エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 02月 28日 ( 13 )

2018年1月/2月の主なニュース・本紙活動報告
2017年11月・12月の主なニュース・本紙活動報告

2月28日(水)
春の嵐に警戒必要。


2月27日(火)

2月26日(月)

2月25日(日)

2月24日(土)
サンフレッチェ、開幕白星発進


広島3区市民連合が懇親会、民・共・社・新社4野党参加

シリア・ダマスカス近郊で戦闘激化、市民巻き添え多数。

2月23日(金)


裁量労働制の再調査と佐川長官ら証人喚問を/6野党が結束 合同院内集会/


2月22日(木)

2月21日(水)
引き続き、広島市議会で総括質疑。2月21日の広島市議会総括質疑




2月20日(火)

2月19日(月)

2月18日(日)

小平スピード500金メダル。平昌五輪。

2月17日(土)



羽生金メダル。男子フィギア。

2月16日(金)



2月15日(木)
広島市議会2月定例会開会



2月14日(水)
西日本各地春一番。






2月13日(火)




2月12日(月)


2月11日(日)

2月10日(土)


寒気が再び襲来、広島市でも雪 明日まで冬の残党・この一週間の地震


朝鮮・金与正氏が韓国・文大統領に親書 くどいようだが、南北・米朝が対話して何が悪いのですか?


2月9日(金)





2月8日(木)

台湾大震災、死者9人に。

2月7日(水)

大雪、低温続く。広島市でも五日連続降雪。

2月6日(火)


2月5日(月)

広島の中3女生徒死亡、「いじめあった」 第三者審議会


2月4日(日)
名護市長選挙、トクチ候補当選



安倍ジャパン、米韓合同軍事演習の再開を要請。安倍ジャパンとは、アメリカ本体さえよりも質(たち)の悪い存在


立春寒波来襲、二日連続の降雪


2月3日(土)



2月2日(金)

2月1日(木)

やはり、証人喚問で決着を付けるしか無いでしょう!安倍昭恵さん 籠池のおっさん「安倍昭恵さんから電話あった」という財務局交渉での音声データ。



カープ日南でキャンプイン。

再び立春以降、大寒波のおそれ

1月31日(水)
名護市長選、稲嶺・渡倶知両候補接戦。http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/202367 外部リンク



1月30日(火)

1月29日(月)

コインチェックに業務改善命令。金融庁。



冬型の気圧配置強まる 広島市東区も雪が降り始めました


1月28日(日)

岐阜市長選、自公候補が「失神KO負け」。



1月27日(土)


栃ノ心が初優勝。大相撲初場所。

1月26日(金)
瀬戸内高校が選抜出場決定。

野中広務さん死去。92歳。元官房長官。



韓国で病院火災、33人死亡。韓国の病院火災、他人事ではない



1月25日(木)

異常寒波続き、日本海側大雪、広島市内も連日の雪化粧、東京-4℃、寒さ続きます




1月24日(水)

異常寒波来襲、北日本日本海側や北陸・山陰大荒れ。全国的に冷え込む。広島市でも雪化粧です!


1月23日(火)

アラスカ湾でM7.9大地震。

草津白根山噴火、一人死亡けが人多数。草津白根山噴火・雪崩 1人死亡11人けが


1月22日(月)
関東4年ぶりの大雪、交通大混乱。

通常国会開会

1月21日(日)




ひろしま男子駅伝、埼玉優勝、広島は12位。

1月20日(土)
大寒。


1月19日(金)

メキシコが核兵器禁止条約批准。4番目。

ひろしま男子駅伝、明後日。


1月18日(木)
米軍ヘリがまた小学校上空飛行。約束反故に。



1月17日(水)



1月16日(火)
東広島市長選挙、3人目の立候補表明。元副知事、弁護士に続き、前市部長。

艦載機移駐容認方針撤回を申し入れ。「西部住民の会」が岩国市に。


1月15日(月)

本社社主、引き続き「安倍総理はエストニアで朝鮮の脅威吹聴するより訪朝で拉致解決を」訴え

1月14日(日)




1月13日(土)


センター試験始まる。

1月12日(金)

