人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 07月 03日 ( 5 )

元派遣労働者、そして、ALS当事者を擁立。当事者主義がよく伝わってきました。
「当事者主義」かつ「庶民のメシ」重視の新選組

新選組の候補擁立は、徹底した「当事者主義」と感じた。こういう勢力が政党要件を満たすことは意義が大きいと思う。そして、いわば「庶民のメシ」を最優先する姿勢は、既存野党(特に日本共産党以外)の尻に火をつけ、国民民主党辺りからもそれなりに面白い政策も出ている。
党首討論には出られなかったが、現時点でそれなりの影響を与えていると思うし、政党要件を満たしてほしいと期待する。野党に対する「庶民のメシ」に冷たいイメージが変わる契機になればと思う。(安倍総理はもっと庶民のメシに冷たいのだが巧妙に隠している)
(なお、さとうしゅういち自身は、比例区は日本共産党を軸に応援も新選組に期待、選挙区は無所属で、国民、立民、社民推薦の森本しんじさんを軸に応援します。)




政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表(44、参院議員)は3日、東京都内で記者会見し、参院選比例区から立候補することを表明した。前回2013年の参院選では東京選挙区から立候補して当選した。山本氏は「6年前と同じ1議席でいいのか、私は納得がいかない。1議席をより増やせるという市民の力を示していく必要がある。目標議席は5。政党要件をクリアしたい」と述べた。

 また山本氏は、比例区で個人の得票に関係なく優先的に当選できる「特定枠」を活用することも表明。1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦氏(61)、2位に重度障害のある木村英子氏(54)を充てる。

 れいわの擁立候補者は計10人。山本、舩後、木村の3氏以外は次の通り。(いずれも新顔、敬称略)

 【東京選挙区】野原善正(59)=創価学会

 【比例区】蓮池透(64)=北朝鮮による拉致被害者家族連絡会元事務局長▼安冨歩(56)=東大東洋文化研究所教授▼三井義文(62)=元コンビニオーナー▼辻村千尋(51)=環境保護NGO職員▼大西恒樹(55)=元外資系銀行員▼渡辺照子(60)=元派遣労働者




by hiroseto2004 | 2019-07-03 19:51 | 参院選2019 | Trackback

【2日】カープ3連敗

カープは3連敗。とにかく得点が少ない!

by hiroseto2004 | 2019-07-03 09:44 | スポーツ | Trackback
e0094315_10160041.jpg
すでに被害が出ている地域もあります。引き続き厳重に警戒してください!人命最優先で!

大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第12号令和元年7月3日05時00分 気象庁予報部発表

(見出し)
梅雨前線の活動が一段と活発となるため、3日朝から4日にかけて九州を中
心に西日本では雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、東日本でも非
常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害、低い土地の
浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

(本文)
[気圧配置など] 梅雨前線が東シナ海から九州を通って日本の東にのびています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため前線の活動が活発となっています。3日朝から4日にかけては、前線がやや北上して活動が一段と活発となり、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となる見込みです。 梅雨前線は、6日頃にかけて西日本から東日本に停滞し、活動の活発な状態が持続して大雨となるおそれがあります。[防災事項]<大雨・雷・突風> 九州南部を中心に西日本ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。 西日本ではこれから4日にかけて、東日本でも3日昼過ぎから4日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。特に、3日朝からは、九州を中心に西日本では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、平年の7月1ヶ月分の雨量を超える24時間雨量となる所がある見込みです。 4日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で  九州南部              350ミリ  九州北部地方            300ミリ  四国地方              250ミリ  近畿地方              150ミリ  東海地方              120ミリ  北陸地方              100ミリその後5日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で  九州南部              200から300ミリ  九州北部地方、四国地方、東海地方  100から150ミリ  近畿地方               50から100ミリの見込みです。 九州南部では6日頃にかけて総雨量がさらに多くなり大雨となるおそれがあります。 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。[補足事項等] 地元気象台の発表する警報や注意報、気象情報等に留意してください。 次の「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報」は3日17時頃に発表する予定です。


More
by hiroseto2004 | 2019-07-03 09:33 | 事故・災害・事件 | Trackback
高齢者も安心して乗れるクルマの先頭に立つ日本を!
安易な高齢者バッシングで若者受けを狙うのも政治としては最悪だ。
「高齢者も働け!」といいつつ、「高齢者はクルマに乗るな」では話にならない。第二次世界大戦中の日本と変わらない。

by hiroseto2004 | 2019-07-03 09:21 | 環境・街づくり | Trackback
「もう、日本を嫌いになりました。」とベトナム人実習生。
本当に日本人として、申し訳ない事態ですね。


by hiroseto2004 | 2019-07-03 08:22 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback