人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2014年 05月 21日 ( 3 )

【声明】原発再稼働に未来はない               -福井地裁判決を受け、エネルギー政策の根本的な転換を


2014年5月21日 
緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 本日、福井地方裁判所は、関西電力株式会社に対して、大飯原子力発電所3号機及び4号機の原子炉について、運転の差し止めを命じる判決を言い渡しました。
 この判決は、2011年3月の東京電力福島第一原発事故以降の原発訴訟裁判の判決としては初めてのもの(仮処分決定を除く)です。原発をめぐる従来の訴訟においては、ほとんどの場合、行政や事業者の主張を追認し、住民の訴えは退けられてきましたが、今回の判決は、原告の請求を認めた、歴史的に画期的なものでした。

 この判決文では、福島原発事故やチェルノブイリ事故の深刻な影響にも触れながら、「人格権を超える原理は憲法上見いだせない」「原発再稼働(=経済活動の自由)は、人格権よりも劣位」「基準地震動の設定について、理論上の数値よりも、全国20か所しかない原発のうち4か所に、2005年以降5回も想定した地震動を超える地震が到来している事実を重視すべきで、大飯原発だけが例外とは言うべきではない」「電力供給の安定やコスト低減などと多数人の生存の権利を比較するような被告主張にはくみしない」「貿易赤字が国富の流出なのではなく、豊かな国土とそこに根差した国民生活の喪失こそが国富の流出」と指摘するなど、原発政策の根本的・原理的問題点が明確に論じられています。

 国や事業者はこの判決の指摘を重く受け止めなければなりません。未だに福島原発事故の原因すら究明されていない中、原発の再稼働、ましてや海外への原発輸出など論外です。また、原発再稼働の方針を放棄し、速やかに核燃料サイクル計画を廃止して持続可能なエネルギー社会へシフトするとともに、原発交付金の例えば廃炉交付金への転換など、福井県をはじめとする原発立地地域が原発に依存しなくても済むための制度設計が求められます。

 私たち緑の党は、基本政策の第一に、「すみやかに脱原発を達成し、持続可能なエネルギー社会へシフトする」ことを掲げています。今回の判決は、原告弁護団・関係者の粘り強い運動の成果であるとともに、「3.11」以降の脱原発を求める市民の運動や世論が司法をも動かしたものでもあると考えます。私たちは、多くの市民の皆さんとともにこの判決を歓迎し、今後も各地域やさまざまな現場において、連携を深め、脱原発の実現に向けて強力にまい進していきます。


by hiroseto2004 | 2014-05-21 23:34 | 緑の党・ひろしま | Trackback(1)
e0094315_12463281.jpg

【「残業代ゼロ」「派遣法改正」はあべこべ。効果的な長時間労働規制と公正な待遇を!】
わたくし・さとうしゅういちは、5月21日、朝は広島市安佐南区古市橋駅前、昼は、中区本通・アンデルセン裏、中区大手町県民文化センター前で街頭演説。
安倍総理らが目論む労働者派遣法「改正」や残業代ゼロ一般社員の提案は「あべこべ」で、「正社員も非正規も気持ちよく働ける公正な待遇」や「十一時間連続休憩など有効な労働時間規制」こそ必要だと訴えました。さらに「安倍総理は、日本を世界一企業が活躍しやすい国にするというが、その結果「国民を使い捨てにする国」になったら本末転倒、あべこべだ。」「緑の党は、特定企業などに囚われず市民の市民による市民のための政治をめざす。国民ひとりひとりを大事にする立場から、【より少なく働き、より豊かに生きられる】日本をつくる」などと訴えました。
by hiroseto2004 | 2014-05-21 12:46 | 活動報告 | Trackback
(以下、転送・転載大歓迎)
===========

【講演会】

いのちの危機にNO!
―地球経済を破壊するネオリベラリズム

 アベノミクスの下でのTPPや国家戦略特区の推進、雇用や社会保障分野での
「規制緩和」の波・・・一人ひとりのいのちや暮らしよりも、大企業の利益が優先
される政策が次々と打ち出されています。
 新自由主義――政府による市場への介入を否定し、福祉国家の解体を唱える
経済思想は、この30年間で世界を席巻し、貧困と格差を押し広げてきました。新
自由主義は、もはや単なる経済政策だけにとどまらず、政治・経済・外交政策を
も含んだ一大「プロジェクト」として進められています。安部政権が切望する集団
的自衛権や改憲、武器輸出解禁など「戦争ができる国」への流れも、まさに新自
由主義との「結託」によって推進され、多くの人びとの生存や平和、地球そのも
のを脅かそうとしています。
 いったい今、私たちの目の前で何が起こっているのか、このままで私たちは生
きていけるのか、地球や人類は持続可能なのか──? 新自由主義の基本的
な問題を理解した上で、喫緊の様々な課題をつなげ、抵抗するための具体的な
アクションを考えましょう。

●日時:5月26日(月)19:00~21:00(開場18:30)
●会場:連合会館 203会議室(定員100名)
     アクセス地図http://rengokaikan.jp/access/
●資料代:800円 PARC会員500円 ※予約優先

【第1部】特別講演:
―新自由主義は誰が「自由」になる経済か?
浜 矩子さん(同志社大学大学院ビジネス研究科長・教授)

【第2部】個別イシューをつなげて考える~各課題の運動現場から
○TPP交渉:内田聖子(アジア太平洋資料センター事務局長)
○国家戦略特区:奈須りえさん(前大田区議)
・・・他、「集団的自衛権」「改憲」等の運動現場からのアピールを予定

★主催・お申込★
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org HP http://www.parc-jp.org/

by hiroseto2004 | 2014-05-21 07:49 | イベント情報 | Trackback