人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 07月 02日 ( 10 )

すでに災害が発生している場所もあります。その上で、明日、明後日に掛け、さらなる
大雨のおそれ。警戒してください。昨年の西日本大水害に匹敵する水害はどこで発生してもおかしくない
ということです。
気象庁は緊急会見で、九州の観測地点によっては、昨年7月の西日本豪雨を上回る可能性があるとの見方を示した。

以下は、この一週間の地震です。


More
by hiroseto2004 | 2019-07-02 20:44 | 事故・災害・事件 | Trackback
イランに因縁を付けて一方的に核合意を離脱したのはアメリカである。
そのことが全ての震源地であることを忘れてはいけません。

http://parstoday.com/ja/news/iran-i54110

More
by hiroseto2004 | 2019-07-02 20:26 | 国際情勢 | Trackback

なんということだ。アメリカは、911テロ後、散々

アフガンで民間人を殺して戦争をしてきましたが、テロはなくせていません。先日も
カブールで大規模なテロがあり多数が死傷しています。

アフガニスタンで、米軍の夜間攻撃により民間人9人死亡

http://parstoday.com/ja/news/world-i54109


More
by hiroseto2004 | 2019-07-02 20:25 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback
これはいいですね!



More
by hiroseto2004 | 2019-07-02 20:13 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

ポストモダニズムの完全終焉と参院選【思想・哲学】

世界においては、ポストモダニズム(ここでは、多様性尊重には熱心だが、「庶民のメシ」には冷淡なイメージのある勢力、政治家。アメリカのクリントン夫妻、日本では旧民進党右派や小泉純一郎さん、ドイツではシュレーダーやメルケルが該当する。)が、「庶民のメシ」に優しいイメージを醸し出したEU懐疑派・トランプ派(ルペン、サルビーニら)と急進左派双方の挟撃に遭って後退をしている。
1989年の冷戦崩壊を契機に我が世の春を謳歌したポストモダニズム勢力も、壊滅寸前になってきた。

ただ、問題は、特に極右が本当に政権を取ってしまうと、人権、特に少数者の人権が失われることである。

また、「庶民のメシ」に優しいポーズを取っていた極右が実態はとんでもない新自由主義グローバリストだったという最悪のケースもある。「少数者の人権」も「庶民のメシ」も両方失われるという最悪の結果が待ち受けている。

その筆頭は、我らが日本である。
2012年の衆院選では「TPP反対」など、反グローバリズムっぽいイメージを醸し出した。

その影響か、今でも安倍総理を「見放せない」保守層も多い。また、2011年の「3,11」以降、リベラル派が「脱原発」に運動の力点をシフトしすぎた結果、安倍総理の方が野党より「庶民のメシ」に優しいイメージ(幻影ではあっても)を醸し出してしまった、ということも言えるかも知れない。

実態は「マクロンらポストモダニズム勢力の新自由主義グローバリストぶり」と「ルペンら欧州極右よりも酷い反動ぶり」をハイブリッドにしたのが安倍ジャパンなのだが。
安倍晋三こそが、フランスの水ビジネスに水道事業を売り飛ばす張本人だ。また、ルペンらの場合は、「イスラムは女性差別的だからダメ!」という態度であるが、麻生太郎らは、女性の人権そのものがないかのような立場だからだ。まさに、新自由主義グローバリズト兼封建的思想という相容れないもののキメラが安倍ジャパンだ。だが、キメラが相手だから野党側も「攻めあぐねている」面はある。

野党側は、新選組がラジカルに「庶民のメシ」にやさしい政策を打ち出して登場した。おかげで野党内部でも、より庶民に優しい経済政策をめぐる議論が活発化している。日本共産党以外の野党・市民派は「庶民のメシに冷たいイメージ」を払拭する必要があるだろう。「メシ」だって人権問題だからだ。

その意味で、比例区では既成政党では引き続き「日本共産党」を応援し、新勢力では「新選組」に期待する。野党共闘参加の政党の中では昔から国保料引き下げに代表されるように、原則的に弱者の味方を実践してきたのが共産党である。介護や保育、医療労働者の待遇改善でも頑張ってきた。他方で、野党共闘そのものに、「庶民のメシ」に優しい方向から「牽制球」を投げるのが「新選組」だ。ただし、両党を手放しで支持するわけではなく、注文も付けていく。

選挙区では、「マクロンの新自由主義グローバリストぶり」と「ルペンよりも酷い反動ぶり」をハイブリッドした安倍自民党の広島での2議席独占を阻止するため「森本しんじ」さんを支持する。


by hiroseto2004 | 2019-07-02 19:40 | 参院選2019 | Trackback

また、自然保護協会の辻村千尋さん、元jpモルガンディーラーの大西恒樹さんも公認。


実を言うとこういうことを山本太郎ならやるな、という予感はしていましたが、

いざ現実になるとやはりびっくりします。

従来の常識を乗り越えたことをやっていますね。これは良いと思います。

麻生太郎問責決議案に棄権したのは不味かったですが、経済政策+従来の野党の基盤を乗り越えたところに

手を広げる、は良いと思いますね!

