人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 09月 01日 ( 10 )

初鹿明博議員は関東大震災の際に虐殺された朝鮮人の皆さんの追悼集会に参加しました。良いですね!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2704421779602807&id=100001050357552&ref=m_notif¬if_t=feedback_reaction_generic
by hiroseto2004 | 2019-09-01 20:39 | 歴史 | Trackback
2019年08月31日19時41分
  • アメリカの政治評論家 Caleb Maupin氏
    アメリカの政治評論家 Caleb Maupin氏

アメリカの政治評論家 Caleb Maupin氏が、イランとの外交交渉に向けたアメリカ国防総省の意向は、大統領府内での対立を反映しているとの見解を示しました。

Caleb Maupin氏は、イルナー通信のインタビューで、「対イラン外交交渉に関するエスパー米国防長官の希望は、米大統領府内での対立、またテロ組織アルカイダと戦うべきでありながら、テロ組織の敵と戦う米軍軍事関係者の間の不満を反映するものだ」と語りました。

また、「米軍関係者の多くが、反イランのアプローチを取る中でテロや過激的な行動の元凶であるサウジアラビアと友好関係を持つボルトン大統領補佐官のような米政府高官の行動は理にかなわなず、問題を招くだろうと考えている」と述べました。

さらに、「イランに関するトランプ政権のアプローチは非常に乱暴だ」とし、「各種の制裁行使から公海上での対峙に至るまで、そしてイランに対する疑惑の提示、イラン革命防衛隊をテロ組織に認定するなど、これらの政策はすべて危険な結果を招いている」としました。

Caleb Maupin氏は、米国の内政や国際経済体制に関する数多くの著作を出版、中でも「資本主義体制世界の危機と石油に関して」、「2016年アメリカ大統領選挙」、「アメリカのリベラリズムの危機」などの著書がよく知られています。


by hiroseto2004 | 2019-09-01 19:02 | 国際情勢 | Trackback
サウジアラビア王室空軍(皇太子・ムハンマド被疑者)がイエメンの刑務所を空爆。
死傷者100人以上。
「この刑務所にはまた、敵側の捕虜数十名が収監されていました。」
イエメンの敵とはサウジアラビア側ですね。ということは、
サウジアラビアは、自分たちの仲間を空爆で殺傷したと言うことですね。
なんということだ!?こんな形で味方からやられるとは思ってもいなかったでしょう。




More
by hiroseto2004 | 2019-09-01 18:59 | 国際情勢 | Trackback
安倍ジャパンの規制緩和で大変なことになっています。宮崎県では森林の盗伐がはびこっています。
中国からも「盗伐された違法品を売りつけるのはやめてくれ」と苦情が出ています。
恥ずかしいことです。



More
by hiroseto2004 | 2019-09-01 18:40 | 安倍ジャパン | Trackback
このまま「トイレ臭い五輪」に突入していいのか?!

https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2019/08/26/109593/

「正直臭いです。トイレのような臭さ......」

8月11日、東京・お台場海浜公園で行なわれたオープンウォータースイミングの五輪テスト大会に出場した選手が漏らした言葉だ。

さらに、17日のパラトライアスロンのテスト大会では、前日の水質検査で大腸菌の数値が国際トライアスロン連合が定める基準値の上限の2倍を超えたため、スイムが中止。

騒動の最中、本誌記者は現地を訪れた。通常は遊泳禁止だが、水質改善をアピールする港区主催のイベントが開催中で、一部が開放されていた。

淀んだお台場の海に入る週刊プレイボーイ記者。水中メガネで海の中を覗いてみると、視界はほぼゼロだった

時折、風に乗ったトイレ臭が鼻をくすぐる。目を見張ったのは、オレンジ色のブイで区切られた遊泳エリアのすぐ外側に堆積した、謎の黄色い泡だ。同イベントのスタッフに聞くと、「プランクトンの死骸が溜まったもので、無害」というが、不気味極まりない。

東京の下水処理問題に取り組む港区議会議員は、「雨量が一定量を超えると未浄化の汚水が海に放流される」と明かす。この海で世界各国の選手をオモテナシしていいのか? 8月26日(月)発売の『週刊プレイボーイ36号』活版特集「東京湾『うんち水』本誌記者が漬かって検証!」では、東京都の下水処理の実態を調査、さらに東京五輪までに水質改善は可能か、専門家に意見を聞いている。


by hiroseto2004 | 2019-09-01 18:29 | 国際情勢 | Trackback
同じ「穂高」でも「山川」と「丸山」じゃ大違いですね。
埼玉西武ライオンズの山川穂高選手。素晴らしい打撃です。
昨日も本塁打を量産。
他方の丸山穂高議員。糾弾決議をされても、反省なく、
議席に居座り、「妄言連発」。

by hiroseto2004 | 2019-09-01 12:57 | スポーツ | Trackback
連帯します!


by hiroseto2004 | 2019-09-01 12:52 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

雨です

e0094315_08231824.jpg
関東大震災1923から96年。広島は雨です。
改めて九州北部大水害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

by hiroseto2004 | 2019-09-01 08:23 | 事故・災害・事件 | Trackback

また、丸山穂高議員

また、丸山穂高後輩ですね。
炎上商法でしょうけど、しゃれになっていない。
本気でそんなことをすれば、国連の敵国条項を発動され日本はフルボッコになりますよ。


by hiroseto2004 | 2019-09-01 06:32 | 憲法 | Trackback
関東大震災1923から96年。
関東大震災1923というのは、関東大震災1703(いわゆる元禄関東地震)と
区別する意味である。震源地の神奈川県、東京府、千葉県を中心に静岡県、埼玉県、
山梨県、茨城県という広範囲で犠牲者が出た。

関東大震災1923直後に、多くの朝鮮人、そして間違われた日本人や中国人が
虐殺された。官憲によりどさくさに紛れて大杉栄ら左翼活動家も殺された。

改めて哀悼の意を表したい。

それとともに、いまなお、大きな災害のたびにネットなどで、悪質なデマが流れたりする。
関東大震災の後に起きたことは決して「過去のこと」ではない。
決して、忘れないようにしたい。


by hiroseto2004 | 2019-09-01 00:38 | 歴史 | Trackback