トランプ「便所のような国」暴言。




1月11日(木)


広島市内、各地で雪化粧


1月10日(水)

1月9日(火)


1月8日(月)
明日から、低気圧で大荒れのおそれ。雪崩や暴風雪など。広島県内も大雪のおそれhttp://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20180107194520.html

今度は読谷村、米軍ヘリ緊急着陸。

1月7日(日)



1月6日(土)



沖縄・うるま市伊計島に米軍ヘリ不時着。伊計島で米軍ヘリ不時着

関東地方で地震相次ぐ。


1月5日(金)

寒の入り。


1月4日(木)

1月3日(水)

1月2日(火)



1月1日(月)




アメリカ元下院議員が、アメリカの帝国主義の崩壊について警告



by hiroseto2004 | 2018-02-28 23:59 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback(1)
2月23日(金)、26日(月)に行われました常任委員会(総務委員会、消防上下水道委員会、経済観光環境委員会、厚生委員会、建設委員会)の録音中継を公開しました。
(こちらからご利用ください)


by hiroseto2004 | 2018-02-28 20:04 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
この上院議員の言う通りです。サウジアラビアとアメリカの核協定締結はまずいです。
核拡散につながります。また、トランプが金正恩に開き直りの材料を与える形にもなります。




More
by hiroseto2004 | 2018-02-28 20:01 | 反核・平和 | Trackback
裁量労働制は、会社側の首も絞める結果になる。
経団連(昔の日経連)の偉い人たちは、1990年代の労働力がだぶついていた
時代に、1980年代以前の会社が社員を守ってくれる(と思われた)のままの感覚で
「新時代の日本的経営」を策定。それを労働力不足でなおかつ70歳まで働くのが当たり前、
外国人も増えている、現代に持ち込んでいるわけです。



by hiroseto2004 | 2018-02-28 19:57 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

2018国際女性デーひろしま (共催事業)

 毎年3月8日は、女性の権利と世界平和をめざす国連の「国際女性デー」です。「国際女性デーひろしま」は毎年集会を持ち、男女共同参画社会推進のために知恵と力を寄せ合う場としています。
 今年のテーマは、“「核兵器禁止条約」全力応援!”。日本原水爆被害者団体協議会事務局次長の藤森俊希氏による講演をゆいぽーとで行います。藤森氏は昨年のノーベル平和賞受賞者のICANに招待され、授賞式に参加された報告もしていただきます。
  核兵器禁止条約が国連採択された意味をともに考え、核兵器のない世界をわたしたちの力でつくりだしましょう。


講演 「子どもたちの明るい未来へ」

講師  藤森 俊希(ふじもり としき)さん


※その他、別会場(別日程)でも映画上映会などの関連イベントを
行います。
          

日時
3月10日(土) 13:00~15:10 (12:00開場)
対象
どなたでも
参加費
700円(高校生以下無料)
場所
ゆいぽーと
主催・共催
主催:2018国際女性デーひろしま実行委員会
共催:広島市
申込方法
来館・電話でお申し込みください。
TEL:082-248-3320  FAX:082-248-4476
  • ※メールでのお問い合わせはこちら
  • ※申し込みの際にいただいた個人情報は、この事業以外には使用いたしません。
  

by hiroseto2004 | 2018-02-28 19:04 | ジェンダー・人権 | Trackback
  • イランのザリーフ外務大臣
    イランのザリーフ外務大臣

イランのザリーフ外務大臣が、「アメリカとイギリスは、イエメンでのサウジアラビアとアラブ首長国連邦の犯罪行為に加担している」と語りました。

26日月曜夜、イギリスは、イエメン危機を作り出したサウジアラビアとアラブ首長国連邦の役割に触れることなく、この危機におけるイランの役割に懸念を示す決議案を、国連安保理に提出しました。

ロシアとそのほかの3カ国は、この決議案は一方的で、イランへの圧力行使のために作成されており、イエメンの衝突におけるイランの役割に関して証拠はないと強調し、この決議案に反対しました。

このイギリスの決議案は、ロシアの拒否権行使により、却下されました。

ザリーフ外相は27日火曜夜、ツイッターで、国連安保理にて反イランの決議を採択しようとするアメリカとイギリスの努力の失敗に触れ、「イエメン危機を終わらせる唯一の方法とは、対話と挙国一致政府の樹立だ」と強調しました。

また、アメリカとイギリスによるこのおろかな努力は、イエメンでのサウジアラビアとアラブ首長国連邦の戦争犯罪に加担していることを隠すためのものだとしました。

さらに、「イエメン危機の開始から、イランは停戦、人道支援、対話、挙国一致政府の確立を求めており、現在もこのアプローチは、唯一のイエメン危機の解決法だ」としました。


by hiroseto2004 | 2018-02-28 18:59 | 国際情勢 | Trackback
大きな歴史の流れで見ると、「西側」というものが、東側の崩壊から30年経過した今、空中分解しているというのが今の流れでしょう。




More
by hiroseto2004 | 2018-02-28 18:57 | 歴史 | Trackback
2月の締めは荒天です。ご注意ください。
春というのは「春うらら」という言葉と実態はかけはなれており、寒気を暖気が押しのける過程で激しい闘いになり
天候があれる、というのがデフォルトです。雷や暴風も多いのです。



More
by hiroseto2004 | 2018-02-28 16:51 | 歳時記 | Trackback
裁量労働制の前提となるデータの偽装問題。

安倍総理が、労政審の議論を待たずに、財界の要請を受けて突っ走った。仕方なく厚労相も従い、困った官僚も捏造したデータを出した。そういう構図が、浮かびます。

まずは、古賀茂明さんの記事から。

確かに、最近、官僚の評判はすこぶる悪い。しかし、彼らは決して悪人というわけではない。もちろん、聖人君子でもない。普通の人だ。普通の人は、良心もあり正義感もあり勇気もある。しかし、同時に弱い心も持っている。官僚も同じだ。官僚には能力の高い人がたくさんいる。良心も持ち合わせているだろう。正義感も不正と闘う勇気もあるはずだ。しかし、彼らの良心、正義感、勇気全てが劣化していると感じるのは私だけだろうか。
 どうしてそんなことになるのか。それは、安倍総理の独裁性が極限にまで高まり、少し前までは強大な力を持つと信じられていた官僚たちにさえ、最初から良心を放棄させ、正義感を忘れさせ、政権の過ちを指摘する勇気も失わせてしまったのではないか。
 今回の厚労省のあまりにもひど過ぎる不祥事を見て、あらためて、日本には、「独裁者」が誕生しつつあるのだということを痛感させられるのだ。

次に紹介する「ゲンダイ」の記事が本当であるならば、「厚労省の佐川」というわけですね。
「安倍総理に忖度して、データを偽装し、出世しよう。」

そういうわけです。
しかし、結局、こういう人間が昇進をしていくというのは、安倍政権の弊害であることは明らかです。
今や、全官庁に「総理への忖度」汚染が広がっているといわざるを得ない。
内閣人事局制度も失敗だった、と言わざるを得ない。

また、小選挙区制も、「国務大臣を含む与党議員による総理チェック機能」の低下を招いたといわざるを得ない。
(∵自民党公認をもらえないと当選が難しいから、国務大臣を含む与党議員は、総理の機嫌を損なえない。)

こんな安倍政権下で、総理やお友達の大手企業の権力・権益を拡大する法案を一本も通してはいけない。
そして、安倍政権を1秒でも早く打倒するとともに、内閣人事局制度や小選挙区制の見直しも課題としていかなければならない。
そう痛感しています。





More
by hiroseto2004 | 2018-02-28 15:00 | 安倍ジャパン | Trackback
東京入管によるメルバンさんの拘束事件。行政手続法も国際法原則も無視しています。
入管職員のやっていることは、特別公務員暴行陵虐容疑ではないでしょうか?

トルコという親日国家、そしてエルドアン大統領という「安倍友(?)」が弾圧しているクルド人は日本では難民として認められにくい
という事情が背景にあります。しかし、それって、おかしいのではないでしょうか?



More
by hiroseto2004 | 2018-02-28 14:42 | 国際情勢 | Trackback