人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2019年 05月 10日 ( 14 )

広島3区市民連合は5月9日、緑井天満屋前で安倍改憲Noの署名活動を行いました。坂本裕さんからの報告です。


今日は9日、9の日行動の日でした。
11時に緑井天満屋前に集まったのは11人。
幟を立て、横断幕を広げ、署名簿を持って散らばりました。
早速街頭の市民に、安倍九条改憲NOの全国統一署名への協力をよびかけました。戦争する国に向けて危険な改憲の動きが強まっていることを訴えました。歩道橋の上ではシール投票もやりました。
30分あまり取り組んだ後、初めて参加した若い男女からは「なかなか振り向いてもらえないと思っていたが、26人もの人たちがシール投票に参加してくれた」と感激の報告。
「署名が4人も集まっちゃった!」「私は7筆」と、嬉しい報告が相次いで、合計してみたら署名は54筆集まっていました。



by hiroseto2004 | 2019-05-10 21:41 | 広島3区市民連合 | Trackback
本社社主が、賛同する薔薇マークキャンペーンから声明が出されました。
「強者から優先的に税金を取る所得再分配の考えに立ち返ることが必要です。そうした税制改革が実現するまでの間、政府は国債発行を通じて、ただちに人々の暮らしに充分なお金を回すべきです。」
これが「我々」の考え方です。
「積極財政の雰囲気を醸し出しつつ、現実には新自由主義グローバリズム」そのものの安倍政権とももちろん違います。一方で「我々」は、名古屋市長のように、お金持ちに優しい住民税一律減税などとも違います。
むしろ、正反対とさえいえるでしょう。
北欧のような福祉国家云々以前のところに現代日本はいます。
とりあえず、せめてアメリカとか西欧並みには超大金持ち・大手企業に負担
いただく状態に戻すことが大事です。

【声明】参議院選挙に向けて—消費税増税は凍結!財源は作れる!



2019年5月10日
薔薇マークキャンペーン

 統一地方選挙が終わり、政治の世界はすでに参議院選挙に向けて走り出しています。2月1日に発足したばかりの薔薇マークキャンペーンですが、まずは消費税増税凍結を幅広い人々の共通認識へと持ってくることができたことに、手応えを感じています。この流れで消費税増税は必ず凍結させましょう。

「消費税10%なんてとんでもない」という民意は自民党をも動かし始めています。今年10月の消費税増税は安倍政権の公約だったので、増税を延期するかどうかを問うためには衆議院を解散して総選挙を行うべきだという意見が、自民党の中から出てきています。その場合、参議院選挙と衆議院選挙が同時に行われるダブル選挙となります。

 野党が勝つためには、安倍政権を上回るような力強い経済政策を用意すべきです。「2017年度版 国民生活基礎調査」では5割を超える人々が「生活が苦しい」と答えています。政府による長年の誤った経済政策によるデフレ不況こそ、私たちにとっての最大の社会課題なのです。これは、政治の力で必ず解決できます。

 薔薇マークキャンペーンでは、介護・医療・保育など人々が不安に思っている問題の解決に圧倒的に投資すること、そのことで経済を底上げしてまっとうな雇用を拡大し、人々の暮らしを豊かにすることを訴えてきました。上げるべきは賃金であって、消費税ではありません。そして強者から優先的に税金を取る所得再分配の考えに立ち返ることが必要です。そうした税制改革が実現するまでの間、政府は国債発行を通じて、ただちに人々の暮らしに充分なお金を回すべきです。私たちは尊厳と豊かさをあきらめる必要はありません!誤った経済政策によって人々を分断する政治はもう終わらせましょう!これが「反緊縮」という考え方です。

 薔薇マークキャンペーンでは、こうした「反緊縮」の経済政策に賛同する予定候補者には「薔薇マーク」を認定し、候補者の可視化を進めてきました。7月の参院選に向けては、すべての野党予定候補者に薔薇マーク認定基準に沿った政策アンケートをお送りします。その回答を公表し、薔薇マーク認定の参考にする予定です。与党の予定候補者に関しては、本キャンペーンの趣意書に賛同していただけるのであれば、自薦他薦に基づき審査となります。私たちは、今の政治状況を変えようと尽力されている全ての方々と、さらに力を合わせていきたいと強く願っています。


by hiroseto2004 | 2019-05-10 21:28 | 反緊縮・格差是正 | Trackback
これは、大変なことになります。
今は「一国主義」(アメリカがアメリカたるゆえんをやめる主義)トランプ vs新自由主義のチャンピオン習近平という構図になっています。
イデオロギー対立ではなく、覇権争いです。相互依存が進んでいますから、米ソの冷戦とは決定的な違いです。

