エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 07月 14日 ( 13 )

「トランプ大統領はイギリス入国当初から、同国への内政に干渉し、同国のEU離脱を強く批判するとともに、」
そうなんですね。
それにしても、イギリスの人々が怒るのは当たり前。「そんなの俺らの勝手」だと。内部でいろいろ
意見はあるにせよ国民投票までして決めたことに横やりをいれられてはカチンときますね。



by hiroseto2004 | 2018-07-14 20:31 | 国際情勢 | Trackback

ボランティアがけっこう危険な作業 怪我人も複数


被災地ではボランティアがけっこう危険な作業に従事しておられます。

本社社主が入った場所でその日の作業中に脱臼も含む怪我人も複数おられました。

熱中症で倒れる人も複数おられました。


危ない場所は、自衛隊にやってもらったほうがいいと思います。コンビニ物資輸送より公務員としての自衛隊にふさわしいと思います。



by hiroseto2004 | 2018-07-14 20:09 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
米国カジノから西村「酒盛り」副長官がパー券を買ってもらっていたという。
完全な贈収賄では無いのか?
西村副長官の即時議員辞職を求める。

by hiroseto2004 | 2018-07-14 20:06 | 安倍ジャパン | Trackback
「長期政権」の緩みではない

マスコミは初動の遅れについて「長期政権の緩み」と批判している。

しかし、そもそも、ドイツやアメリカでは日本より長期政権がいくらでもある。メルケルやオバマがこんなに緩んでいただろうか?

「長期政権の緩み」というのは論理的では無い。総理の大叔父に当たる佐藤栄作(故人)は安倍晋三よりは総理在職期間が現時点では長いが、こんなに緩んでいたろうか?

というより、そもそも、安倍政権になってからは、総理ら一部幹部公務員のワークライフバランス(働き方改革)を「はき違えた形」で有事に優先させる状況が繰り返されてきた。政権初期の2014年における山梨大雪害への対応や広島土砂災害への対応などである。

政権初期から「ゆるゆる」なのが安倍ジャパンの体質である。

マスコミは、5日夜の「自民亭」問題ばかりを取り上げ、あるいは「長期政権だから緩み」などという批判のしかたをし、安倍ジャパンがそもそもずっと「ゆるゆる体質」だったことから目を反らせていないか?

昔、相撲で千代の富士(故・秋元貢氏)の対戦相手が、激しく突っ張っているように見せかけながら、実は千代の富士の肩しか突っ張らずに、最後は負けてやったことが多かったと言われている。千代の富士が安倍晋三、対戦相手がマスコミに見立てることが出来ると思う。巧妙な翼賛体制だと思う。


by hiroseto2004 | 2018-07-14 19:26 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
総理の第一声の際に、おにぎりを配布した市議が書類送検。
総理の周りというのはどうして、こう、疑惑が噴出するのか?!
類は友を呼ぶとしかいいようがない。



More
by hiroseto2004 | 2018-07-14 18:58 | 安倍ジャパン | Trackback
加計学園は、愛媛県から補助金をもらっています。
県民の代表である議会が自民党も含めた全会一致で説明責任を求めるのは当然です。



More
by hiroseto2004 | 2018-07-14 18:55 | 安倍ジャパン | Trackback

いわゆる五十股ですね。
本当なら激痛のはずです。お大事に、としか申し上げられない。
「日常生活に支障が無い」ということはあり得ない。

そうでなくて、平然と東京で公務とか、あるいは海外へ行くなら痛みが吹っ飛ぶとか言うのであれば、「ふざけるな」としか申し上げられません。



by hiroseto2004 | 2018-07-14 18:50 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
愛媛への特別警報は明らかに遅かったと思います。
気象庁は逃げずに検証し、改善の努力を!



by hiroseto2004 | 2018-07-14 18:40 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback

有事と公務員のワークライフバランスについてーー西日本大水害を機に考える

元連合・自治労広島県職員連合労組支部執行委員/現民間介護労働者・全労連自治労連広島介護福祉労組執行委員 さとうしゅういち

くどいようだが、今回の災害で改めて「有事と公務員のワークライフバランス」については考えておきたい。

連合と全労連両方で組合役員をさせていただき、行政の正規職員と民間労働者双方を経験した立場から若干考察したい。

安倍ジャパンにおいては、今回の災害に限らず、どちらかというと安倍総理を先頭とした特に高給公務員のワークライフバランスをはき違えた行動が災害の度に目立つように思う。

やはり、特に今回は総理は行政府の初動の誤りは認めるべきだ。

そうでないと、反動で行政府の人間のワークライフバランスそのものを否定する極論(某元大阪市長のような)が復活しかねない。民間では、平時でもなかなか休めない。例えば介護現場では利用者がおられる限り、土日休日なんぞ関係ない。だから、公務員は安倍総理や各閣僚を先頭に言動には慎重を期してほしい。「公務員に天誅!」の政党や政治勢力が再度伸びれば 、現状以上に日本が混乱する危険もある。だから民間労働者を挑発する言動は避けていただきたい。連合・自治労OBとしても心配している。

もちろん、幹部・現場問わず、公務員が倒れてはいけない。2014広島でも避難所担当で疲弊しきった市役所職員のみなさんが食いつくように我々ボランティアが炊き出した味噌汁を飲まれていたのが目に焼き付いている。公務員も栄養バランスなど気を付けてほしいし、健康確保を多角的にもやるよう組合(連合・全労連問わず)も突き上げてほしい。長期的な視点から、この間の人員削減が正しかったのかどうか、検証も労使協議や議会などの場で行われるべきだろう。

なお、幹部・現場問わず、公務員に余計な負担が行かないよう、災害以外の法案や条例案の審議は先送りなどのことは考えられる。

石井国土交通大臣もカジノと災害両方真面目にやったら倒れかねない。
だからといってカジノを真面目にやって災害は手抜きでは困る。
我ながら歯切れが悪いが、
今回の災害について徹底検証することは大前提に
1、一般職公務員の身分の安定はやはり、有事対応ということが込みであろうからご理解頂く。
2、政治家の高給もそうだから有事の負担は当然。。
3、とはいえ公務員が倒れてはいけない。
4、作業環境など無理ないようにする。組合の出番。
5、仕事量セーブは、災害以外の法案や条例案は当分切り捨てることで行う。
6、今後は現場公務員数を減らしすぎではなかったか?ということも含めて検討する。
7、冷静な議論にするため、安倍総理を先頭とした公務員は、初動の誤りは認める。民間労働者を挑発するような言動は避ける。
くらいだろうか。


by hiroseto2004 | 2018-07-14 18:35 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
水道民営化法案審議見送りが決定。
これは当然!
水道民営化より水道復旧が加藤勝信厚生労働大臣の仕事!

by hiroseto2004 | 2018-07-14 17:06 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback