エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 11月 08日 ( 9 )

既報ですが、アメリカ中間選挙でイスラム教徒の女性がはじめて下院議員に当選。
トランプがポストモダニズムをぶっ壊し、その跡地に若手が新しい社会主義を育てる

トランプが「勝ち組中心のポストモダニズム」をぶっ壊し、その跡地に若手が新しい社会主義を育てる
トランプはポストモダニズムをぶっ壊した。ここで言うポストモダニズムは、クリントンを代表とする「勝ち組中心の多様性尊重」である。
トランプを支持は出来ないが、さりとてクリントンのような「勝ち組中心のポストモダニズム」では、たとえば女性やマイノリティーでも、若手、低賃金労働者などはおきざりにされてしまう。そして、対外的にも中東空爆しまくりである。
クリントン的な勝ち組中心のポストモダニズム的なもの(欧州で言えばメルケル、キャメロン、マクロン的、日本で言えば敢えて言えば小泉純一郎さん、前原誠司さん、小池百合子さんあたり的なもの)が一旦ぶっ壊されるのは必要だったのかも知れない。
民主党内でも、クリントン的なものが威張っていたのが、若手が活躍できるようになり、却って新陳代謝で活性化したようにも見える。
アメリカも昔のような重みはもはや、世界に置いても持ち得ない。ただし、捨てたものでもない、というところだろう。




More
by hiroseto2004 | 2018-11-08 20:42 | 国際情勢 | Trackback
維新の支持層や個別の地方議員には、憲法や原発ではリベラルな人も多い。
ただ、「公務員や教員に天誅!」ということで、維新を支持している人も多い。
特に、就職氷河期世代の高学歴ワープアなどにその傾向はある。
また、既成政党の締め付けが「うざい」という人も多い。
そういう個別の支持者や、地方議員あたりと「公務員・教員云々」以外の部分で一致するところはご一緒に行動したり、コンタクトを取っていくのは良いだろう。
今次災害では公務員不足も深刻だ。教員不足も最近深刻だ。そういうことで考えを直してくれる人もいるだろう。
ただし、「維新の教祖」橋下徹さんと組むのは大悪手だ。
ハッキリ言って、特に、経済政策的には、安倍晋三さんさえよりも悪いことになるだろう。



by hiroseto2004 | 2018-11-08 19:34 | 国際情勢 | Trackback
トランプも完全な対イラン制裁は無理だと認めました。
石油価格の暴騰だけでなく、EUもインドもついてこないということでしょう。



More
by hiroseto2004 | 2018-11-08 19:27 | 国際情勢 | Trackback
何ということだ!広島市のトンネル工事費がどんどん膨らんでいく!国の五輪予算と一緒だ!
広島高速5号線のシールドトンネル工事の工事費を増額するとの記者会見を受けて、日本共産党市議団はトンネル工事差し止めを求めて裁判をされてきた地域住民の団体の代表者らとともに、事業費を度外視した契約は無効であり、工事を一旦中止すべきであると公社・県・市に申し入れました。
 トンネルの掘削工事に不可欠なRCセグメントが見積段階で除外されていたにもかかわらず、公社は事業者と契約をし、議会にも秘密にしたままトンネル工事を開始しています。
 見積になかったRCセグメントは掘削した箇所にはめていくもので、これがなければトンネルは完成しないのです。
 家で言えば柱がない。車で言えば、エンジンがないと同じです。
 
 総額200億円の予定価格で公募し、予定価格に9200円を残すだけの満額での契約でした。2016年5月の契約以来、業者からは4回にわたり事業費を増額してほしいとの要請がされてきたというのです。
 しかし、議会には200億円では事業費が足りないとの説明は、全くありません。いくらの増額が求められているのかも言えないというのです。
 トンネル掘削工事を着工さえすれば、あとは、いくらでも事業費は増額できるとの認識が「公社と事業者」の双方にあったとのではないでしょうか。
こんなずさんな契約のやり方を認めることは、できません。今後の公共事業の契約の在り方にも影響を及ぼしかねません。
 重要な部分の見積もりがないままになぜ、契約したのか、経緯や責任が明らかになるまでは、トンネル掘削工事はいったん中断すべきと求めましたが、公社は工事を続けるというのです。これほど市民を馬鹿にした話はありません。
by hiroseto2004 | 2018-11-08 19:09 | 広島市政(広島市議会) | Trackback(1)
e0094315_09572089.jpg
まだ暖かいが、安佐南区でも山は色付いて来ました!

by hiroseto2004 | 2018-11-08 09:56 | 歳時記 | Trackback
広島瀬戸内新聞は、11月8日、安佐南区中筋駅前で街頭演説。
アメリカの中間選挙の結果を受け
「アメリカ人はトランプさんの暴走を許さないバランス感覚を発揮した。また、女性や若者、先住民やイスラムの人、ウエイトレスなどフツーの労働者が議員になった。いい傾向だ。お坊ちゃまや高級官僚ばかりの日本とは大違いで見習いたい。」
「日本も来年はバランスがとれる参院選にしたい。」
と力を込めました。
他方、アメリカが、ジャマル・カショギ暗殺や7日にもジャーナリスト拷問殺人を起こしていたサウジアラビア(ムハンマド被疑者)に武器を売りまくり、甘やかしていたことは厳しく批判。
「アメリカの民主主義には見習いたいが、アメリカの武器売りまくり、戦争させまくり外交は見習ってはいけないし、日本は憲法を変えてまでアメリカの武器売りまくり、戦争させまくり路線に協力する必要はない。」
と訴えました。さらに、
「日本も油断していれば権力者がやりたい放題のサウジアラビアのようになりかねない。自民党の改憲も権力者がやりたい放題するためだ。」
「安倍総理は【介護をしながら働く人が55万人に増えた】と豪語したがあきれる。【介護をしながら働かないといけない、綱渡りの人たち】が増えただけだろうに。安倍総理は完全に国民を舐めきっている。」
と安倍改憲ノーと、参院選でのバランスある結果の必要性を強調しました。


by hiroseto2004 | 2018-11-08 09:43 | 活動報告 | Trackback

トランプ=後醍醐天皇

トランプ=後醍醐天皇

トランプというのは後醍醐天皇みたいなところもある。
ポストモダンが、格差拡大に無頓着だったことに便乗し、(ラストベルトのアフリカ系の民主党支持労働者や女性も含めた支持を得て)白人男性中心の政治が一時的に復活した。
鎌倉幕府の乱れに乗じて、足利高氏ら武士も味方にして政権を取った後醍醐天皇そっくりだ。
ただし、長続きはしないのは両者共にだ。新しい時代への交代時期に、古いものが一時的に復活するというのは
古今東西ある。
ただし、一方的に退歩して、国自体が滅びることもある。今の日本はそっちになりかねない。

by hiroseto2004 | 2018-11-08 07:31 | 歴史 | Trackback
ポストモダンからラジカル若手・社民主義者へ比重移した民主党

アメリカ民主党もクリントンらポストモダンから、マイノリティの若手やラジカルな社民主義者に比重を移した。
2016大統領選挙では、ポストモダンが主流を占めていたために、若者やラジカルな社民主義者を充分引き付けられず、
トランプに破れた民主党。
ポリコレはいいけど、庶民の苦しみを置き去りにしたイメージがあった。
今回は、ポリコレはトランプとの差違として大前提として維持しつつも、マイノリティ当事者、社会的弱者
を具体的に救うイメージを醸し出したと思う。
ポスト・ポストモダンの流れは確実にアメリカでは広がっている。
by hiroseto2004 | 2018-11-08 06:36 | 国際情勢 | Trackback

安倍総理とは?

時代の革新者の振りをして、総理お友達ばかり儲け、庶民から収奪。ポストモダンどころか前近代に逆戻り。
by hiroseto2004 | 2018-11-08 05:09 | 安倍ジャパン | Trackback