人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 01月 25日 ( 11 )

●2017原水禁学校(第4講座)

 日時:1月27日(土曜日)15時~17時

 場所:西区横川町 自治労会館3階 大会議室

テーマ:「エネルギー基本計画と脱原発」

講師:木原省二さん 原発はごめんだヒロシマ市民の会代表

 参加費:無料

      どなたでも参加できますとのことです。





●岩国基地拡張・強化に反対する広島県西部住民の会

12周年記念講演会

日時:1月27日(土)14:00~

場所:広島弁護士会館 ※今回は廿日市ではありません。

講師:松元剛(琉球新報読者事業局次長)

   「伝えられない在日米軍の実態~岩国基地の強化と沖縄」

主催:岩国基地拡張・強化に反対する広島県西部住民の会

   詳しい事は添付チラシをご参照ください。





●「島嶼防衛」軍事要塞化する沖縄

今、八重山・宮古で何が

日時:2018年1月28日(日)14:00~16:30

場所:広島平和記念資料館 地下 会議室2

講師:山本英夫さん(フォトグラファー)

参加費:1000円

主催:沖縄・辺野古に新基地を作らせない広島実行委員会

    詳しい事は添付チラシをご参照ください



●1月28日(日)14:40~16:30

さよなら原発ヒロシマの会2018年総会・講演会記念講演「ますます拡がる

自然エネルギー」、講師は、飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所長)です。

場所は、アステールプラザ4階大会議室です。

どなたでも参加できます。入場無料・資料代500円です。

チラシ添付します。



by hiroseto2004 | 2018-01-25 22:09 | イベント情報 | Trackback
寒さ続きます
中国地方では、1月30日頃からまた異常な低温や大雪が続く予想です。
ご注意ください。
11月後半から冬が平年より20日程度前倒しで到来した中国地方など西日本。
春の到来が早いわけではなく、立春過ぎまで異常寒波に苦しみそうです。


異常天候早期警戒情報

低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報(中国地方)
平成30年1月25日14時30分
広島地方気象台 発表

要早期警戒(気温)
警戒期間 1月30日頃からの約1週間
対象地域 中国地方
警戒事項 かなりの低温(7日平均地域平年差-2.1℃以下)
確率   30%以上

要早期警戒(降雪量)
警戒期間 1月30日頃からの約1週間
対象地域 山陰
警戒事項 大雪(7日合計地域平年比236%以上)
確率   30%以上


 今回の検討対象期間(1月30日から2月8日まで)をとおして、中国地
方では、7日間平均気温が平年よりかなり低くなる確率が30%以上、山陰
を中心に、7日間降雪量が平年よりかなり多くなる確率が30%以上と見込
まれます。
 農作物の管理に注意してください。降雪量が多い時期ですが、更に多くな
る見込みで、除雪などの対応にも留意してください。また、今後の気象情報
に注意してください。
 なお、中国地方では、今後1週目から2週目にかけて気温がかなり低く、
山陰を中心に降雪量がかなり多くなる可能性があります。
<参考>
この期間の主な地点の7日間降雪量の平年値は、以下のとおりです。
地点  平年値    地点  平年値
西郷   9センチ  松江   9センチ
横田  43センチ  赤名  45センチ
瑞穂  29センチ  弥栄  25センチ
境   10センチ  米子  14センチ
倉吉  21センチ  鳥取  23センチ
大山  70センチ  智頭  38センチ
上長田 54センチ  千屋  40センチ
津山   7センチ  高野  52センチ
八幡  52センチ  大朝  35センチ
by hiroseto2004 | 2018-01-25 22:04 | 事故・災害・事件 | Trackback
ISはシリアではひとまず打倒されましたが、誰が敵で誰が味方かさっぱり分からない状態。
三國志で言えば董卓が暗殺されたあと、各地で群雄が割拠しているような状態です。
トルコ軍がアメリカ軍(クルド人を支援に入っていた?)の兵士を殺したのが事実とすれば、
一昔前なら考えられないことです。
シリアのアサド政権は、自らを正当な政権とする建前からトルコであろうがアメリカであろうが
入ってくるのは面白くないという立場であるのは間違いない。
イランとロシアはアサド政権を支援してきたが、アメリカが応援する反政府勢力(スンニ派)
とも敵対。クルド人と反政府勢力も敵対。
一方で、クルド人が勢いづきすぎるのも自分の領内にクルド人が多く居るので内心は
警戒、という感じもする。ロシアはイランとトルコ両方と協力、という感じ。
三國志本体(魏呉漢)というよりもまさに董卓暗殺直後の誰が誰と同盟して誰と敵対しているのやら
さっぱりわからない状態に近いですね。

ざっくり言って
トルコ政府(ロシア支援、イランとも友好関係)
シリアの反政府軍(アメリカ支援)
クルド人勢力(アメリカが支援、トルコ政府、シリア反政府軍とも対立。シリア政府とは余り対立しないで棲み分け?)
アサド政権軍(ロシア・イラン支援、トルコ政府に対しては不快感)
ですが、シリアの反政府軍の中も一枚岩ではない。

