人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 06月 21日 ( 10 )

もはや新自由主義というより第二次大戦末期の勤労奉仕とか「竹槍でB29」が連想される高プロ

高プロ自体はこの二十年間の新自由主義=労働法改悪の総仕上げという見方で正しい。しかし、総仕上げというよりは第二次大戦末期に労働力が足りなくて学生や主婦も投入した状況を思い出さされる。
日本自体も第二次大戦末期に似た状況なのだろう。
新自由主義の結果日本は自滅し、第二次大戦末期化した。
実を言えば第二次大戦末期もサイパン陥落前まではあまり日本人の尻に火がついていなかったそうだ。
現代日本は、東京五輪が、竹槍でB29を迎撃するような事態になりそうだ。
by hiroseto2004 | 2018-06-21 21:29 | 安倍ジャパン | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月21日は広島市安佐南区中筋駅前、古市駅前、大町駅前、安東駅前で街頭演説。

引き続き、大阪北部大震災の被災地にお見舞い申し上げるとともに、「欠陥法を急ぐより震災対応を」と訴えました。

自公が高プロを含む働き方改革一括法案などを強行するために国会を会期延長したことについって抗議しました。

「総理が所属する自民党は過去二十年間の労働法改悪で少子化が加速させた。人手不足になったので残業代なしに国民を働かせようというわけだ。大戦末期の特攻隊とか【徴用】と同じだ。」
と批判。
「過去二十年間の規制緩和の流れで実質賃金が低迷したことも日本の経済を悪くした。さらに高プロを導入すれば、劣悪化した労働条件のなかで、外国の優秀な労働者だって来なくなる。」
と指摘しました。

さらに自民党が提案する「参院議員増加法案」
については、「独仏英は人口比で議員数は日本より多い。定数増は否定はしない」
としつつも「参院のあり方やより民意を反映する制度への改革も含めたものにすべきだ。
国民的な議論を経てすべき話で、自民党の一部議員の身分を守るためであってはいけない。」
と指摘しました。

関連記事

「国内ではうそまみれの法案を白紙撤回。」「外交も信用を失ったトップを変えて日本は出直せ」
by hiroseto2004 | 2018-06-21 20:08 | 活動報告 | Trackback

アーダーン・ニュージーランド首相、ご出産おめでとうございます!
産休を指導者として世界はじめて取られるとか。


by hiroseto2004 | 2018-06-21 19:27 | ジェンダー・人権 | Trackback

ミサイル避難訓練中止へ

ミサイル避難訓練は中止とのことです。
米韓軍事演習をする→朝鮮が対抗してミサイル発射→訓練を行い、安倍政権にカンフル剤注入、という構図がずっとありました。
朝鮮にしてみれば米韓演習は脅威ですし、目の鼻の先でやられた日には、国内向けにもパフォーマンスとしてミサイル発射ということもあったと思う(独裁だからこそ、国民の求心力を高める必要がある)。それに安倍ジャパンも悪のりして、求心力を高めてきた、と言う構図がありました。それが崩れました!


 政府は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定し18年度に予定していた住民避難訓練を中止する方針を固めた。関係者によると、栃木、香川両県など9県で年度内に計画されていた。米朝首脳会談が12日に開かれるなど対話ムードが広がっており、現時点で北朝鮮が弾道ミサイルを発射する可能性は低いと判断した。政府関係者が21日明らかにした。

 9県はほかに、宮城、新潟、富山、石川、奈良、徳島、熊本の各県。群馬、福岡両県は既に実施した。

 関係者は「8月に予定していた米韓合同指揮所演習が中止された」と述べた。政府が日本人拉致問題で北朝鮮との交渉を求めている現状も背景にあるとみられる。


by hiroseto2004 | 2018-06-21 13:36 | 事故・災害・事件 | Trackback

今朝は曇りです

今朝は曇りです_e0094315_09350060.jpg
今朝は曇りの広島市。梅雨の中休みです。

by hiroseto2004 | 2018-06-21 09:34 | 歳時記 | Trackback
自民党の穴見陽一議員は、国会で受動喫煙対策を述べている国民に野次。こういう人こそ「国民の敵」じゃないですか?酷い。酷すぎる。
これぞ、国民の敵、自民党の穴見陽一議員  受動喫煙対策を訴える国民に野次_e0094315_19202556.jpg

by hiroseto2004 | 2018-06-21 08:47 | 安倍ジャパン | Trackback
冷戦を前提としたアジアの親米国家の苦境と迷走≪備忘録≫

日本、イスラエル、サウジアラビアがいま、外交的にも苦しい体勢だ。
共通点は冷戦を前提とした親米国家であったこと。F15をアメリカから買っていることである。

イスラエルとサウジアラビアはイギリスがバックに付いてつくり、第二次大戦後はアメリカが引き受けた。
日本の場合は日英同盟から第二次大戦を挟んでアメリカ従属に。

しかし、いま、アメリカの力が低下し、イスラエルとサウジアラビアという人工国家はピンチに。
日本政府は安倍独裁のもと、迷走している。
by hiroseto2004 | 2018-06-21 08:36 | 国際情勢 | Trackback
ジャパンの勝利を喜ぶならハリル前監督への感謝も忘れずに

そして、あんな形でハリルを首にしたジャパンは国としてブラック企業だ!
このままでは、日本に優秀な外国人も来てくれなくなりますよ。


by hiroseto2004 | 2018-06-21 06:58 | スポーツ | Trackback
イギリスも引きこもるトランプ・アメリカとは距離をおいています。

by hiroseto2004 | 2018-06-21 06:24 | 国際情勢 | Trackback
またまたアメリカの「連盟よさらば、我が代表堂々退場す」です。
今度は人権理事会。
今回の直接の原因はイスラエルによるパレスチナ虐殺問題への対応です。
しかし、世界史的な大きな流れとしてアメリカに余裕がなくなり、「キレてしまった」感が強い今日この頃です。
われわれは世界史の大きな流れとして、アメリカが余裕がなくなり世界から引きこもるという過程を目の当たりにしています。
冷戦崩壊以上の地殻変動かもしれません。

by hiroseto2004 | 2018-06-21 06:17 | 国際情勢 | Trackback