人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 11月 05日 ( 9 )

ケイセイフーズではらちが飽きませんね。
組合側がNEXCO東日本を引っ張り出すのは良いと私も思います。


by hiroseto2004 | 2019-11-05 20:19 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

この一週間の地震

広島では最低気温は8.4℃、最高気温20.6℃でした。
一日の気温差が12℃。

各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2019年11月 5日07時28分茨城県南部M3.4震度111月 5日07時31分
2019年11月 5日01時49分伊豆大島近海M2.4震度211月 5日01時53分
2019年11月 5日01時40分伊豆大島近海M2.5震度211月 5日01時43分
2019年11月 5日01時09分伊豆大島近海M1.9震度111月 5日01時11分
2019年11月 5日00時42分伊豆大島近海M2.0震度111月 5日00時45分
2019年11月 4日15時25分滋賀県南部M2.7震度111月 4日15時29分
2019年11月 4日11時50分栃木県北部M3.3震度211月 4日11時53分
2019年11月 4日11時50分愛知県西部M2.4震度111月 4日11時53分
2019年11月 4日11時47分栃木県北部M2.7震度111月 4日11時50分
2019年11月 4日04時09分トカラ列島近海M3.1震度111月 4日04時12分
2019年11月 4日01時29分熊本県熊本地方M2.0震度111月 4日01時33分
2019年11月 3日23時55分茨城県南部M3.9震度211月 3日23時59分
2019年11月 3日23時35分周防灘M2.7震度111月 3日23時38分
2019年11月 3日14時02分福島県沖M5.1震度311月 3日14時06分
2019年11月 3日13時36分長野県中部M2.2震度111月 3日13時39分
2019年11月 3日13時19分トカラ列島近海M2.6震度111月 3日13時23分
2019年11月 3日12時30分宮城県沖M3.3震度111月 3日12時33分
2019年11月 3日02時39分千葉県北西部M3.8震度111月 3日02時42分
2019年11月 3日00時33分宮城県沖M4.3震度211月 3日00時37分
2019年11月 2日22時43分茨城県南部M3.4震度111月 2日22時45分
2019年11月 2日14時13分宮城県沖M3.6震度111月 2日14時16分
2019年11月 2日12時06分千葉県北東部M3.6震度111月 2日12時10分
2019年11月 2日11時12分千葉県北東部M2.5震度111月 2日11時16分
2019年11月 2日00時46分千葉県北東部M3.4震度111月 2日00時49分
2019年11月 2日00時38分奄美大島近海M4.2震度211月 2日00時41分
2019年11月 1日09時27分熊本県熊本地方M2.0震度111月 1日09時31分
2019年11月 1日01時11分奄美大島近海M3.8震度211月 1日01時14分
2019年10月31日19時20分紀伊水道M3.4震度110月31日19時23分
2019年10月31日17時24分北海道東方沖M4.6震度110月31日17時27分
2019年10月31日11時06分千葉県北西部M4.1震度110月31日11時10分
2019年10月31日09時27分愛媛県南予M4.0震度210月31日09時30分
2019年10月31日02時31分千葉県南東沖M2.3震度110月31日02時36分
2019年10月30日22時22分三河湾M3.3震度110月30日22時25分
2019年10月30日11時12分青森県東方沖M4.3震度110月30日11時15分
2019年10月30日04時32分京都府南部M3.8震度310月30日04時36分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2019-11-05 19:05 | Trackback

この一週間の地震

広島では最低気温は8.4℃、最高
この1週間の地震です。

各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2019年11月 5日07時28分茨城県南部M3.4震度111月 5日07時31分
2019年11月 5日01時49分伊豆大島近海M2.4震度211月 5日01時53分
2019年11月 5日01時40分伊豆大島近海M2.5震度211月 5日01時43分
2019年11月 5日01時09分伊豆大島近海M1.9震度111月 5日01時11分
2019年11月 5日00時42分伊豆大島近海M2.0震度111月 5日00時45分
2019年11月 4日15時25分滋賀県南部M2.7震度111月 4日15時29分
2019年11月 4日11時50分栃木県北部M3.3震度211月 4日11時53分
2019年11月 4日11時50分愛知県西部M2.4震度111月 4日11時53分
2019年11月 4日11時47分栃木県北部M2.7震度111月 4日11時50分
2019年11月 4日04時09分トカラ列島近海M3.1震度111月 4日04時12分
2019年11月 4日01時29分熊本県熊本地方M2.0震度111月 4日01時33分
2019年11月 3日23時55分茨城県南部M3.9震度211月 3日23時59分
2019年11月 3日23時35分周防灘M2.7震度111月 3日23時38分
2019年11月 3日14時02分福島県沖M5.1震度311月 3日14時06分
2019年11月 3日13時36分長野県中部M2.2震度111月 3日13時39分
2019年11月 3日13時19分トカラ列島近海M2.6震度111月 3日13時23分
2019年11月 3日12時30分宮城県沖M3.3震度111月 3日12時33分
2019年11月 3日02時39分千葉県北西部M3.8震度111月 3日02時42分
2019年11月 3日00時33分宮城県沖M4.3震度211月 3日00時37分
2019年11月 2日22時43分茨城県南部M3.4震度111月 2日22時45分
2019年11月 2日14時13分宮城県沖M3.6震度111月 2日14時16分
2019年11月 2日12時06分千葉県北東部M3.6震度111月 2日12時10分
2019年11月 2日11時12分千葉県北東部M2.5震度111月 2日11時16分
2019年11月 2日00時46分千葉県北東部M3.4震度111月 2日00時49分
2019年11月 2日00時38分奄美大島近海M4.2震度211月 2日00時41分
2019年11月 1日09時27分熊本県熊本地方M2.0震度111月 1日09時31分
2019年11月 1日01時11分奄美大島近海M3.8震度211月 1日01時14分
2019年10月31日19時20分紀伊水道M3.4震度110月31日19時23分
2019年10月31日17時24分北海道東方沖M4.6震度110月31日17時27分
2019年10月31日11時06分千葉県北西部M4.1震度110月31日11時10分
2019年10月31日09時27分愛媛県南予M4.0震度210月31日09時30分
2019年10月31日02時31分千葉県南東沖M2.3震度110月31日02時36分
2019年10月30日22時22分三河湾M3.3震度110月30日22時25分
2019年10月30日11時12分青森県東方沖M4.3震度110月30日11時15分
2019年10月30日04時32分京都府南部M3.8震度310月30日04時36分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2019-11-05 19:05 | Trackback
「イギリスの新聞デイリーメールが、「アメリカのトランプ大統領の娘婿のクシュネール氏はサウジアラビア政府に対し、同国の反体制派ジャーナリスト、ジャマール・カショギ氏の逮捕命令を出していた」と報じました。」これが事実ならおおごとです。さらに、トルコが、それをネタにトランプをゆすって、アメリカ軍撤退を迫っていた、とすれば、事実は小説より奇なり、です。


More
by hiroseto2004 | 2019-11-05 18:35 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback
トランプはオバマのレガシーをわざと否定する狙いで核合意を一方的に脱退した面も
ありますね。逆にいえば、民主党がホワイトハウスを奪還したら復帰は十分あり得る。




More
by hiroseto2004 | 2019-11-05 18:29 | 国際情勢 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は今週、広島市安佐南区各地で街頭演説。
英語の民間テストの延期にも言及。
「業者や政治家(大臣)の都合に受験生が振り回された形になった。」
と批判。
その上で
「そもそも、英語が上手くはなせても、自分のスタンスをはっきりさせて意見が言えなければ、
国際的には相手にされない。先日の日本政府の核廃絶決議案が良い例。何が言いたいかわからない、
核保有国のリーダーアメリカにも相手にされず、非核国のブラジルにも相手にされなかった。」
「きちんと、自分の意見をもてるような教育をすることが大事。」
などと力を込めました。
また、関連して、ブラジルが、アルゼンチンとの対立から過去は核開発を行っていたが、
緊張緩和をし、アルゼンチンもブラジルも核を放棄する約束をしたことも紹介しました。
また、改めて、消費税増税後、安倍政権が介護保険改悪を検討したり総理が自らベッド数切り捨てを
指示したことを挙げ、
「社会保障のため、という消費税増税の大義名分はなくなった」
と指摘。
「現行制度の消費税は複雑怪奇で誰もわかっている人はいないのでは?こういう仕組みは廃止が
のぞましいが、まず、5%にもどし、超大金持ち・超大手企業に公正に負担いただいた上で、
公正な税制のありかたを再構築していこう。」
などと訴えました。
e0094315_18012687.jpg

e0094315_17423808.jpg




by hiroseto2004 | 2019-11-05 16:45 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
ボーナス新設も月給減。広島県でも府中町で起きています。



More
by hiroseto2004 | 2019-11-05 14:02 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
今朝の広島は中区で8.9℃、三入で4.6℃までさがりました。大朝では-0.9℃。冷え込みました。
東日本の被災地は長野県東御市で-1.1℃。宮城県丸森町3.3℃、福島県相馬市7.6℃。
茨城県大子町1.9℃。関東甲信のほうが、寒さが厳しくなっています。おきをつけください。

各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2019年11月 5日01時49分伊豆大島近海M2.4震度211月 5日01時53分
2019年11月 5日01時40分伊豆大島近海M2.5震度211月 5日01時43分
2019年11月 5日01時09分伊豆大島近海M1.9震度111月 5日01時11分
2019年11月 5日00時42分伊豆大島近海M2.0震度111月 5日00時45分
2019年11月 4日15時25分滋賀県南部M2.7震度111月 4日15時29分
2019年11月 4日11時50分栃木県北部M3.3震度211月 4日11時53分
2019年11月 4日11時50分愛知県西部M2.4震度111月 4日11時53分
2019年11月 4日11時47分栃木県北部M2.7震度111月 4日11時50分
2019年11月 4日04時09分トカラ列島近海M3.1震度111月 4日04時12分
2019年11月 4日01時29分熊本県熊本地方M2.0震度111月 4日01時33分
2019年11月 3日23時55分茨城県南部M3.9震度211月 3日23時59分
2019年11月 3日23時35分周防灘M2.7震度111月 3日23時38分
2019年11月 3日14時02分福島県沖M5.1震度311月 3日14時06分
2019年11月 3日13時36分長野県中部M2.2震度111月 3日13時39分
2019年11月 3日13時19分トカラ列島近海M2.6震度111月 3日13時23分
2019年11月 3日12時30分宮城県沖M3.3震度111月 3日12時33分
2019年11月 3日02時39分千葉県北西部M3.8震度111月 3日02時42分
2019年11月 3日00時33分宮城県沖M4.3震度211月 3日00時37分
2019年11月 2日22時43分茨城県南部M3.4震度111月 2日22時45分
2019年11月 2日14時13分宮城県沖M3.6震度111月 2日14時16分
2019年11月 2日12時06分千葉県北東部M3.6震度111月 2日12時10分
2019年11月 2日11時12分千葉県北東部M2.5震度111月 2日11時16分
2019年11月 2日00時46分千葉県北東部M3.4震度111月 2日00時49分
2019年11月 2日00時38分奄美大島近海M4.2震度211月 2日00時41分
2019年11月 1日09時27分熊本県熊本地方M2.0震度111月 1日09時31分
2019年11月 1日01時11分奄美大島近海M3.8震度211月 1日01時14分
2019年10月31日19時20分紀伊水道M3.4震度110月31日19時23分
2019年10月31日17時24分北海道東方沖M4.6震度110月31日17時27分
2019年10月31日11時06分千葉県北西部M4.1震度110月31日11時10分
2019年10月31日09時27分愛媛県南予M4.0震度210月31日09時30分
2019年10月31日02時31分千葉県南東沖M2.3震度110月31日02時36分
2019年10月30日22時22分三河湾M3.3震度110月30日22時25分
2019年10月30日11時12分青森県東方沖M4.3震度110月30日11時15分
2019年10月30日04時32分京都府南部M3.8震度310月30日04時36分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2019-11-05 06:30 | 台風19号(東日本大水害2019) | Trackback

これは本当によかった。だけど「大勝利」と言うのは違和感がある。

というか、市当局にみられる「事前自主検閲主義」とでもいうべき悪しき風潮。やめにしたいですね。



表現の自由の勝利 「主戦場」に長い列 しんゆり映画祭

社会 神奈川新聞  2019年11月04日 22:20

映画祭での「主戦場」上映を前にあいさつするミキ・デザキ監督=麻生区
映画祭での「主戦場」上映を前にあいさつするミキ・デザキ監督=麻生区

 川崎市が懸念を伝え、一度は上映中止が決まった慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」が4日、川崎市麻生区で開催中の「KAWASAKIしんゆり映画祭」で上映された。観覧希望者の抽選に長い列ができた。「選んだ映画は正しかった」「表現の自由の大勝利」。批判と激励が後押しした中止撤回の先に、主催者と映画関係者、市民の輪がつながり、広がった。 