こういう中で、一般庶民が一番受難者であるのは間違いないです。
だが、こんな状態にした発端は一体何なのか?根本は米英の始めたイラク戦争ではないのか?
さらにさかのぼれば勝手に国境を引いた英仏ではないのか?
そのことを無視して、米英仏テロ対策だ、難民だと騒ぐのもどうか、と思います。

  • トルコのエルドアン大統領とアメリカのトランプ大統領
    トルコのエルドアン大統領とアメリカのトランプ大統領

トルコのエルドアン大統領が、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、トランプ大統領に対し、地域のテロ組織への支援と彼らの武装化をやめるべきだと語りました。

イルナー通信によりますと、トルコ大統領府の声明では、「この電話会談の最大の焦点は、シリア・アフリンでのトルコ軍の作戦とシリアに関する問題だった」とされています。

エルドアン大統領はこの中で、アメリカに対し、テロとの戦いの枠組みの中で、シリアのクルド人勢力・民主連合党(PYD)やクルド人民防衛隊(YPG)などのテロ組織に対する、武器の支援をを打ち切るよう求めました。

また、トルコのアフリンにおける作戦は国際法規に沿ったもので、国連安保理や国連憲章第51条に基づく合法的な防衛の権利であり、テロとの戦いのためものだとしました。

トルコのオリーブの枝作戦

トルコは、オリーブの枝作戦と呼ばれるこの作戦の目的は、トルコと地域の国境における安全と安定の強化、アフリンにおけるISISやPYDの掃討だと主張していますが、シリア政府は、トルコ軍のアフリンでの作戦を圧政的な侵略と見なし、それを非難しました。

シリア外務省は国連に対し、トルコのこの行動を非難すると共に、アフリンでのトルコ軍の作戦を停止させるため、必要な措置を講じるよう求めました。






More
by hiroseto2004 | 2018-01-25 21:49 | 国際情勢 | Trackback
バブルと貧困は両立しうる~現在の惨状を招いた竹下登・橋本龍太郎の「大罪」~

意外なようだが、バブルと貧困は並立しうる。
 忘れがちだが、昭和末期のバブルでも、「ニュープア」とか「豊かさが実感できない」という言葉はマスコミなどでは、飛び交っていた。

 富が一部のお金持ち・大手企業に集中する一方、消費性向が高い庶民は言われているほど余裕がなく、お金を使わなければ、実体経済は良くならない。

 お金持ちや大手企業が貯め込んだお金は投機に回ったり、怪しげな企業への融資に回る。こういう状態が、昭和末期のバブルでも、平成末期の現在でも起きている。

 昭和末期には住専への融資、平成末期の現在は、株価の上昇はもちろん、「はれのひ」など怪しげな企業への無理な融資となっている。他方で、日本の庶民は、主要先進国でも唯一、名目賃金が伸びない状況、教育費の公的支出のGDP比率は最低、などという状況におかれている。

 ちなみに、1980年代後半(=昭和末期)に、竹下登蔵相・幹事長・総理が、お金持ち減税を行う一方で、消費税を増税。さらに、橋本龍太郎運輸大臣が国鉄民営化で労働組合潰しを行った。

 1990年代中期(=平成前期)には橋本が大店法廃止を含む新自由主義的な法案を次々成立させると共に、消費税増税を強行した。

 今の惨状のおおもとは、昭和末期~平成前期に既に形成されていたのであって、ひとり安倍晋三のせい、というわけではないことにも注意は必要だろう。


by hiroseto2004 | 2018-01-25 18:26 | 新自由主義批判 | Trackback
これはひどい事件です。被害者の方がストレスから辞職しています。
加害者こそ潔い辞職を!




More
by hiroseto2004 | 2018-01-25 18:12 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
昨日1月24日は幸徳秋水刑死107周年でした。高知県四万十市では墓前祭や講演会が行われました。
こういう時代だからこそ、幸徳秋水をしのぶ取り組みには、大きな意義があると思います。寒い中、お疲れ様でした。




by hiroseto2004 | 2018-01-25 15:02 | 歴史 | Trackback
世界の多極化が急速に進んでいますね。日本も、多極化したことを前提とした外交が求められます。
  • ロシアが世界第2の大国に躍進
    ロシアが世界第2の大国に躍進

最新の世論調査の結果、ロシアが軍事力や経済・政治面での影響力、国際的な同盟国の数などの点で、世界第2位となっていることが明らかになりました。

アメリの雑誌USニュースが、世界各国の2万1000人に対して行った調査によりますと、これらの回答者はロシアがアメリカに次ぐ第2の大国だとしています。

この調査ではまた、ロシアに次いで中国、ドイツ、イギリスが続いています。

習近平国家主席とプーチン大統領

ロシア・スプートニク通信によりますと、アメリカの世論調査会社ギャラップが行った調査の結果でも、アメリカの人気がトランプ政権時代になってから最低レベルに落ち込んでいるということです。

総体的に見て、アメリカに対する不満はこの1年間で倍増しています。

トランプ大統領

2016年には、アメリカに対する不満が多数派を占めている国は16カ国でしたが、昨年は53カ国に増えています。

アメリカのパリ協定からの脱退や、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムのシオニスト政権イスラエルの首都認定といった行動は、アメリカの同盟国からも非難されています。





More
by hiroseto2004 | 2018-01-25 14:47 | 国際情勢 | Trackback
サウジアラビア王室空軍(国王・サルマン被疑者、皇太子・ムハンマド被疑者)の攻撃で民間人31人が死亡。
なんということだ!





More
by hiroseto2004 | 2018-01-25 14:43 | 国際情勢 | Trackback
これに関しては、二階幹事長の言うとおりです。
韓国で(五輪が)開かれるときは行かないことにしておいて、日本で何かやるときには来てもらいたいなんて国際社会では通用しない」

逆にいえば、朝鮮でさえも選手を参加させようと言うときに、日本の総理が欠席するというのは
どういうことか?日本の孤立を深めることにもなるでしょうに。

だが、そもそも「断固欠席!」論がまことしやかに議論されると言うこと自体が、日本の「崩壊」状態を示している
と思います。

特に安倍総理を熱心に支持されていた方々のネット上での「総理にがっかり」論にはすこし驚いています。

しかし、冷静に考えれば、「日比谷焼き討ち事件」のようなことが現代ネット上で起きてもおかしくはありません。ここまで、過剰に「対中」「対韓」「対朝」で「強硬」を煽った安倍総理自身が、支持者にネット上で「撃たれる」ということが起きています。




More
by hiroseto2004 | 2018-01-25 14:38 | 国際情勢 | Trackback
9時9分頃、広島県南東部でM3.1。広島と岡山で最大震度1です。
宇津戸断層付近(長さ12km、地震が発生すればM6.7相当)で発生したと思われます。


平成30年01月25日09時12分 気象庁発表
25日09時09分頃地震がありました。
震源地は広島県南東部(北緯34.6度、東経133.1度)で、
震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

岡山県  震度1  新見市唐松*
広島県  震度1  広島三次市吉舎町* 安芸高田市向原町長田*
          福山市松永町 広島府中市上下町上下*
          世羅町小国* 神石高原町油木*

この地震による津波の心配はありません。
各地の震度に関する情報
情報発表日時検知日時震央地名マグニチュード最大震度
平成30年01月25日12時20分25日12時18分頃千葉県東方沖M3.4震度1
平成30年01月25日12時07分25日12時04分頃静岡県西部M2.6震度1
平成30年01月25日10時46分25日10時44分頃山梨県東部・富士五湖M2.9震度1
平成30年01月25日09時40分25日09時37分頃茨城県沖M3.6震度1
平成30年01月25日09時12分25日09時09分頃広島県南東部M3.1震度1
平成30年01月24日22時59分24日22時55分頃福島県沖M4.3震度2
平成30年01月24日19時56分24日19時51分頃青森県東方沖M6.2震度4
平成30年01月24日13時29分24日13時26分頃茨城県沖M4.1震度2
平成30年01月24日12時27分24日12時24分頃北海道南西沖M3.4震度1
平成30年01月24日12時21分24日12時15分頃小笠原諸島西方沖M4.9震度1
平成30年01月24日04時58分24日04時55分頃宮城県沖M3.7震度1
平成30年01月24日03時25分24日03時21分頃茨城県沖M3.2震度1
平成30年01月24日02時36分24日02時32分頃茨城県沖M4.3震度3
平成30年01月23日23時24分23日23時21分頃福島県浜通りM3.6震度1
平成30年01月23日16時20分23日16時17分頃鳥取県中部M3.8震度2
平成30年01月23日15時03分23日15時00分頃京都府南部M3.0震度1
平成30年01月23日12時09分23日12時05分頃奄美大島近海M3.4震度1
平成30年01月23日11時37分23日11時32分頃福岡県筑後地方M2.3震度1
平成30年01月23日04時45分23日04時42分頃群馬県南部M2.8震度2
平成30年01月23日03時01分23日02時58分頃長野県北部M2.8震度1
平成30年01月22日01時30分22日01時27分頃岩手県沖M3.3震度1
平成30年01月22日01時27分22日01時24分頃浦河沖M3.2震度1
平成30年01月21日15時18分21日15時15分頃静岡県中部M3.8震度2
平成30年01月21日11時28分21日11時25分頃福島県中通りM3.6震度1
平成30年01月21日08時19分21日08時15分頃福島県会津M2.9震度2
平成30年01月21日00時16分21日00時13分頃茨城県北部M2.7震度1
平成30年01月20日07時13分20日07時10分頃日向灘M3.1震度1
平成30年01月19日21時03分19日21時00分頃根室半島南東沖M4.6震度2
平成30年01月19日15時48分19日15時45分頃長野県南部M3.1震度2
平成30年01月19日15時45分19日15時43分頃茨城県北部M2.9震度1
平成30年01月19日08時25分19日08時22分頃千葉県東方沖M3.9震度2
平成30年01月18日18時33分18日18時30分頃上川地方南部M2.3震度1
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2018-01-25 11:20 | 事故・災害・事件 | Trackback