エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 06月 24日 ( 5 )


トルコのエルドアン政権も人権侵害など危険です。しかし、トランプが無茶をするものだから
まともに見えてしまうという痛し痒しの現象が起きています。


トルコ、アメリカ製品に対する関税を引き上げ

  • トルコのゼイベクチ経済大臣
    トルコのゼイベクチ経済大臣

トルコのゼイベクチ経済大臣が、アメリカからの輸入品に対する関税を引き上げるとしました。

イルナー通信によりますと、ゼイベクチ大臣は、トルコのNTVチャンネルのインタビューで、アメリカがトルコからの輸入品に対し、2億6000万ドルの関税賦課を決定したことに触れ、「トルコ政府も、これに対する報復措置の中で、アメリカから輸入する製品に2億6600万ドルの関税を課した」と語りました。

また、「アメリカは新たな貿易政策によって他国との経済戦争を開始しているが、この政策は、受け入れがたいものだ」と述べました。

アメリカのトランプ大統領は、今年3月8日、アメリカに輸入される鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を賦課しました。


by hiroseto2004 | 2018-06-24 22:00 | 国際情勢 | Trackback
インドもアメリカによる対イラン因縁・制裁には反対。
NPTに反して核武装してきたインドは、イランによる核の平和利用までは理解を示していました。



More
by hiroseto2004 | 2018-06-24 21:57 | 国際情勢 | Trackback
ユダヤ人でもまともな感覚ならイスラエル首相のネタニヤフ被疑者(ちなみに妻は被告人)なんて支持できませんでしょう!
スピーチなんか聞きたくないでしょうね!
ポートマンに拍手です!
https://jp.reuters.com/article/portman-idJPKBN1HU09T

by hiroseto2004 | 2018-06-24 20:03 | 国際情勢 | Trackback
「japan is cheap」路線で暴走の果てに「現代の本土決戦」高プロ&五輪ボランティア

海外の企業では「ジャパンイズチープ」というのが合言葉らしい。
日本はもはやいわゆる欧米先進国はもちろん、中国や韓国、マレーシアなどの都市部と比べても安い給料で人が雇えるというのだ。
日本では人手不足というけど、その実態は、外国企業より安い給料しか日本企業が出さないから、ということになる。
日本人がおとなしすぎるのに漬け込んで給料を出し渋った結果、少子化と海外の優秀な労働者の日本敬遠が合わさって今の状況になっている。
そこで、じゃあ無制限に人間を働かせちゃえ、というのが高プロの狙いである。
ここまでくると市場経済ではなく「一定の支払いで無制限に労働を徴発する」統制経済である。
成果に応じて払う?バカをいいたまえ。今の日本企業の体質では、早く終わったらさらに仕事を押し付けるだけだ。だが、次々と現場では人が倒れ回らなくなっていくだけだ。企業よりえぐいのが恐らく安倍晋三&偽野党小池による東京五輪ボランティア徴発だろう。
特に学生を内申書を餌に強制徴用しかねない。酷暑のなか少年少女がこきつかわれる。まさに本土決戦だ。
日本経済の現状を見れば、いまはもはや1945年状態だが五輪まで降伏しなければ経済版の本土決戦である。

「ジャパンイズチープ」といわれておかしいと思わない日本人がおかしいと思う。

ちなみに日本の建て直しはこのままだと現代版進駐軍=日本企業よりは高い給料を出せる中国や韓国や場合によってはマレーシア企業の日本進出などが契機になると見ている。
by hiroseto2004 | 2018-06-24 19:44 | 安倍ジャパン | Trackback

蒸し暑い曇り空

e0094315_08220083.jpg
蒸し暑いくもりです。熱中症にご注意!

by hiroseto2004 | 2018-06-24 08:21 | 歳時記 | Trackback