人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 01月 15日 ( 10 )

安倍晋三もテリーザ・メイと同じ「判定負け」パターンだったのだが

2017年に行われた英国と日本の総選挙。よく似ていたと思う。

要は、「大して支持されているわけでもない首相が、支持されていると勘違いして早期解散に打って出た」ということである。

しかし、その結果は違った。

イギリスのテリーザ・メイはボクシングで言えば議席を減らし、「判定負け」を喫してしまった。
細かく見ると、前回のBREXIT推進政党(国民投票後、怖くなって指導者が政治的に「逃亡」)の票がほとんど労働党に流れたためだ。

BREXIT投票者も、別にテリーザ・メイなんぞ支持していない。

新自由主義が嫌でなんとなくBREXITに投票した人が多いと思う。そこで、新自由主義に対して旗幟鮮明に対抗した労働党の
コービンがウケたのだ。

安倍晋三の場合は、対抗する野党第一党=民進党が、雪崩を打って新自由主義の希望の党に走るという「神風」に助けられた。
そういうことである。


by hiroseto2004 | 2018-01-15 22:01 | 国際情勢 | Trackback

霜が降りる寒さ

霜が降りる寒さ

本日1月15日(月)朝の広島市安佐南区古市橋駅前。
e0094315_20574441.jpg
街頭演説を始めようとすると霜がベンチに降りていました(白い部分)。
この日も前日の祇園出張所前と同様、
「安倍総理はエストニアなどで相手も興味もない朝鮮の脅威を吹聴するために税金と時間を使うくらい訪朝で拉致問題解決を!」
等と訴えました。

by hiroseto2004 | 2018-01-15 20:59 | 歳時記 | Trackback
アメリカ全体の相対的な地位低下の中でトランプという男が大統領である。それがホワイトハウス暴露本「炎と怒り」
に注目が集まる理由ですね。




More
by hiroseto2004 | 2018-01-15 19:21 | 国際情勢 | Trackback
本社社主も時々利用するバス停で起きた事件です。びっくりしました。
亡くなられた方には心からお悔やみ申し上げます。

 広島市で男性2人が男に刃物で刺され、1人が死亡した事件で、逮捕された33歳の男が「何人か殺して自分も死のうと思った」という趣旨の供述をしていることがわかりました。
 14日午後10時15分ごろ、広島市安佐北区可部で、バス停にいた男性2人が男に刃物で刺されました。腹を刺された座山則男さん(75)が搬送先の病院で死亡したほか、20歳の男子大学生も軽いけがをしました。

 「(事件を目撃した)若い4人の男性が犯人を追いかけた」(近所の人)

 警察は事件からおよそ1時間半後に、現場から逃走していた高橋豪容疑者(33)を発見し、殺人などの疑いで緊急逮捕しました。

 捜査関係者によりますと、高橋容疑者は取り調べに対して容疑を認めて「何人かを殺して自分も死のうと思っていた」という趣旨の供述をしているということです。警察は高橋容疑者が面識のない2人を刺した通り魔事件とみて調べています。(15日11:32)

by hiroseto2004 | 2018-01-15 17:34 | 事故・災害・事件 | Trackback
希望の党と民進党が統一会派を組むという。しかし、両党を足し合わせても共産党にも満たない有り様である。
そもそも、希望の党の衆院議員が50名を超えていると言っても、旧民進・自由党系で個人で地盤が固い人が多い。小川淳也さん、大串ひろしさんら、四国や九州などの地方のリベラル派の議員も多い。
正直、統一会派を組んだからと言って、求心力が高まるとも思えない。そもそも、支持者と希望の党を主導した人たちの信条に差がありすぎる。それでも「惰性」で組んでしまうのか?
「右へ寄れば票が伸びる」という思い込みがあるのか?それは間違いだと申し上げておく。



NHK世論調査 各党の支持率

NHK世論調査 各党の支持率

NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、自民党が38.1%、立憲民主党が9.2%、民進党が1.3%、公明党が2.4%、希望の党が1.0%、共産党が3.6%、日本維新の会が1.0%、社民党が0.3%、「特に支持している政党はない」が36.6%でした。


by hiroseto2004 | 2018-01-15 17:29 | 選挙 | Trackback
日報隠し問題(南スーダン某重大事件)にもつながった南スーダンでの戦闘。戦闘が始まってから自衛隊員の不眠症状が
激化していると言うことです。戦争というのは直接の負傷や戦死だけではない。精神的なストレスで人を傷つける。
このことを改めて示してくれています。


南スーダンPKO(国連平和維持活動)で2016年5~12月に派遣された陸上自衛隊の部隊で、隊員の6人に1人が精神的不安に襲われ、宿営地の医務室で受診していたことが13日、自衛隊の内部資料と関係者への取材で分かりました。当時は国連が「ジュバ・クライシス(首都の危機)」とよぶほどの激しい戦闘状況でした。自衛隊の宿営地に複数の砲弾が落下するなどしており、危機的な状況における隊員の精神状態がデータで明らかになりました。(山本眞直)


写真

(写真)南スーダンでの戦闘が激化した7月10日の週から「不眠」などで医務室での受診が急増していることを示す、自衛隊派遣部隊の「衛生状況」(週間報告)

 この内部資料は「南スーダン派遣施設隊等の衛生状況(週間報告)」。16年5月から6カ月間、南スーダンPKOに派遣された陸自東千歳駐屯地(北海道)など第10次派遣部隊員が医務室で受診した記録です。南スーダンPKO派遣差し止め訴訟弁護団の佐藤博文弁護士が情報公開請求で入手しました。

 報告には「患者の発生概況」が週単位で集計されています。現地に着任した5月22日から7月9日まで、35人の隊員が医務室に訪れていますが、「精神・行動障害」の症状はゼロでした。

 しかし現地で戦闘が激化した「7月10日から16日」の週からいきなり受診者が増加し、57人に。いずれも「精神・行動障害」の症状で、多くは「不眠」を訴えました。第10次隊の派遣隊員数(350人)の6人に1人が「不眠」を訴えたことになります。不眠は2週間以上の継続で、精神疾患の判断基準(厚生労働省)とされています。うつ病や自殺に至る場合があります。

 派遣隊員の一人は帰国後、関係者に「自分たちもいつ殺し、殺されることになってもおかしくないと実感した」と極度の緊張と不安に襲われていたことを伝えていた、といいます。 (関連記事)



“異常な状況” 戦闘などの惨事ストレス対処に詳しい元自衛隊衛生科幹部の話 派遣隊員の精神的な不安の訴えは明らかに激化した現地の戦闘状況と関連性はあるとみるべきです。企業や行政機関で構成員の6人に1人、16%もの人間が精神科を受診していたら異常です。不眠は極度の緊張、継続的な不安を身近に感じた中で起き、隊員は“殺し、殺される”恐怖を味わったと言えます。受診しなくても潜在的な不眠などの異常は3倍近くの隊員で起きていた可能性があります。最後の派遣部隊の第11次隊員の帰国者にすでに自殺が確認されています。今後、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などによる自殺などの“ジュバ関連死”が懸念されます。



by hiroseto2004 | 2018-01-15 17:16 | 安倍ジャパン | Trackback
サウジアラビア(国王・サルマン被疑者、皇太子・ムハンマド被疑者)はイエメン空爆と封鎖をやめろ!
子どもたちに食料と薬を!



More
by hiroseto2004 | 2018-01-15 06:44 | 国際情勢 | Trackback

内閣支持率が上がっているのは「国会が開いていないと支持率が上がる」現象ですね。


共同通信社が13、14両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正に反対は54.8%で、2017年12月の前回調査から6.2ポイント増加した。賛成は33.0%。小泉純一郎元首相らが主張する全原発の即時停止に賛成は49.0%、反対は42.6%だった。内閣支持率は49.7%で、前回調査から2.5ポイント増加した。不支持率は36.6%。

 憲法9条に自衛隊を明記する首相の提案に反対は52.7%で、賛成35.3%を上回った。

 長距離巡航ミサイルの導入は、賛成41.7%、反対46.7%。


by hiroseto2004 | 2018-01-15 06:40 | 安倍ジャパン | Trackback
通常兵器への反撃に核兵器を使う。核兵器使用のハードルを下げる話です。
こうしたトランプに日本は追随していて良いのか?というか、そもそも、
日本政府がオバマの核の先制不使用方針に反対でした。この点が極めて情けない話です。



More
by hiroseto2004 | 2018-01-15 06:24 | 反核・平和 | Trackback

この一週間の地震です

この一週間の地震です。鹿児島湾の地震が目立つほか、本日未明は伊豆大島近海でまた地震です。
昨日夕方の浦河沖地震は地震頻発地帯で起きました。過去にはM7.3の地震もこの近くで起きています。

各地の震度に関する情報
情報発表日時検知日時震央地名マグニチュード最大震度
平成30年01月15日05時08分15日05時05分頃鹿児島湾M2.0震度1
平成30年01月15日03時17分15日03時12分頃伊豆大島近海M3.5震度3
平成30年01月14日18時11分14日18時07分頃浦河沖M4.7震度4
平成30年01月14日03時17分14日03時14分頃長野県南部M2.8震度1
平成30年01月13日14時41分13日14時37分頃茨城県北部M3.9震度2
平成30年01月13日11時08分13日11時05分頃鹿児島湾M2.5震度1
平成30年01月13日08時59分13日08時56分頃宮城県沖M3.8震度2
平成30年01月12日21時22分12日21時18分頃熊本県阿蘇地方M2.2震度1
平成30年01月12日21時20分12日21時17分頃熊本県阿蘇地方M2.9震度2
平成30年01月12日08時34分12日08時31分頃岩手県沖M3.7震度1
平成30年01月12日06時32分12日06時28分頃岐阜県飛騨地方M2.0震度1
平成30年01月12日01時58分12日01時55分頃宮城県北部M3.6震度1
平成30年01月12日01時11分12日01時07分頃秋田県内陸南部M1.9震度1
平成30年01月11日05時08分11日05時05分頃千葉県北東部M3.5震度1
平成30年01月10日23時41分10日23時37分頃岩手県沖M3.7震度2
平成30年01月10日20時08分10日20時03分頃日高地方中部M4.2震度2
平成30年01月10日11時11分10日11時09分頃岩手県沿岸南部M3.3震度1
平成30年01月10日09時00分10日08時57分頃鳥取県中部M2.5震度1
平成30年01月10日08時41分10日08時38分頃茨城県南部M3.2震度1
平成30年01月10日07時34分10日07時30分頃千葉県東方沖M5.2震度2
平成30年01月10日07時24分10日07時21分頃千葉県東方沖M4.8震度1
平成30年01月09日13時46分 9日13時43分頃岩手県沖M4.1震度3
平成30年01月09日07時26分 9日07時22分頃愛知県西部M3.1震度1
平成30年01月09日07時01分 9日06時58分頃鹿児島湾M2.3震度1
平成30年01月09日05時56分 9日05時52分頃伊予灘M4.4震度3
平成30年01月09日00時59分 9日00時56分頃瀬戸内海中部M3.0震度1

by hiroseto2004 | 2018-01-15 06:18 | Trackback