 113座席に対して配った整理券は425人分。藤沢市から足を運んだ仲田恵子さん(77)は抽選に外れたものの「これだけ多くの人が思いを寄せて行動したことが分かっただけで良かった」と笑顔で会場を後にした。スタッフの一人も「予想以上の人数」。警備の警官の姿もかすむ活況を呈した。

 「上映したい作品を上映するのが本来の姿。中止になるのも、大ごとに映るのも異常なこと」。山梨県から見守りボランティアに駆け付けた映画監督の青柳拓さん(26)は近くの日本映画大学の卒業生。共催の川崎市が「出演者が裁判が起こしている作品を上映するのはどうか」と懸念を示し、主催者が上映を取りやめたと知り、驚いた。あいちトリエンナーレの「平和の少女像」に脅迫が相次いだことから抱いた不安が中止の理由になったが、「市民映画祭がぶれるのは仕方ない。市には懸念ではなく、サポートをしてほしかった」と話す。

 上映実現の転機は支援を申し出る市民が相次いだ公開討論会。その一人、慰安婦問題の解決を求める市民団体の木瀬慶子さん(68)は「提訴自体、加害の歴史を否定したい原告による妨害の企て。取り合わずにはねのけたのは立派」と主催者の判断をたたえた。「自主上映会を市内で開こうという声が上がっている。私たちも検討したい」。後に続き、輪を広げることが「上映すれば面倒に巻き込まれる」という萎縮の連鎖を防ぎ、妨害を封じ込める力になると信じる。

 最終日の最終公演。舞台あいさつに立ったミキ・デザキ監督は「表現の自由の大勝利。勝ち続ければトレンドになる」と力を込めた。

 主催のNPO法人「KAWASAKIアーツ」の中山周治代表は「多方面から支援が寄せられた。上映実現の最大の要因は人」。開幕直前に上映中止が報じられた10月下旬以降、「スタッフみんなで一生懸命、表現の自由と向き合った」日々を振り返った。

観覧希望者の抽選の列を見守るボランティア(手前)=川崎市麻生区の市アートセンター
観覧希望者の抽選の列を見守るボランティア(手前)=川崎市麻生区の市アートセンター
「主戦場」上映について話す映画祭の中山周治代表=麻生区
「主戦場」上映について話す映画祭の中山周治代表=麻生区

「表現の自由守る」シンポで監督力説

 「主戦場」の上映中止問題を巡り、映画祭会場近くの日本映画大学で4日、同映画の上映と公開講座、シンポジウムが開かれ、約170人の学生、市民らが参加した。

日本映画大学で行われたシンポジウムで発言するミキ・デザキ監督
日本映画大学で行われたシンポジウムで発言するミキ・デザキ監督

 シンポジウムに出席したミキ・デザキ監督は「上映をするなとか、映像を削除しろといった圧力、威嚇に屈するということは、戦うことなく検閲を容認するということ。政府が表現の自由を守らない時は、私たちが守っていかなければならない」と力説した。

 ジャーナリストで映画監督の綿井健陽さんは「今は政治家の圧力による検閲、助成金によるアンダーグラウンド検閲がある。今回は事なかれ検閲だ」と指摘。「極めて日本的で、何か圧力が来る前に自己検閲している」と川崎市による懸念伝達や映画祭の当初の中止判断を厳しくただした。

 映画ジャーナリストの中山治美さんはカンヌ映画祭が政治家や広告主といかに距離を保っているかに触れた上で「今後もしんゆり映画祭で起きたことは起こりうる。文化、表現の自由に対する意識がまだ日本では低い。このようなシンポジウムが必要だ」と述べた。

 シンポジウムを企画した日本映画大学の安岡卓治教授は「ドキュメンタリーは現実と地続き。ビビらないことで上映再開につながった。市民が望めば実現できる」と締めくくった。 


by hiroseto2004 | 2019-11-05 06:03 | 憲法 | Trackback