人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年 12月 07日 ( 8 )

もちろん、法相も弁護士とは思えない、醜態をさらし続けましたが。
実習生が69人亡くなられたことが話題になったときにやけていた
総理。
そして「制度の全容は法施行前に」と開き直る総理。
もはや、「総理の資質」以前に「人間性」を疑います。



by hiroseto2004 | 2018-12-07 21:42 | 安倍ジャパン | Trackback
「介護=単純労働だから外国人ににやらせておけ」思考

 出入国管理法改定(外国人奴隷拡大)法案。制度の全容は総理が施行前に発表するというあり得ない事態だ。
一つ言えるのは本法案の前提には「介護=単純労働だから外国人にやらせておけ」思考があるのは間違いない。
 
 冗談ではない。肉体労働であるのはもちろんだが、生身の人間を相手にした感情労働でもある。利用者様の細かい変化を見逃してはいけない。病床の削減で、重症の医療対応が必要な利用者様も増えている。
 
 俺は、役人(行政事務職正規公務員)を11年近くやってからこの介護の職場に入った。明らかに、役人時代よりもむしろ複雑な労働である。やりがいもあるがしんどい部分も多い。

(だからといって「公務員に天誅!」を加えれば日本は良くなる!とは思わないが)介護=単純労働だから外国人にやらせておけ、という思考なら絶対に破綻するだろう。

 介護=単純労働と見下す思考をやめること。
 外国人をきちんと対等な人間と考えること。
これらは最低必要である。
 
 学業成績だけは良いのかも知れないが現場も知らず、中央省庁の役人だけをやっていたような方々、親の地盤で家業としての政治家を継いだだけの方々が、手前勝手な思いつきを押し通し、日本を滅ぼそうとしている。


by hiroseto2004 | 2018-12-07 20:09 | 役人からヘルパーへ | Trackback
残念ですね。違う意見の人とは会わない。度量の狭さを安倍総理はアピール
してしまいました。


by hiroseto2004 | 2018-12-07 19:45 | 反核・平和 | Trackback
日本共産党・中原洋美議員の一般質問。
https://youtu.be/0t-gtjrmDkg
【質問項目】
1 核兵器禁止条約の早期発効にむけて
2 公共事業を安心・安全なくらしと防災の事業に転換を
3 暮らしを守る自治体の役割発揮を

by hiroseto2004 | 2018-12-07 19:37 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
「改革派」向けには「改革」偽装した安倍政権
安倍政権は「反新自由主義グローバリズム」を装い、穏健な保守層に食い込んだ。
他方、かつて小泉純一郎さんや日本新党(小池百合子さんとか)とか民主党(前原さんとか)を支持していたような大都市のブルジョワインテリ向けには「改革派」を装って食い込んだ。
具体的には例えば、加計学園問題では
「今までは省庁の壁で出来ていなかったことを官邸主導で強力に進めた。」
と言う趣旨の開きなおりをした。
しかし、省庁の壁を取っ払った結果、第一には総理のお友だちやそこに食い込んだ一部外資が儲かるだけ、になったケース。水道民営化もそうだろう。「大規模な加計学園」問題になりかねない。
第二には、政策を進めた際の課題が検討されずに突き進んでしまった。外国人奴隷拡大法案はその良い例である。
穏健な保守層向けには反新自由主義グローバリズムっぽさを偽装、大都市のブルジョワインテリ改革派向けには「改革派」を偽装し鉄板の支持基盤を固めた。
それが第二次以降の安倍政権の硬い基盤である。


by hiroseto2004 | 2018-12-07 17:35 | 安倍ジャパン | Trackback

寒いです!

寒いです!_e0094315_13181723.jpg
今季初の本格的冬型。冷たい風邪も吹き付け寒いです!


by hiroseto2004 | 2018-12-07 13:18 | 歳時記 | Trackback
日本は高度成長期の成功体験を「損切り」できないで迷走していますね。

by hiroseto2004 | 2018-12-07 12:34 | 経済・財政・金融 | Trackback

鉛色の冬空です!

本日は、鉛色の冬空です!
鉛色の冬空です!_e0094315_12154139.jpg

by hiroseto2004 | 2018-12-07 12:14 | 歳時記 | Trackback