人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 04月 30日 ( 6 )

2019年3月/4月の主なニュース・本紙活動報告

2019年1月/2月の主なニュース・本紙活動報告


4月30日(火)

4月29日(月)

4月28日(日)

4月27日(土)

4月26日(金)
チェルノブイリ原発事故33年。

チェルノブイリ原発事故33年・平成とは庶民の負担が増え、超大手企業・超大金持ちだけが潤った時代

国民民主と自由党合併。

4月25日(木)
原爆資料館、改装オープン

4月24日(水)

4月23日(火)
外交青書から「北方領土、日本に帰属」を削除。

4月22日(月)

4月21日(日)
三次市長選挙は新人福岡さんへ政権交代。尾道市・大崎上島町は現職。
カープ4連勝

4月20日(土)

4月19日(金)

4月18日(木)

4月17日(水)

4月16日(火)

4月15日(月)





More
by hiroseto2004 | 2019-04-30 23:59 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback(1)
立憲野党は、公務員政策で現大阪市長・現総理への対抗軸を

 6年連続で公務員給料が引き上げの見通しということで、これへの反発が強いのは分かる。しかし、立憲野党も、対応を間違えると安倍総理や現大阪市長を利することになる。

 安倍晋三政権(再登板)は、この20年では最も公務員に対して待遇面では甘い政権である。中央政府では、2000年代前半の小泉純一郎政権が、公務員、特に郵政公務員をぶっ叩き、東京や神奈川など従来は自民党が弱かった地域の大都市の浮動票をかっさらいバカ受けした。
地方政府でも、大阪府知事・市長を歴任した橋下徹さん、松井一郎さんらを筆頭に「公務員をぶっ叩く」ことで浮動票と保守票双方をまとめてバカ受けする「政権」が相次いだのは記憶に新しい。
民主党政権は「震災復興」という大義名分はあったが、国家公務員の給料を削った。こうしたこともあり、民主党は官僚の恨みを買い、官僚に足をすくわれる一因となった。それでも、「国民の生活が第一」マニフェストを貫ければ良かったのだろうが、ガバナンスが崩壊してしまった。
安倍晋三政府は民主党を反面教師として、言い方は悪いが「官僚にあめ玉を与える引き替えに、安倍総理やそのお友達に忖度させ、便宜を図らせたり、文書やデータの改ざん・隠ぺいをさせた。」
と言えるだろう。
現大阪市長の「公務員をぶっ叩いてウケを狙う」路線
現総理の「公務員に飴を与えて忖度させて行政を私物化する」路線
この二つの路線に対して、立憲野党は対抗軸を打ち出す必要がある。
簡単だ。
「公務員に憲法15条第2項に基づいて全体の奉仕者として
仕事をしてもらう」路線だ。
立憲野党が現大阪市長のひたすら公務員をぶっ叩く路線を野党が真似ても、大阪や名古屋以外では通用しない。
特に、沖縄をはじめ、若者の有力な就職先が公務員、という地域では若者層の離反も招きかねない。原発問題で小泉さんと「共闘」する場合にも注意が必要で、彼との距離の取り方を間違えると、公務員比率が高い地方では、新潟県知事選挙に見られたように、票を減らす可能性も高い。

他方で公務員内部の格差も酷いのも事実だ。
多くの非正規公務員が高い専門性で働きながら、低い労働条件に苦しんでいる。特に、教育や福祉などの現場で実際にサービスを提供している人たちが深刻だ。こうした人たちに正規公務員との均等待遇を保障していくことが大事だ。

一方で、行政事務職の公務員の特にエライ人については、手続きや文書、会議など、もっと仕事のやり方を簡素化する余地はある。また、人事制度についても、もっと(特に就職氷河期世代)の中途採用を増やして民間に対して率先垂範するべきだろう。

山本太郎の「公務員を増やす論」はそういう意味で有力なたたき台になる。立憲野党各党や市民連合は共通政策として公務員に対するスタンスを出すべきだろう。


by hiroseto2004 | 2019-04-30 21:25 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
「先進国入り」の象徴が東京五輪1964なら「先進国から転落」の象徴は東京五輪2020

賃金統計が8年分、データがないと言う前代未聞の事態だ。もはや、先進国としての体をなしていない。
日本が先進国入りしたとみられるのは東京五輪1964くらいである。
しかし、今や東京五輪2020が「日本が先進国から転落した」象徴になるのはほぼ確実な情勢だ。
だいたい、第二次世界大戦でも、敗戦間近には日本政府は文書を焼き棄てまくった。今はある種の「敗戦」なのだろう。
by hiroseto2004 | 2019-04-30 19:01 | 歴史 | Trackback
当たり前だが、元号が変わっても諸問題が解決するわけではない。

間もなく、ミカドが交代し、元号が変わるが、日本が見舞われている諸問題が解決するわけではない。
福島原発事故が収束するわけでもない。
貧困問題や教育・介護などをめぐる人々の生活不安がなくなるわけでもない。
統計データ廃棄、会合の記録の破棄など政府の腐敗・隠蔽体質が改まるわけでもない。
分野によっては中国などに大きく遅れを取った日本の技術革新が改元で一挙にすすむわけで
もあるまい。
冷静に考えればなにも変わらないし、改元に浮かれて対応が遅れれば遅れるほど、
事態が悪化するだけだ。





by hiroseto2004 | 2019-04-30 18:43 | 歴史 | Trackback

静岡県西部大雨警報

静岡県西部に大雨警報。広島でも昨夜はやや強い雨でした。
引き続き、注意報や警報が出ている地域のみなさん、ご注意ください。


by hiroseto2004 | 2019-04-30 06:31 | 事故・災害・事件 | Trackback
もはや、日本は「先進国ではない」ですね。
「もはや、戦後ではない」から64年。日本はとんでもないところに転落しています!

by hiroseto2004 | 2019-04-30 06:07 | 安倍ジャパン | Trackback