人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 05月 18日 ( 1 )

住民票に旧姓、併記可能へ 政府が「重点方針」とのこと。

なぜ、選択的夫婦別姓ではいけないのでしょうか?

安倍総理を支える勢力は、古くさい(というより、19世紀近代西洋的)家族観の持ち主が多いと思われます。

他方、労働力を求める経済界の要求。さらには、戦争を遂行する上でも女性を総動員してきたのは、歴史が証明するところです。戦争と言っても、現代では、昔のような戦争ではない。今の日本では、

1,テロ対策という名の多少の海外派兵

2,介護地獄

3,原発収束も含む震災復興

こうしたことが、まるで戦争のようにのしかかっている。

いずれにせよ、総理の言う、女性活躍とは、人権ありきではない。国家ありき、というよ「エライ人の都合ありき」の発想です。

http://www.asahi.com/articles/ASJ5K3C9JJ5KUTFK001.html?iref=comtop_list_pol_n02

住民票に旧姓、併記可能へ 政府が「重点方針」




More
by hiroseto2004 | 2016-05-18 08:57 | ジェンダー・人権 | Trackback