エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 12月 27日 ( 7 )

そもそも、日本政府が責任を持って、直接被害者と示談して決着を付ける形でないと問題は根本的には解決しないでしょう。
韓国政府は事務的なサポートだはするにしても、直接の当事者ではないと思います。

  • 韓国のカン・ギョンファ外務大臣
    韓国のカン・ギョンファ外務大臣

韓国のカン・ギョンファ外務大臣が、従軍慰安婦問題をめぐる日本との合意について謝罪しました。

ロイター通信が韓国・ソウルから伝えたところによりますと、カン・ギョンファ外相は27日水曜、「2015年に日本と韓国の間で成立した、従軍慰安婦問題をめぐる合意はよい合意ではなく、犠牲者の要求を実現できていない」と語っています。

また、声明を発表し、「犠牲者やその家族、これらの人々を支援する民間のコミュニティ、そしてその他の全ての人々の感情を傷つけたこと、そして日本とのこの合意が人権問題の犠牲者の苦しみを反映できていないことについて謝罪する」と述べました。

韓国のパク・クネ前大統領と日本の安倍首相との間で締結されたこの合意によれば、日本は犠牲者に謝罪すると共に、10億円即ち880万ドルを彼らの支援のために拠出することになっていました。

従軍慰安婦

韓国のムンジェイン大統領は、韓国国民はこの合意を受け入れないとしています。

これまでに行われた調査では、この合意ではそもそも、日本からの法的な賠償金の支払いを受けるという、犠牲者の要求が保証されていません。

日本政府は、犠牲者への賠償金の支払い問題は、1965年における韓国との合意により解決済みであると主張しています。

こうした中、日本の菅官房長官は、「日韓両政府は、この合意を承認しており、その内容を白紙に戻すことはできない」とし、韓国に対しこの合意の内容の完全な遵守を求めています。


by hiroseto2004 | 2017-12-27 21:45 | 国際情勢 | Trackback

by hiroseto2004 | 2017-12-27 21:30 | 国際情勢 | Trackback
サラリーマン増税や介護保険の負担増。
対象は中間層以上だから大丈夫、というのが安倍総理たちの考えでしょう。
また、就職氷河期で割を食った団塊ジュニア世代の低所得者層からすれば「あいつらいいなあ」としか
思えないのも事実です。
しかし、正規公務員や大手企業正社員などの「自称・中間層」こそ実は危ない。
住宅ローンを抱えてぎりぎりでやっている。
さらには、高額な塾に子どもを通わせ、教育ローンを組んでいたりする場合も多い。
ところが、これら「自称・中間層」は、安倍「教育無償化」の対象にはならない。
他方で、サラリーマン増税の対象になる。
公務員や大手の退職者の場合、厚生年金の対象なので国民年金に比べれば恵まれてはいる。
しかし、高額な家のローンが微妙に残っているケースもある。そうなると、介護保険の負担増などが
致命的になりかねない。
結局、「自称・中間層」もそんなに暮らしは楽ではない。というか、そもそも、バブル期でも「豊かさが実感できない」
などというフレーズはマスメディアで踊っていたではないか?
その理由は、結局の所、福祉の貧困である。
教育費も含めて、人々の福祉を大手企業(からの所得)に丸投げしていたわけである。
大手企業さえさえよければ従業員も地域の自営業者も全てよし。そんなモデルのもとでは、
「豊かさ」が実感できないというのも分かる。
そのときに福祉を充実させることを怠ったツケが今出ているのです。

もちろん野党も手をこまねいていたわけではなく、日本共産党は、唯一と言って良いくらい、
国保料の引き下げや介護保険の負担減免などに熱心に取り組んでいた。制度の枠内で
地方レベルでの必死の取り組みは一定の成果はあった。
民主党2009の「国民の生活が第一」も、「企業への丸投げを止める」という意味では画期的だった。
しかし、民主党自体がぐだぐだになってしまったこと。
さらに、リベラル層の関心も、3.11以降は一斉に原発問題に向いた感はあります。
もちろん、原発を扱う場合でも「企業に福祉を丸投げしているから脱原発がやりにくい」という
問題、あるいは、「企業に福祉を丸投げしているので、一度生活が壊れると再建しにくい」
という切り口での取り組みは可能だったと思われますが、そうはならなかった。
その隙を安倍晋三総理や湯崎英彦広島県知事ら自民党系政治家に突かれたのは痛恨でした。
自民党系政治家は中途半端ながらも「子どもの貧困」などに取り組んでいるようなポーズを浸透させたのです。
そうして、人気を取りつつ、生活保護切り下げと中間層直撃の負担増双方を進めてきているわけです。




by hiroseto2004 | 2017-12-27 21:24 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback

自公のごり押しで再稼働推進決議、埼玉県議会に抗議を!

 「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を求める意見書」

平成291222() 埼玉県議会議長 小林哲也

http://www.pref.saitama.lg.jp/e1601/gikai-gaiyou/h2912-5.html#a5

               

エネルギー政策の基本は、安全性を前提とした上で、安定供給を第一とし、次いで経済効率性の向上と環境への適合である。

そのためには、優れた安定供給性と効率性を有し、運転時に温室効果ガスの排出を伴わない原子力発電所の稼働が欠かせない。

よって、国においては、立地自治体等関係者はもとより国民の理解と協力を得られるよう前面に立ち、下記の措置を講じつつ、原子力規制委員会により世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を進めるよう強く要望する。

                                               記

1 将来の世代に負担を先送りしないよう高レベル放射性廃棄物の最終処分に向けた取組を強化すること。

2 立地自治体、防災関係機関等との連携を強化し、避難のための道路、港湾等のインフラの整備や避難行動要支援者等に十分配慮した避難計画の策定などを継続的に支援すること。

3 電源立地地域対策の趣旨に基づき、新たな産業・雇用創出を含む立地自治体の実態に即した地域支援を進めること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成291222

埼玉県議会議長 小林哲也

衆議院議長

参議院議長

内閣総理大臣

経済産業大臣

原子力防災担当大臣

            以上


by hiroseto2004 | 2017-12-27 21:06 | エネルギー政策 | Trackback

この一週間の地震

この一週間の地震です。
今日までは鍋底のように昼の時間が短かったですが、明日からは少しづつ延びてきます。
今日は寒かったですね。

平成29年12月27日20時56分27日20時52分頃新島・神津島近海M2.2震度1
平成29年12月27日00時45分27日00時42分頃福島県会津M2.7震度1
平成29年12月26日21時45分26日21時41分頃奄美大島近海M2.9震度1
平成29年12月26日20時20分26日20時17分頃北海道東方沖M3.7震度1
平成29年12月26日11時34分26日11時32分頃徳島県北部M2.7震度1
平成29年12月26日07時27分26日07時23分頃福島県沖M4.4震度1
平成29年12月25日08時52分25日08時49分頃和歌山県北部M2.9震度2
平成29年12月24日22時22分24日22時19分頃沖縄本島近海M2.6震度1
平成29年12月24日19時23分24日19時20分頃熊本県熊本地方M2.4震度1
平成29年12月24日15時35分24日15時32分頃根室半島南東沖M3.8震度1
平成29年12月24日10時40分24日10時37分頃浦河沖M3.7震度1
平成29年12月23日22時57分23日22時52分頃留萌地方南部M2.2震度1
平成29年12月23日21時57分23日21時54分頃茨城県沖M3.6震度2
平成29年12月23日21時05分23日21時02分頃茨城県南部M2.8震度1
平成29年12月23日19時14分23日19時11分頃茨城県北部M3.0震度1
平成29年12月22日21時47分22日21時44分頃大阪湾M3.2震度2
平成29年12月22日15時50分22日15時46分頃伊豆大島近海M2.7震度1
平成29年12月22日08時16分22日08時13分頃広島県北部M3.0震度1
平成29年12月22日06時09分22日06時05分頃石垣島近海M4.6震度1
平成29年12月22日00時18分22日00時14分頃和歌山県北部M2.2震度1
平成29年12月21日22時11分21日22時08分頃千葉県東方沖M3.8震度1
平成29年12月21日11時13分21日11時10分頃愛知県西部M2.4震度1

by hiroseto2004 | 2017-12-27 21:04 | 歳時記 | Trackback
安倍政権の政策には、生活保護切り下げなど、とてもではないが、「リベラル」とは言いがたい政策も多いです。
3.11の被災者を避難先の住宅から追い出すなどもとでもではないがリベラルではない。
とはいえ、一方で、本来のリベラルや市民派が3.11以降、脱原発に「ばかり」熱中する中で、
安倍総理にお株を奪われてしまったことは反省すべきでしょう。
さらに、マスコミも「診療報酬・介護報酬引き上げ」を新自由主義寄りから批判するばかりではだめですね。


by hiroseto2004 | 2017-12-27 07:08 | 安倍ジャパン | Trackback
ユニットケアは素晴らしい、などという触れ込みで、日本に導入されてから久しいものがある。
特養も新設は基本的にユニット型にするよう、国が政策誘導した。
しかし、その結果何が起きたか?
一つは、利用者の負担増である。
これでは、収入が国民年金だけ、と言う人が入居が極めて難しくなってしまうのだ。

さらに、個室化にもかかわらず、職員を十分確保できないので、目が行き届かなくなる。
その結果として転倒事故なども起きやすくなる。
防ごうと思えば、利用者にホールにいてもらい、まとめて目が届くようにするしかない。
要は、人手不足、その根底にある介護保険制度。それをそのままにしてユニットケア、などといっても
羊頭狗肉なだけである。

by hiroseto2004 | 2017-12-27 07:01 | 役人からヘルパーへ | Trackback