そうしたなかで、日本に影響は避けられない。庶民に優しい内需拡大しかないのだが。



by hiroseto2004 | 2019-05-10 21:08 | 経済・財政・金融 | Trackback

田中広輔今季初本塁打

まて、カープ借金生活。田中広輔に初本塁打が、唯一の救い。


by hiroseto2004 | 2019-05-10 21:03 | スポーツ | Trackback
岩国基地で夜間も訓練。酷い状況です。



More
by hiroseto2004 | 2019-05-10 18:03 | 岩国 | Trackback
無償化と言っても大学は「低所得者」対象です。こういうのを「羊頭狗肉」
といいます。
保育園は、まずやるべきは保育士不足解消、待機児童解消から
でしょう。今のままでは、保育園に入れる人とはいれないひとの格差を広げるだけです。


by hiroseto2004 | 2019-05-10 17:23 | 安倍ジャパン | Trackback
ミス訂正は当然。だいたい、「三種の神器」についても、日本列島に割拠していたいろんな王権が、それぞれ、勝手に神器を持っていたという見方もあります。

また、7世紀までは実は、九州・太宰府にあった王権(倭国)が対外的に日本を代表していたが、それを藤原不比等らが主導するヤマト王権が打倒して(おそらく
九州王朝の最後の天皇・高市を暗殺して)、ようやく、日本列島を統一したのではないかという見方も中国の史書を素直に
読めば出来ます。それでも、九州王朝系とヤマト王権系の対立を背景に奈良時代も戦乱や謀反が相次いだ。そうこうするうちに
両系統の皇族が殺し合いで共倒れになって、藤原氏をバックに百済系の桓武天皇が京都に王朝を開いた、という感じでしょう。
正直、7世紀以前のことを描いた日本書紀なんて、藤原不比等の都合の悪いことはカットされている
でしょう。不比等は、人びとに歴史書の保有を禁止し、これを没収して焼き捨てるなど徹底して歴史の改ざん・隠ぺいに
抜かりはありませんでしたから。




More
by hiroseto2004 | 2019-05-10 16:24 | 歴史 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は5月10日、広島市中区バスセンター前と
安佐南区祇園出張所前で街頭演説。

1,現政権のおしもの世話をする。現政権による行政の腐敗は底知れない。
お友達優遇や武器爆買いなど(総理のお友達外国首脳への)ばらまきなどの
後始末をしないといけない。責任を取るべき人には取って頂かないといけない。
その上で新しい政治に転換する。

2,この30年間は、特に、庶民の税負担や社会保障関連の負担は増える一方で、
超大金持ち、超大手企業の負担は減った。特に、この6年半の安倍政治は、その上に腐敗が進行した。これでは金回りが良くなるわけが無い。
庶民の懐を暖め、介護や医療、教育、子育て、災害など庶民の生活不安に
政治がこたえてこそ、金回りは良くなる。中山間地の地方行政、そして民間の介護現場での経験を活かし、東京の超大手企業や超大金持ち中心の政治を、庶民、特に地方の庶民に優しい政治にバーンと転換する。

3,世界最初の戦争被爆国、平和憲法を持つ国にふさわしい外交に転換する。
核兵器禁止条約に率先して署名する。災害超大国・平和憲法を持つ国として、「戦争準備・武器購入より防災・被災者支援」の世界をリードする日本に。「黒い雨」の主人公・閑間重松が命からがら逃れた広島3区から、発信していきたい。
e0094315_15441398.jpg


by hiroseto2004 | 2019-05-10 15:58 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
やっぱりそうなんですね。しかし、こういうときは遠慮無くAEDを
使うべきですね。



by hiroseto2004 | 2019-05-10 15:29 | ジェンダー・人権 | Trackback
広島県内の中学校教員6割超が過労死ライン。これは酷すぎます。
部活の負担軽減や教員増などが求められますね。根本には高プロ
ともいえる「給特法」の問題もあるのですが。



More
by hiroseto2004 | 2019-05-10 15:21 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback