エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 10月 10日 ( 9 )

安倍総理がアウンサン・スー・チーに諫言とか。
まあ、これは安倍総理のやることにしては(?)正しいだろう。

最近のアウンサン・スー・チーはあまりにも酷すぎる。

たとえば、アウンサン・スー・チーの悪口をFBで書いたら逮捕され実刑判決というのだから無茶苦茶である。

ただ、「スーチー問題」は日本人にとっても他人事では無い。
我らが安倍瓶三こと晋三さんだって、虚偽答弁、文書改ざんなど、民主主義を根底から壊している。このまま安倍政権が続けばさらにひどくなることは明らかだろう。




More
by hiroseto2004 | 2018-10-10 21:44 | 国際情勢 | Trackback
「貴乃花」を嘲笑することもわたしには出来ない【備忘録】

【備忘録】「志ある若手」が「ムラ社会・既存組織に天誅!」の勢い余って更なるダークサイドに堕ちる(貴乃花化)問題をどうソフトランディングするか


「志ある若手」が、「ムラ社会」なり、「既存組織」の不寛容さ、前近代ぶりに憤るのは当然の理です。

正直、今の日本って「不寛容社会」と言う表現がぴったりです。

昭和後期と比べても平成末期の現在の日本には「過去の栄光」に拘る気風が蔓延しており、哲学的に言えば、今の日本は、昭和後期(手放しで賞賛は出来ないが)と比べても、むしろ後退すらしている。


平成で日本は、ポストモダンに進むかと思えば、プレモダンに逆行していると思える有り様だ。


具体的には、Uターン者への村八分なんかも続発する有り様だ。

相撲協会だけでなく日本全体がいわば動脈硬化している。


ただ、一方で、そうした状況を憂える「志ある若手」が、更なるダークサイドに堕ちるという状況もある。


再三言及している貴乃花なんかその良い例だ。


わたしの身近でも反貧困に熱心だったけど既成組織や労組などへの反発の勢い余っておおさか維新、さらには安倍礼讃という若者とかおられた。


「堕落した」男性公務員、男性労組幹部への反発の勢い余って、それらのアンチテーゼとしての極端なネオリベや極端な国家主義に走る女性政治家とかも結構おられる。


ひとつの国が落ちぶれるとき、いわゆる「崩壊の時代」というのはそういうものだろう。


「反省なき進歩なき既成組織やムラ社会」と、「天誅!の勢い余って暴走する「志ある若手」」がお互いに罵倒しあい、国や地域、会社や社会運動を空中分解させている。


むろんこのままではいけん。


粘り強く、個人レベル(平場)での対話を重ね、進歩的・生産的な方向を追求したいものだし、既に実践してはいる。


若手も年配者も活きるような方向性、大きな組織に所属する人(の主流派)もそうでない人も活きるような方向性を粘り強く追求したいものだ。




by hiroseto2004 | 2018-10-10 21:37 | 思想・哲学 | Trackback
反体制ジャーナリストのジャマル・カショギさんを暗殺するなど、かなりサウジアラビア(皇太子・ムハンマド被疑者)は
強引な手段に出ています。
イエメン戦争では、イエメンの反撃に遭っており、米英仏の武器会社を儲けさせるだけになってきている。
サウジアラビアの内部矛盾はかなりの程度にたっしており、いつ暴発してもおかしくないですね。


More
by hiroseto2004 | 2018-10-10 21:33 | 国際情勢 | Trackback
by hiroseto2004 | 2018-10-10 21:26 | 広島3区市民連合 | Trackback
バーニー・サンダース、言ってくれましたね!そのとおり!
サウジアラビア(皇太子・ムハンマド被疑者)はいい加減にすべきだ。


More
by hiroseto2004 | 2018-10-10 19:54 | 国際情勢 | Trackback
ヘイリー米国連大使が突然辞任。
多くの人が歓迎しています。
ヘイリー米国連大使はアメリカの独善の象徴です!

by hiroseto2004 | 2018-10-10 19:46 | 国際情勢 | Trackback
「インフルエンザ」にご注意ください

インフルエンザが早くも流行。近隣市町の老人ホームでも職員がインフルエンザ発症という情報が。

早すぎるイメージがあるが、ご注意ください!

by hiroseto2004 | 2018-10-10 17:52 | 介護・福祉・医療 | Trackback

久しぶりの雨です

e0094315_08184752.jpg
本日の広島地方はは久しぶりの雨です。
涼しくなりましたね。

by hiroseto2004 | 2018-10-10 08:18 | 歳時記 | Trackback
平成30年7月西日本豪雨災害における被災者支援を行う女性の支援事業
要綱制定平成30年9月8日
          広島県の男女共同参画をすすめる会  会 長 井上佐智子          
          公益財団法人広島県男女共同参画財団 理事長 長尾ひろみ

このたびの西日本豪雨災害で被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りいたしております。

さて、広島県の男女共同参画をすすめる会と公益財団法人広島県男女共同参画財団では、「災害被災者を支援する女性たちへ
の支援」を事業の目的として、標記の助成事業を創設しました。

広島県内の草の根の活動を行っておられる女性のみなさんたちへの活動の一助となれば幸いです。既に活動を行ったグループ、
これから活動を行うグループのかたたちも、御応募下さい。

応募締め切りは10月31日(消印有効)です。

女性の視点で、活動を展開しておられる方たちの、御応募をお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■目的 この事業は平成30年7月西日本豪雨災害における被災者支援を行う、 広島県内の女性団体・グループのボランティア活動
に対する支援を行うことにより、その活動を総合的に推進し、もって男女共同参画社会づくりの視点をもった豊かなまちづくりの実現
に寄与することを目的とします。

■主催 この事業は、広島県の男女共同参画をすすめる会と公益財団法人広島県男女共同参画財団が主催します。

■支援の内容 支援の内容は、平成30年7月西日本豪雨災害における被災者支援に係るものを対象に、1団体・1グループあたり
5万円または10万円を交付するものとします。

■助成額総額 80万円(*NPO法人全国女性会館協議会の会員館から寄せられた、西日本豪雨災害支援金を原資の一部とします。)
次の要件を満たす団体・グループが対象となります。
(1) 団体構成員の過半数が広島県民、または団体の所在地が広島県内にあること。
(2) 法人格の有無を問わず、任意のグループでも可能です。


■助成対象事業の期間 
 平成30年7月から翌年6月までの1年間に実施される活動とします。

■応募方法  別様式第1号の申請書で応募してください。

■助成金の使途                           
(1)活動の目的を達成するために必要な経費を対象とします。
*交通費、ガソリン代、ボランティア当日の飲食代を含みます。
(2)使途が適当でない経費については、交付決定委員会の判断で減額する場合があります。
(3)団体の活動拠点施設の維持管理費(事務所の賃料、水道光熱費など)は助成の対象としません。

■留意事項 応募は1団体・1グループあたり1件としてください。

■募集期間 平成30年10月1日から10月31日(10月31日の消印有効)

■公募の方法
 (1)10月1日に、広島県記者クラブに、公募に係る資料を提供します。
 (2)公益財団法人広島県男女共同参画財団ホームページに掲載します。

■支援の決定 書類審査により行います。交付決定委員会において、11月上旬に決
定し、通知します。

■活動報告 助成決定を受けた団体には、別紙様式第2号の活動報告(活動がわかる写真を貼付してください。
ガソリン代などの領収書は不要ですが、内容がわかるように、一覧表などに記載してください。)提出していただきます。

■活動内容の広報等 活動内容は、公益財団法人広島県男女共同参画財団ホームぺージおよび
NPO法人全国女性会館協議会ホームページに掲載します。また、マスコミに公開することもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■応募書類送付先
 事務局 住所 〒730-0051 広島市中区大手町1-2-1 おりづるタワー10階
宛先 広島県の男女共同参画をすすめる会 会長 井上佐智子

■問合せ
新歩一 携 帯  090-8066-3341
佐 藤 携 帯  080-1913-3557
井 上  e-mail  luckey@network.email.ne.jp
by hiroseto2004 | 2018-10-10 07:19 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback