人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 05月 09日 ( 7 )

トランプは、多国間のイラン核合意を自分からけってイランを脅し、
二国間協議に持ち込もうとしているわけですね。まさか、本気で戦争までは
考えてはいない(とはいえ、偶発的な衝突の危険は高まっていますね)。
EUと日本は基本的に核合意堅持を希望というわけですね。
2019年05月09日18時37分
  • トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカ国家安全保障会議のVictoria Coates中東担当上級主任が、「アメリカのトランプ大統領は、イランとの二者協議を希望している」と語りました。

オーストリア・ウィーンを本拠地とするウェブサイト、teletraderによりますと、Victoria Coates上級主任は8日水曜、「イランとの二者協議というトランプ大統領の提案は誠実なもので、彼はイランの政府関係者が自分の要求を受け入れるよう希望している」と述べています。

Victoria Coates中東担当上級主任

イランのローハーニー大統領は、アメリカの核合意離脱からちょうど1年に当たる今月8日、ヨーロッパ諸国がアメリカの核合意の代償をきちんと補填しなかったことに触れ、「イランは、核合意の枠組みにそって、わが国の2つの義務の履行を停止、今後60日間にヨーロッパ側が自らの怠慢の結果を償うのを待つことにする」としました。

イランのアラーグチー外務次官も、「わが国はこれまで、核合意に留まってきたが、この合意からの段階的な離脱を視野に入れている」と語っています。

トランプ大統領は8日、イラン国民の日常生活を逼迫し、同国の輸出による収入減少を狙うため、新たな大統領令を発し、鉄やアルミニウム、銅をはじめとする金属部門での対イラン追加制裁を行使しました。


2019年05月09日18時50分
  • イランとEU
    イランとEU

イランが核合意内の義務履行の一部停止に踏み切った翌日、EUがイランの核合意残留を希望すると表明しました。

フランス通信によりますと、EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表、および英独仏の外相らは9日木曜、声明を発表し、「核合意に関する最後通牒の全てを拒否し、この合意に定められた自国の義務履行の縮小というイランの声明を、懸念をもって注視している」としています。

EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表

イランのローハーニー大統領は、アメリカの核合意離脱からちょうど1年が経過する8日水曜、ヨーロッパ諸国がアメリカのこの行動の代償をきちんと補填しなかったことに触れ、「わが国は、核合意に定められた、わが国の2つの義務の履行を停止し、今後60日間にわたってヨーロッパ側にその義務履行怠慢の埋め合わせを促すものとする」と述べました。

ローハーニー大統領

また、イランのアラーグチー外務次官も「わが国はこれまで、核合意に留まってきたが、この合意からの段階的な離脱を視野に入れている」としています。

アラーグチー外務次官

こうした中、ドイツ国際放送のドイチェヴェレは9日、EUの上級関係者の話として、「ヨーロッパは、イランがこのたび核合意内の義務履行の一部停止を、核合意への違反および離脱とはみなさない」と報じました。

EUは、9日に発表した声明において、核合意への支持を表明するとともに、アメリカが核合意離脱後に対イラン制裁を復活させたことに遺憾の意を示し、「イランが核合意合同委員会をはじめとする、核合意の枠組みや方策に踏みとどまるよう希望する」と表明しています。




More
by hiroseto2004 | 2019-05-09 22:14 | 国際情勢 | Trackback

「わたくし、さとうしゅういちは、現政権のおしもの世話をさせていただきます」

これは、
「現総理や自民現職議員がやらかした政治の後始末をします」
「現総理や自民現職議員が要介護状態になられ、わたしのところに来られた場合は、もちろん、おしもの世話ができます」
の両方の意味になります。
ただ、以下のことは申し上げたい。すなわち、野党側で国政選挙に立候補する人は覚悟していただきたい。
もし野党が政権を取ったとしても、それこそ、自民党政権がやらかしたすさまじい「失禁」の後始末からしなければならないでしょう。
この国は、賃金統計データが8年分廃棄されているんですよ?どれだけひどい状態になっていることやら。
さとうしゅういちは、介護現場での経験を活かし、後始末に取り組みます。


by hiroseto2004 | 2019-05-09 22:02 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
1979年、米国史上最悪の事故を起こしたスリーマイル原発閉鎖へ。
市場原理により淘汰ということですね。
日本の場合、原発は国策で保護されています(総括原価方式)ので
こういうことは起こりにくい。しかも、フクシマ後も国が先導して輸出までしようとする始末でした。




