人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 12月 14日 ( 12 )

真「西洋の没落」の時代


2019年はベルサイユ条約100周年だった。第一次世界大戦とは、経済的な意味での勝者は実はアメリカで、負けたのはドイツだけでなく英仏もだった。だから「西洋の没落」が叫ばれた。それでも、第二次世界大戦で米ソに移行する形で「西洋」は続いた。しかし、1989年の東欧革命でまず東側が崩れ、2019年には英国と日本が崩壊状態で西側も崩れてきた。アメリカもトランプ大統領はご覧のとおりだ。そして、中国やインドの躍進で「西洋」の優位は崩れたといえるだろう。
ただ、そういうなかで、そうはいっても一定程度ひろがっていた人権とか民主主義が真「西洋の没落」の巻き添えになってうしなわれることが危惧される。


民主主義や人権を守るため、米英仏に求められること

真「西洋の没落」時代は、西洋の没落の巻き添えで、人権や環境、民主主義が犠牲になりかねないリスクをはらむ。

こういう時代だからこそ、米英仏の主流(アメリカの場合は非トランプ系)が植民地支配や核実験、イラク・アフガニスタン侵略などを謝罪することは大事だ。

米英仏が散々悪事をやってきたことを脇において「人権」「民主主義」「環境」などを叫んでも多くのアジアやアフリカ諸国には胡散臭くみられかねない。

もちろん、国内においては、格差是正にとりくむことだ。

外交でダブスタ是正、国内で格差是正。「没落」だからこそ、スジをきちんととおすべきだ、(それが難しいのは百も承知だが言わなければもっと事態が悪化しかねないのでいわざるをえない)


by hiroseto2004 | 2019-12-14 21:25 | 思想・哲学 | Trackback
回顧2019 イエメン軍がドローンでサウジアラビアの石油施設を炎上させ、サウジ陸軍戦車部隊を大敗させた。
このことは、軍事史を書き換えた。
攻撃はともかく、防御については、アメリカ製の高価な武器がたかだか数十万円のドローンの前に無力なことが
証明されてしまった。
by hiroseto2004 | 2019-12-14 20:29 | 国際情勢 | Trackback
サウジアラビアも他のアラブも目をさましてほしい。アラブ人同士での闘いに何の益もないことに。
ドローンが戦場で活躍したのも戦史にのこる特筆すべきできごと。

視点;#サウジ による成果なき5年間の #イエメン攻撃



More
by hiroseto2004 | 2019-12-14 20:16 | 国際情勢 | Trackback
2019年12月14日18時49分
  • 自衛隊の中東派遣
    自衛隊の中東派遣

日本の自民党が、オマーン湾やバベルマンデブ海峡のアデン湾を含む中東海域への自衛隊派遣の閣議決定案を了承しました。

毎日新聞が14日土曜、報じたところによりますと、この法案では中東海域で不測の事態が発生した場合、必要が認められれば「海上警備行動を発令して対応する」とされています。

この報道によれば、日本政府は23日に閣議決定する方針です。

さらに、海上自衛隊の護衛艦1隻を派遣するほか、現在ソマリア沖アデン湾で海賊対処活動に従事しているP3C哨戒機を活用し、活動範囲はオマーン湾やアラビア海北部、アデン湾に限定され、ホルムズ海峡は除外することが決められています。


by hiroseto2004 | 2019-12-14 20:08 | 国際情勢 | Trackback
世界各地で人々の不満が高まり、デモがおきていますが、インドでも
デモ発生。安倍総理のインド訪問も中止という、思わぬ余波。


More
by hiroseto2004 | 2019-12-14 20:03 | 国際情勢 | Trackback
いわゆる弱者救済と気候変動対策は矛盾しない

いわゆる弱者救済と気候変動対策が矛盾するかのような議論がある。
方や、一部の意識高い系の皆様による
「日本の左翼も弱者救済ばかりで気候変動に興味がない」的な批判。
方や一部の左翼の皆様による
「気候変動に熱心な意識高い系は格差に鈍感だ」
的な批判。
どちらもそんなに対立的になる必要はない。
そもそも、気候変動による災害は現在、特に地方の庶民を襲っている。
最近、武蔵小杉が被災してようやく首都圏のプチブルインテリ層の皆様も深刻さを実感したという感じだろうが、23区の多くは無事だったので心底、というわけでもあるまい。ブルジョアになればなるほど逃げる場所は確保しやすい。だから気候変動といわゆる弱者救済は矛盾しない。
また、高齢者の交通事故の問題と関連付ければ、そもそも、クルマに過剰に依存しないと暮らせないの
が問題だ。CO2を大量排出しつつ、高齢者がヒヤヒヤしながらハンドルを握り、時に不幸にして子どもたちをなぎ倒す社会だ。都会の場合は、そもそも、タクシーやバスや電車も便利だ。ブルジョアほど選択肢は多い。(飯塚幸三被疑者のようにわざわざ自分でハンドルを握るほうがどうかしているだろう。高級フレンチに行けるならタクシー代くらい出せるだろう)
そうした過剰にクルマに依存しないと暮らせない社会を改めることは結局、環境にも優しいし、高齢者にも子どもにも優しい。
あまりにも問題を対立的に考えるのはどっちにとっても非生産的で結局どちらの問題も解決しないという最悪の結果を生む。
by hiroseto2004 | 2019-12-14 18:30 | 環境・街づくり | Trackback
2014年5月に内閣人事局で公務員の人事権を掌握した「安帝」は7月には解釈改憲を強行。
5年前のきょう、12月14日の衆院選で勝利し、皇帝に「即位」した。翌年、「皇后」が暴走を加速し数々の疑獄事件の震源となる。

by hiroseto2004 | 2019-12-14 11:46 | 安倍ジャパン | Trackback
アメリカも強硬一辺倒では、農家が困りますからね。


by hiroseto2004 | 2019-12-14 06:30 | 国際情勢 | Trackback
これは、シャレになってませんね!ふざけるな、といいたい。
こちらの再発防止も必要!起立よりボタン投票での採決とかにできないのか?

「13日の市議会の本会議には、広島高速5号線をめぐって、道路公社の不手際で事業費が増額されたことを受けて、市に再発防止策を求める決議が、議員から提案され、可決が見込まれていました。
しかし、本会議の最後に行われた、実際の付帯決議の起立採決では、正しくは「1票差で賛成多数」だったにもかかわらず、議会事務局の担当者が「1票差で反対多数」と数え間違い、議長に伝えました。
これを受けて、議場では、議長によって、決議が「反対多数で否決された」という誤った宣告が行われ、そのまま閉会してしまう異例の事態となりました。
担当者は「死角で見えなかった」と釈明しているということです。」

by hiroseto2004 | 2019-12-14 06:28 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
県内でもてきめん、増税による景気後退。



More
by hiroseto2004 | 2019-12-14 06:24 | 経済・財政・金融 | Trackback