人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 08月 30日 ( 9 )

岩手県知事選挙、野党共闘でたっそ拓也さん。


by hiroseto2004 | 2019-08-30 22:34 | 選挙 | Trackback
(以下、転送・転載・拡散歓迎)

<緊急集会> 韓国は「敵」なのか 
---輸出規制を撤回し、話し合いでの解決を--
https://peace3appeal.jimdo.com/

日時:8月31日(土)14:00〜17:30(開場13:30)

発言者:香山リカ(精神科医)
 板垣雄三(東京大学名誉教授、日韓歴史家会議元日本側代表委員)
 福田恵介(東洋経済新報社)
 金性済(日本キリスト教協議会総幹事)
  内田雅敏(弁護士)
   和田春樹(東京大学名誉教授)
  そのほか署名者

会場:在日本韓国YMCA 地階 スペースY
   千代田区神田猿楽町2-5-5 
   JR水道橋駅東口、都営三田線A1出口から徒歩7分
地図 http://www.ayc0208.org/access.php

参加費:500円

主催:「韓国は『敵』なのか」声明の会

協賛: 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

by hiroseto2004 | 2019-08-30 22:25 | イベント情報 | Trackback
容疑は不明で逮捕。酷すぎです!

by hiroseto2004 | 2019-08-30 16:52 | ジェンダー・人権 | Trackback

まったくそのとおりですね。


植民地支配への真摯な反省を土台にしてこそ解決の道は開かれる――日韓関係の深刻な悪化について

志位委員長が表明

 日本共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、記者団から「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の韓国による破棄など日韓関係についてどう見ているか」との質問を受け、次のように表明しました。

 一、日韓関係の深刻な悪化を深く憂慮している。

 一、今日の日韓関係の深刻な悪化を招いた直接の原因は、安倍政権が、「徴用工」問題で被害者の名誉と尊厳を回復する責任を放棄したうえ、わが党の強い警告を無視して、この問題での政治的対立の「解決」の手段として対韓貿易規制の拡大――韓国の「ホワイト国」からの除外という、政経分離の原則に反する「禁じ手」を使ったことにある。

 しかも、安倍政権は、「ホワイト国」からの除外の理由を「安全保障のための輸出管理の見直し」と説明するという欺瞞(ぎまん)的態度をとった。

 この過程で、河野外務大臣が、駐日韓国大使を呼びつけ、メディアの前で居丈高に「無礼」と面罵したことをはじめ、およそ外交的礼儀を欠く態度が繰り返されたことも、恥ずべきことである。

 一、さらに日韓関係の深刻な悪化の根本的要因としては、安倍首相が、韓国の植民地化を進めた日露戦争を美化した2015年の「安倍談話」に象徴されるように、1995年の「村山談話」、1998年の小渕首相と金大中(キム・デジュン)大統領の「日韓パートナーシップ宣言」で明記された「植民地支配への反省」の立場を投げ捨てる態度をとり続けていることを、あげなければならない。

 日本軍「慰安婦」問題にせよ、「徴用工」問題にせよ、過去の植民地支配への真摯(しんし)な反省の立場を土台にしてこそ解決の道が開かれることを強調しなくてはならない。

 一、歴史を偽造し、他国を侮辱し、排外主義をあおることによって、自らの延命をはかることは、政権をあずかるものの態度として決して許されるものではない。それは北東アジアでの平和構築にとってもきわめて有害である。こうした態度を根本からあらためることを強く求める。

 一、(GSOMIA〔軍事情報包括保護協定〕の破棄そのものをどう見ているか)わが党は、もともとまず日米間で、続いて日韓間で締結されたGSOMIAそのものに反対してきた。

 2007年に米国の強い要求で締結した日米GSOMIAは、日米が軍事情報でも一体化を加速させ共同で戦争をする仕掛けづくりであるとともに、「軍事情報保護」の名で国民の知る権利を侵害し、13年の秘密保護法の強行へとつながっていった。

 2016年に締結された日韓GSOMIAは、米国主導の「ミサイル防衛」体制に日韓両国を組み込み、中国や北朝鮮を念頭に軍事的圧力を強めようというものであり、これにも私たちは反対を表明してきた。

 軍事的挑発に対して、軍事的圧力の強化で構えるというやり方では、軍事対軍事の悪循環になる。そういうやり方ではなく、いかに対話による解決の局面へと転換するのかが重要だと主張してきた。GSOMIAが解消されることで、北東アジア地域の平和と安定が危険にさらされるとは考えていない。


by hiroseto2004 | 2019-08-30 13:57 | 国際情勢 | Trackback
米軍ヘリの窓落下。沖縄県への報告が遅れました。


by hiroseto2004 | 2019-08-30 11:56 | 沖縄県 | Trackback
戦略物資の管理は韓国のほうがきちんとしていました。
意外ですがそういう評価です。
日本のほうが問題を先におおごとにした訳ですしね。
本来、民間vs民間の徴用工問題に日本政府がいきなり口出しして、しまった。日本企業vs中国人徴用工のように和解するに任せる手もあったのに。
さらに、その問題を貿易、さらに、安全保障に拡大したのも日本。
最後に我慢できなくなった韓国が軍事情報協定延長拒否。
こういう流れですからね。


by hiroseto2004 | 2019-08-30 11:15 | 国際情勢 | Trackback
柴山文科相に大学入試改革に反対するヤジを飛ばした大学生が排除した事件。
はっきり言えば昔から、この程度のヤジはありました。本来なら、ヤジにたいして「ご声援ありがとうございます!」といなすのが普通。安倍さんが「こんな人たち」と言い出した辺りから明らかに余裕のなさがあらわになってきましたね。だから法的根拠のない排除をやりだす。

by hiroseto2004 | 2019-08-30 09:20 | 憲法 | Trackback
有効求人倍率が3ヶ月連続低下。ということは統一地方選があった4月が頂点ということになります。


by hiroseto2004 | 2019-08-30 09:10 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
政権交代10年、まさかこんなことになるとは?!

8月30日で当時の民主党への政権交代10年になる。多くの人が10年後、こんなことになっているとは思わなかったろう。

民主党の総理は配偶者に女性官僚を多数つけるなんてしなかったし、国の私物化もさせなかった。

安倍ジャパンの企業内保育所制度のグダグダを見ると、まだ民主党の子ども手当がマシである。

安倍ジャパンの「地方創生」とやらが、東京のコンサルタントが儲かるだけなら民主党の「農業戸別所得保障」のほうがよかった。

官僚にだって、当時「進歩」を恐れて民主党の足を引っ張った結果、安倍晋三という「前近代への後退」を産み出したことを内心後悔している人がいると思う。

ただ、民主党も内部ガバナンスで隙をつくってしまった。また、市民の要求との結び付きが弱かったようにも思う。そうしたところを官僚に足をすくわれた。
そうしたところも総括しつつ、次の政権交代を構想したい。


タグ:
by hiroseto2004 | 2019-08-30 00:00 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback