にはたくさんの参加者のみなさんが来て下さいました。


重く、扱いにくいテーマですが

「死」について普段から意識されている方が多かったためか

お話の後の質問や意見も活発でした。


私自身も参加者の方々との交流で、たくさんことを気が付かせて頂きました。


参加者のみなさん、主催者の醤野さん、スタッフのみなさん、ありがとうございました!




by hiroseto2004 | 2014-03-28 18:17 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
2014年3月21日 

台湾緑の党声明「台湾政府による中国との貿易交渉について」 

信愛なる緑の党のみなさんへ 

学生が台湾の立法院(国会にあたる)占拠を始めて一週間、台湾緑の党の役員は立法院の内外で行われる連携行動に積極的に参加してきました。 私たちは全支持者に何らかのかたちで参加するように呼びかけました。 政治屋たちの利益誘導に対するこの「市民蜂起」は見過ごせない重要なものであり、緑の党は全面的に支持します。 私たちの事務所は立法院から2ブロックも離れていないところにあるので、誰もが立ち寄って、休憩をしたりシャワーを浴びたりできるように24時間開放しています。 

台湾緑の党は、このずさんで性急な中国との貿易協定が加速されることについて、私たちの立場を以下のとおり表明します。 

1、第一に、私たちはあらゆる国際貿易における交渉は透明な手続きによって包括的な法的枠組みのもとに設定されなければならないという立場を支持します。 

2、国土のさらなる環境破壊を防ぐため、緑の党は現在争われているような中台間のサービス貿易協定を中止することを要求します。この協定によって公的財産である重要な公共サービスが民営化されてしまうからです。 

3、台湾緑の党は、搾取を促進し貧富の差を拡大させる、いわゆる「自由貿易合意」の全てに反対します。 台湾政府はこれらの合意が現在の産業を危機に直面させている構造的要因であることに気づくべきです。 政府は地域経済を発展させ、持続可能なグリーン産業を促進する役割を果たすべきなのです。 

馬 英九政権は「もし私たちがこの中国との貿易協定に署名しなければ、台湾は韓国に遅れをとってしまう」と台湾の市民を脅してきました。学生による占拠が6日目となっても尚、同じことを言っています。 
彼らは学生や市民が言っていることについて合理的に考える能力を完全に失ってしまったのではないでしょうか? 台湾の経済は長期にわたり、安い労働力、安い地価、安い設備によって支えられてきました。このような状況では技術革新や創造性へのインセンティブは生じ得ません。 それがいわゆる競争力消失の理由なのです。 このような目先の利益だけを追及する政策は長く続けられすぎました。 緑の党は政府に対し、中国経済頼みの浮足立った産業政策ではなく、社会や自然環境を破壊することのない持続可能な産業政策への転換を求めます。 

4、緑の党は、現在の不公正な貿易協定に基づく世界経済ではなく、エコロジーな(=生態系維持が可能な)世界経済を求めます。 私たちは必ずしも中国との協働と貿易全てに反対するわけではありません。しかし、これから国や地域で取り決められる協定は当事者主権を守るものであるべきです。 


(仮訳:緑の党国際部) 
by hiroseto2004 | 2014-03-28 12:20 | 緑の党・ひろしま | Trackback
【談話】台湾政府の市民行動への弾圧に抗議する
-台中及び日中関係の未来に必要なのは、「強権と新自由主義」から「民主主義と緑の経済」への転換-


緑の党グリーンズジャパン 共同代表

中山均、すぐろ奈緒、橋本久雄、長谷川羽衣子



台湾(中華民国)政府が中国政府と進めているサービス貿易協定に対し、学生たちが、この協定プロセスの不透明さ、非民主性に抗議するため、3月19日21時より台湾国会の占拠を続け、現代台湾において最も注目すべき民主化運動となっています。台湾の国会は3月24日にこの協定を否決しましたが、学生たちは政府による協定撤回を求め、引き続き国会占拠を続けています 。

これを受け、私たちの仲間である台湾緑の党は3月21日、学生たちの行動に対して暴力的行動、抑圧的行動、とりわけ軍事的行動を取らないよう、台湾政府に強く求め、また与野党に共同で台湾が抱えている苦難を協議し、台湾の民主主義を再生させるよう訴えました。

私たちは、この台湾緑の党の声明を支持します。

同時に、この台湾の現状は、日本にとっても他人事ではありません。日本政府が進めているTPP協定においても、やはり重要な情報が市民にひた隠しにされています。
さらに、長い国民党独裁時代を経て民主化に進んでいる台湾とは逆に、日本で昨年末成立した特定秘密保護法は、国家の秘密を更に増大させ、真実を知ろうとする市民に対する弾圧をもたらしかねないものです。

また、台湾の人々は中国のナショナリズムや軍事的脅威、覇権主義的姿勢に強い圧迫感を抱いており、それを無視してこの問題を見ることはできません。求められるのは、中台を含む東アジア地域の平和的共生や対等平等な経済関係です。その意味では、中国における官民のナショナリズムを煽り立てる結果となっている安倍政権の靖国参拝や歴史認識問題は、それに逆行するものと言えます。

私たちは台湾緑の党と共に、訴えます。
どの国との友好関係も、自国内の市民への弾圧によっては決してもたらされないことを。強権的な自由貿易主義から諸国民との友好は生まれず、諸国民が手をつないで新しい緑の経済、新しい友好関係を作っていく試みこそ求められていることを。


<参考資料>
台湾緑の党声明「台湾政府による中国との貿易交渉について」
http://greens.gr.jp/world-news/10388/
by hiroseto2004 | 2014-03-28 12:05 | 緑の党・ひろしま | Trackback
by hiroseto2004 | 2014-03-28 07:02 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
[転送・転載歓迎/重複失礼]

風前の灯となっている「武器輸出禁止三原則」。その撤廃と新たな「武器
輸出促進原則」の閣議決定に向けて、政府与党は、国会・主権者無視の手
続きを粛々と進めています。

26日に自民党が安全保障調査会と関係部会の合同会議で、新たな「防衛装
備移転三原則」案を了承したのに続いて、公明党は27日の政調全体会議で、
同案を了承しました。

公明党、新武器三原則を了承 4月1日に閣議決定へ(3月27日、産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140327/stt14032718250009-n1.htm

「平和国家の基本理念」を「国際紛争の助長回避」から「国連憲章の順守」
へとすり替え、イスラエルへの恒常的輸出を可能にしながら、公明党は、
「平和国家の基本理念揺るがず」と驚きの強弁をしています。

新たな武器輸出三原則Q&A~平和国家の基本理念揺るがず(3月27日、公明新聞)
https://www.komei.or.jp/news/detail/20140327_13590

与党プロジェクトチームのメンバーである
公明党の遠山清彦議員のツイート
http://twitter.com/kiyohiko_toyama/status/449190292868960257

自公両党は31日(月)の与党政策責任者会議で最終的に了承し、4月1日に
も閣議決定を強行しようとしています。さらに、4月6日にも日米防衛相会
談を行い、米国に閣議決定を「成果」として「ご報告」しようとしていま
す。

日米防衛相、4月6日会談で調整(3月27日、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS27042_X20C14A3PP8000/

★閣議決定前に残されている手続きは、31日(月)の与党政策責任者会議
のみです。時間は限られていますが、出来ることをやりましょう。

これらのメンバーと公明党幹部に、「武器輸出三原則を壊さないで」「憲
と国会決議に基づく国是の変更を、与党のみで拙速に決めるべきではあり
ません」「武器輸出に反対の声は圧倒的多数です。民意を無視した閣議決
定を強行しないでください」などの声を大至急届けてください。

※とりわけ地元の方は、議員が帰る週末中に地元事務所に対しても働きか
けてください。

また、公明党の支持母体である創価学会に対しても、武器輸出三原則の撤
廃を許さないよう、粘り強く声を届けてください。

新聞等への投書や、マスコミに対して、武器輸出問題をきちんと取り上げる
よう働きかけることも重要です。

<与党政策責任者会議・公明党メンバー>

◆石井啓一(政調会長/衆院・比例北関東)
FAX 03-3508-3229 TEL 03-3508-7110 
地元(水戸市)FAX 029-222-0713 TEL 029-222-0711
info@k1-ishii.com

◆桝屋敬悟(政調会長代理/衆院・比例中国)
FAX 03-3508-3703 TEL 03-3508-7153 
地元(山口市)FAX 083-928-4533 TEL 083-932-2428

◆荒木清寛(参院・比例)
FAX 03-6551-1115 TEL 03-6550-1115
地元(名古屋市)FAX 052-522-1665 TEL 052-522-1666
@araki_kiyohiro

※ちなみに自民党は、
高市早苗、塩崎恭久、棚橋泰文、平沢勝栄、山谷えり子、宮沢洋一の各議員。

<公明党幹部>

◆山口那津男(代表/参院・東京)
TEL 03-6550-0806 FAX 03-6551-0806
info@n-yamaguchi.gr.jp
http://www.n-yamaguchi.gr.jp/contact/
@yamaguchinatsuo

◆井上義久(幹事長/衆院・比例東北) 
FAX 03-3508-3354 TEL 03-3508-7474  
地元(仙台市)FAX 022-256-6576 TEL 022-256-6488 
http://www.yoshihisa.gr.jp/mail/index.html

◆石井啓一(政調会長/衆院・比例北関東)
FAX 03-3508-3229 TEL 03-3508-7110
地元(水戸市)FAX 029-222-0713 TEL 029-222-0711 
info@k1-ishii.com

◆漆原良夫(国対委員長/衆院・比例北陸信越)
FAX 03-3508-7149  TEL 03-3508-3639
地元(新潟市)FAX 025-281-4472 TEL 025-281-4059 

◆太田昭宏(国土交通大臣/衆院・東京)
FAX 03-3508-3519 TEL 03-3508-7249 
地元(北区)TEL 03-3912-5002
http://www.akihiro-ohta.com/faq/sformmail.php
@teamohta

◆北側一雄(副代表/衆院・大阪)
FAX 03-3508-3533 TEL 03-3508-7263
地元(堺市)FAX 072-221-3001 TEL 072-221-2706
info@kitagawa-sakai.jp
@kitagawa_kazuo

★創価学会の諸活動へのご意見
https://secure.sokanet.jp/goiken/soka_opinion/

<公明党の全国会議員のリストはこちら>
http://datsugenpatsu.sblo.jp/article/90036165.html

-------------------------------------------

【アクション予告!】

★閣議決定にNO!官邸前抗議

武器輸出三原則を撤廃し、「防衛装備移転三原則」なる「死の商人国家」
宣言の閣議決定が強行される当日(4月1日の恐れ大)、首相官邸前で、
午前8時30分より大抗議行動を行います! ぜひご参加ください!
<呼びかけ:秘密保護法を考える市民の会>

【ご報告】
26日に開催した青井未帆さんを招いての緊急院内集会には、約80人が集ま
り、活発な議論を行いました。報道もされました。

「防衛装備移転三原則」反対の集会(3月27日、NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140327/k10013272551000.html

戦争止めるハードル低下~武器輸出三原則 撤廃秒読み
(3月27日、東京新聞特報部)
http://bit.ly/1hw7VL0

緊急院内集会の動画アーカイブ(IWJ)もぜひご覧ください(ぜひ拡散も)!
【IWJ】
http://www.ustream.tv/recorded/45370146
【UPLAN】
http://www.youtube.com/watch?v=QStxw6S6IcQ&list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA

<こちらも参考までに>
【記者会見】
集団的自衛権/武器輸出ってどうなの?~街の声を聞きました(3月25日)
http://www.youtube.com/watch?v=yHsNVFZyJcE&list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA
by hiroseto2004 | 2014-03-28 06:59 | 憲法 | Trackback