【れいわ新選組】は、
野原よしまさ氏を、
公認候補予定者として発表!
沖縄創価学会壮年部
詳しくは→https://www.reiwa-shinsengumi.com/vote/#voteId05

by hiroseto2004 | 2019-07-02 18:29 | 参院選2019 | Trackback
小池晃さん。これは面白すぎますね!



More
by hiroseto2004 | 2019-07-02 06:09 | 参院選2019 | Trackback

青年会議所の討論会。「身を切る改革」を公明党から聞かれ、政党助成金を受け取ってない共産党が一番身を切っていると答えました。しかしなんでうちに聞くかね。憲法改定では維新の方が「スマホもあり食べ物も70年前と変わっている。憲法だけ変わらないのはおかしい」と意味不明な事を言っていました。
by hiroseto2004 | 2019-07-02 06:05 | 参院選2019 | Trackback
そもそも、三権分立なので、韓国行政も下手に動けない。
輸出規制をしても、短期的には世界の半導体供給に問題がでるし、長期的にはシェアを他国に奪われるだけ。
です。
安倍ジャパンによる強硬ポーズでの参院選へ向け右派票固めです。
商業捕鯨再開も同様です。
韓国への見下し感情、欧米人への反発感情。これらは満たすだろう。
だが、日本の未来にもたらすリスクが大きすぎます。


by hiroseto2004 | 2019-07-02 06:05 | 経済・財政・金融 | Trackback
広島市は昨夜から小雨が断続的に降りました。
瀬戸内海を隔てた愛媛県は大雨となっています。
さらに南の鹿児島では凄まじい大雨となっています。
既に災害になっている場所もあります。
「深層崩壊」も含む災害に警戒してください!
広島など中国地方も明日の朝以降、大雨のおそれ。ご注意ください。


鹿児島県内は過去にも大雨で甚大な被害が出ました。災害から身を守る上で気をつけるポイントについて、取材しました。

各地に被害をもたらしている今回の大雨。鹿児島市の甲突川は、一時、堤防の高さに迫るほど水位が上昇しました。49人の死者・行方不明者を出した1993年の8・6豪雨災害。甲突川などが氾濫し、鹿児島市を中心に大きな浸水被害が出ました。
地質学などが専門の鹿児島大学の井村隆介准教授は、近年、増加傾向にある局地的な豪雨への警戒を呼びかけます。

(井村准教授)「8・6の時は梅雨がなかなか明けず、雨が続き、そこに大量に降った。今回は午前まですごく雨が降り、週の半ばまでさらに強い雨が何回も予想されている。梅雨前線に伴う梅雨期の集中豪雨として(危険性を)捉えるべき」

大雨で警戒しないといけないのが、土砂災害です。1997年7月、出水市針原地区で集落の裏山が崩壊し、21人が犠牲となりました。災害発生前の3日間で400ミリ近い大雨を記録。土石流が起きたのは、雨が止んだ4時間後でした。
地中にしみこんだ地下水が地下深くに集中することで発生する「深層崩壊」と呼ばれる現象で、土砂災害は雨が止んだ後も注意が必要だといいます。

(井村准教授)「総雨量が200~300ミリを超えると、鹿児島はシラス台地で災害が起こる。これだけ降れば深層崩壊も表層部の崩壊も起きる。がけのそばに住む人は全てに注意を」

そして、去年7月の西日本豪雨では、避難情報が住民の行動に必ずしも結びつかず、甚大な被害が出ました。井村准教授は、自治体から出される避難の情報に注意するとともに、必要であれば情報を待たずに避難することも大切だと話します。

(井村准教授)「決して皆さんが避難しやすいタイミングで土砂災害警戒情報や避難勧告・指示が出るわけではない。暗いときに災害が起きると非常に怖い。(高齢者など)災害弱者は避難所に明るいうちに行くことが重要。小康状態の間にいろいろ確認して、次の行動を考えないと、厳しい状況になることもある」

九州南部では、2日以降も広い範囲で大雨が予想されています。いざというときにスムーズな避難行動がとれるよう、あらかじめ避難場所や避難経路を確認することが重要です。



More
by hiroseto2004 | 2019-07-02 05:59 | 事故・災害・事件 | Trackback