More
by hiroseto2004 | 2019-05-09 21:56 | 事故・災害・事件 | Trackback

この一週間の地震

この一週間の地震です。

各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2019年 5月 9日16時03分父島近海M3.7震度1 5月 9日16時08分
2019年 5月 9日14時06分熊本県熊本地方M2.3震度1 5月 9日14時09分
2019年 5月 9日09時44分宮城県沖M3.3震度1 5月 9日09時46分
2019年 5月 8日18時02分熊本県熊本地方M2.0震度2 5月 8日18時06分
2019年 5月 8日09時22分青森県東方沖M4.3震度1 5月 8日09時26分
2019年 5月 8日09時20分岩手県沖M4.4震度4 5月 8日09時23分
2019年 5月 8日08時24分宮古島近海M3.9震度2 5月 8日08時27分
2019年 5月 8日02時59分択捉島南東沖M4.8震度1 5月 8日03時03分
2019年 5月 7日22時22分宮城県沖M4.0震度2 5月 7日22時25分
2019年 5月 7日21時06分岩手県沖M3.5震度1 5月 7日21時09分
2019年 5月 7日12時30分熊本県熊本地方M3.0震度2 5月 7日12時33分
2019年 5月 6日19時12分紀伊水道M3.1震度2 5月 6日19時15分
2019年 5月 6日14時13分宮城県沖M3.8震度2 5月 6日14時16分
2019年 5月 6日10時26分熊本県天草・芦北地方M2.4震度1 5月 6日10時29分
2019年 5月 6日09時50分滋賀県南部M2.9震度1 5月 6日09時53分
2019年 5月 5日20時51分茨城県北部M2.9震度1 5月 5日20時55分
2019年 5月 5日16時38分佐渡付近M3.7震度2 5月 5日16時41分
2019年 5月 5日04時51分宮城県沖M4.5震度2 5月 5日04時54分
2019年 5月 5日01時40分根室半島南東沖M5.3震度4 5月 5日01時44分
2019年 5月 5日00時45分熊本県熊本地方M2.6震度1 5月 5日00時48分
2019年 5月 4日21時35分胆振地方中東部M4.2震度2 5月 4日21時38分
2019年 5月 4日11時41分宮城県沖M4.4震度3 5月 4日11時45分
2019年 5月 4日09時19分岩手県沖M4.3震度2 5月 4日09時22分
2019年 5月 2日16時15分熊本県天草・芦北地方M2.1震度1 5月 2日16時19分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2019-05-09 21:44 | 事故・災害・事件 | Trackback
新潟選挙区は打越さくらさんで野党統一。


by hiroseto2004 | 2019-05-09 09:30 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
そうですね。
「では、変えるためにはどうすればいいのかというと、まずは歩行者軽視という現実を認めなければいけない。

 日本は、歩行者に厳しいという事実を受け入れて、それなりの対策をとるべきだ。これ以上犠牲者を増やさぬためにも、いい加減そろそろ、このあたりの耳の痛い話と本気で向き合わなくてはいけないのではないか。」
海外では横断歩道を車が止まらなかったら、歩行者がその車をぶっこわしても構わない、という国もあります。それくらいしないと規則をドライバーが守らない、ということか。それと日本は歩車分離が遅れている。事故を減らすにはそのへんの投資はけちってはいけないだろう。あと、繁華街では、車道に凹凸をつけ、暴走しにくくするのはどうでしょうか?
加藤死刑囚や引寺被告人(ISも彼らを真似た)のようなテロを防ぐにも有効でしょう。



by hiroseto2004 | 2019-05-09 08:31 | 環境・街づくり | Trackback

ようやく、平年並みの朝

e0094315_10180488.jpg
広島の今朝は14.1度。平年並みです。昨日より6度も上昇しました。
曇りがちです。

by hiroseto2004 | 2019-05-09 08:25 | 歳時記 | Trackback