エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 07月 05日 ( 11 )

イギリスはトランプの対イラン制裁には加担せず。


by hiroseto2004 | 2018-07-05 22:41 | 国際情勢 | Trackback
イランのロウハーニー大統領、スイスとオーストリアを訪問。
両国の首脳やIAEA の天野事務局長と会談。核合意維持を強調しました。



by hiroseto2004 | 2018-07-05 22:36 | 国際情勢 | Trackback
名古屋高裁金沢支部では、地裁判決を取り消し、大飯原発再稼働容認。
前日の≪原発輸出しまくりエネルギー基本計画≫、さらにはこの日は東海第二原発再稼働容認の規制委員会など怒濤のバックラッシュです。
もちろん、諦めてはいけない。このまま原発ビジネスマ依存でやっていっても日本はうまく行かないのは、東芝や三菱で明らかだから。

by hiroseto2004 | 2018-07-05 16:17 | エネルギー政策 | Trackback

強い雨雲次々。

気象庁の短時間降水予測では今夕と明日朝に大雨のピークがありそうです!ご注意ください!
e0094315_15435283.png
e0094315_15440761.png
e0094315_15442115.png
e0094315_15443646.png
e0094315_15445057.png
e0094315_15450101.png
e0094315_15452428.png
e0094315_15453367.png
e0094315_15454139.png



e0094315_15235591.png
e0094315_15190118.png
15時過ぎ現在、九州北部~山口~広島・島根・鳥取・近畿北部~北陸に凄まじい強い雨雲。警戒してください!

by hiroseto2004 | 2018-07-05 15:18 | 事故・災害・事件 | Trackback

二周遅れの安倍ジャパン

二周遅れの安倍ジャパン

昨日衆院委員会で水道法改定案が強行。民営化のみ削除した修正案を野党側は出すも否決。(人口減少に対応した広域化とかは野党も賛成。問題は「民営化=コンセッション」を混ぜ混んでいること。働き方改革の高プロ混ぜ込みと一緒。)
世界は水道民営化で弊害を感じ、再公営化の流れ。しかし、せっかくの世界の経験をいかすことなく「これから」水道民営化に乗り出す安倍=麻生ジャパン。
二周遅れを進んでいると勘違いしている痛すぎる国になっている!
by hiroseto2004 | 2018-07-05 15:04 | 新自由主義批判 | Trackback
伊方原発3号機運転差し止めを命じた仮処分にたいして四国電力が異議を申し立てている異議審二回目。
広島高等裁判所が住民側が申請した火山学者など証人を却下。住民側は裁判官の忌避を申し立てました。
e0094315_23025896.jpg


by hiroseto2004 | 2018-07-05 10:35 | エネルギー政策 | Trackback
イラク首相はアメリカの軍事顧問削減を要求。また、アメリカの前駐イラク大使は任務はマリキ政権転覆だったと認めました。



by hiroseto2004 | 2018-07-05 10:30 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
安倍ジャパンは安倍総理のイラン訪問中止を発表。しかし、イラン側は「計画や話し合いはなかった」としています。
安倍ジャパンが総理のイラン訪問計画をでっち上げ、アメリカに潰されたことにしたのではないか⁉
アメリカの被害者としての安倍総理を演出しようとしたのではないか?そんな疑いもあります。



by hiroseto2004 | 2018-07-05 10:20 | 国際情勢 | Trackback
ユニセフも、サウジアラビアおうしつくうぐんなど連合軍によるイエメンのこども殺害を非難しました。


by hiroseto2004 | 2018-07-05 10:10 | 国際情勢 | Trackback
文科官僚が子どもの入試を合格させてもらったのが賄賂と見なされ、逮捕!
https://mainichi.jp/articles/20180704/k00/00e/040/279000c
それなら安倍晋三さんが加計学園に選挙活動を応援してもらったのも賄賂では?

by hiroseto2004 | 2018-07-05 10:01 | 事故・災害・事件 | Trackback