人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2019年 12月 28日 ( 10 )

2019年12月26日21時01分
  • サウジ連合軍によるイエメン攻撃
    サウジ連合軍によるイエメン攻撃

国連の関係者が、「38人の死者を出したサウジ主導アラブ連合軍によるイエメン北部の市場に対する最近の攻撃は、国際法への歴然とした違反だ」としました。

イルナー通信によりますと、国連のリセ・グランデ人道調整官は声明の中で、「この攻撃を含むイエメン各地への攻撃を行った人々の裁判を求めている」と語りました。

サウジアラビアが主導するアラブ連合軍は24日火曜夜、イエメン・サアダ州にある市場を攻撃し、この中でエチオピア人移民12人を含む民間人少なくとも17人が死亡、ほか12人が負傷しました。

グランデ調整官はまた、「アラブ連合軍がこの市場を攻撃したのは、過去1ヶ月間で3回目のことで、これらの攻撃による犠牲者は89人に達している」と述べました。

米国の支援を得て、5年に及ぶサウジやアラブ首長国連邦によるイエメン攻撃で、これまでにイエメン人1万6000人以上が死亡、数万人が死傷、数百万人が住む家を失い難民となっています。


by hiroseto2004 | 2019-12-28 21:07 | 国際情勢 | Trackback
2019年12月28日19時57分
  • 自衛隊中東派遣に各方面から反対の声
    自衛隊中東派遣に各方面から反対の声

日本政府は27日金曜、2020年1月後半に海上自衛隊を西アジアに派遣することを閣議決定しました。

日本政府の決定に対し、国内の各方面から様々な反対意見が出されています。

日本弁護士連合会は同日、「中東海域への自衛隊派遣に反対する会長声明」を発表し、その中で次のような反対意見を述べました。

「今般の自衛隊の中東海域への派遣には憲法上重大な問題が含まれており、国会への事後報告等によりその問題が解消されるわけではない」

「当連合会は、今般の自衛隊の中東海域への派遣について、防衛省設置法第5条や、恒久平和主義、立憲主義の趣旨に反するおそれがあるにもかかわらず、国会における審議すら十分になされずに閣議決定のみで自衛隊の海外派遣が決められたことに対して反対する」

朝日新聞は、「限られる武器使用 隊員の安全に懸念」と題した27日の記事の中で、次のように懸念を示しています。

「派遣の目的や自衛隊員の安全確保など、懸念を解消するための議論が尽くされないまま、政府は派遣に踏み切った」

翌日には、この決定は新聞各紙の社説でも取り上げられ批判的意見が出されました。

東京新聞は社説で次のように指摘しました。

「調査・研究が名目だが、国会の議決を経ない運用は、文民統制の観点から危ういと言わざるを得ない」

「日本関係船舶の防護が直ちに必要な切迫した状況でないことは政府自身も認めている」

「日本人の人命や財産に関わる関係船舶が攻撃されるなど不測の事態が発生し、自衛隊による措置が必要な場合には、海上警備行動を新たに発令して対応するという。 この場合、自衛隊は武器を使用することができるが、本格的な戦闘状態に発展することが絶対にないと言い切れるのだろうか」

西日本新聞は社説で、政府の外交的立場について触れています。

「ここまで無理をした閣議決定の背景には、米国の顔色をうかがい、とにかく自衛隊派遣を実現したい政府の思惑がある」

「そもそも現在の緊張は米国がイラン核合意から一方的に離脱したことが発端だ」

「自衛隊派遣より、イランと米国と直接話せる外交力を生かして仲介役に徹することこそ日本本来のあり方だ」

28日には、首相官邸前でも市民団体による自衛隊中東派遣反対の抗議が行われました。

今回の閣議決定の直前にも、国会議員を含む様々な方面から反対意見が出されていました。

自由法曹団や社会文化法律センターなどでつくる「改憲問題対策法律家6団体連絡会」は12月19日に国会内で会見を行い、軍事的緊張状態にある中東地域に自衛隊を派遣することは、自衛隊が紛争に巻き込まれ、武力行使の危険を招くものだと指摘しました。また、憲法9条の平和主義に反するとして、自衛隊の護衛艦を中東・ホルムズ海峡などへ派遣する閣議決定に反対しました。会見に先立って、同連絡会は、防衛省に派遣命令を出さないよう要請を出しました。

会見には、日本共産党の笠井亮、立憲民主党の逢坂誠二、無所属の階猛・各衆院議員が同席しましたが、笠井議員は米国主導の有志連合が来年1月に活動を本格化することに歩調を合わせるものだと指摘し、「国民の議論なしに、閣議決定でなし崩しに海外派遣を進めることはあってはならない」と厳しく批判しました。

無所属の柚木道義衆院議員は、12月19日に行われた「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が主催する月例の「19日行動」の演説で、次のように述べました。

「アフガニスタンで井戸を掘り続けた中村哲さん、日本が目指す外交を体現していた。中東に自衛隊を派遣するのでなく外交で、戦争の原因となる貧困や対立を解消していくべき」

12月15日に報道された共同通信社の世論調査によると、海上自衛隊の中東派遣について国民の51.5%が「反対」と答えています。






More
by hiroseto2004 | 2019-12-28 21:05 | 国際情勢 | Trackback
広河隆一さん。これはいけませんね!
刑事事件になってもおかしくないとおもう。



by hiroseto2004 | 2019-12-28 20:17 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
れいわ新選組が京都市長選挙において福山和人さんを正式に推薦。


by hiroseto2004 | 2019-12-28 20:06 | 選挙 | Trackback
本日から1月27日の平均気温は高い確率が70%。
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/
この1週間の地震です。鹿児島県薩摩地方、瀬戸内海中部が目立ちますね。

各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2019年12月28日08時41分西表島付近M4.7震度212月28日08時45分
2019年12月28日05時31分トカラ列島近海M2.1震度112月28日05時35分
2019年12月27日22時01分鹿児島県薩摩地方M2.8震度112月27日22時04分
2019年12月27日14時10分三陸沖M4.8震度212月27日14時15分
2019年12月27日12時34分瀬戸内海中部M2.7震度112月27日12時37分
2019年12月27日11時26分沖縄本島近海M3.8震度112月27日11時29分
2019年12月27日06時46分鹿児島県薩摩地方M2.4震度112月27日06時49分
2019年12月27日04時44分栃木県北部M2.3震度112月27日04時48分
2019年12月27日03時09分鹿児島県薩摩地方M3.3震度212月27日03時12分
2019年12月26日21時26分熊本県熊本地方M2.0震度112月26日21時30分
2019年12月26日19時59分鹿児島県薩摩地方M2.9震度212月26日20時02分
2019年12月26日19時54分鹿児島県薩摩地方M3.7震度312月26日19時57分
2019年12月26日18時26分宮城県沖M4.6震度312月26日18時30分
2019年12月26日17時19分岩手県沖M3.4震度112月26日17時22分
2019年12月26日09時08分秋田県内陸北部M2.8震度112月26日09時12分
2019年12月26日03時38分網走地方M2.4震度112月26日03時41分
2019年12月25日04時54分瀬戸内海中部M2.8震度112月25日04時59分
2019年12月25日04時53分瀬戸内海中部M2.6震度112月25日04時59分
2019年12月25日04時50分トカラ列島近海M1.8震度112月25日04時54分
2019年12月24日23時37分根室半島南東沖M4.8震度312月24日23時40分
2019年12月24日19時44分和歌山県北部M2.1震度112月24日19時47分
2019年12月24日10時58分栃木県北部M2.4震度112月24日11時01分
2019年12月24日09時11分相模湾M1.9震度112月24日09時14分
2019年12月23日21時39分岩手県沖M3.4震度112月23日21時41分
2019年12月23日08時46分日向灘M3.4震度112月23日08時48分
2019年12月23日02時12分鹿児島県薩摩地方M2.0震度112月23日02時15分
2019年12月22日21時33分岩手県内陸南部M4.3震度312月22日21時37分
2019年12月22日14時24分渡島地方北部M4.0震度312月22日14時28分
2019年12月22日13時44分日向灘M4.1震度112月22日13時47分
2019年12月22日13時41分岩手県沿岸南部M3.4震度112月22日13時43分
2019年12月22日07時54分秋田県沖M3.3震度112月22日07時57分
2019年12月21日12時00分宮城県沖M4.1震度112月21日12時03分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2019-12-28 18:52 | 事故・災害・事件 | Trackback
高級公務員がカジノ会社とズブズブで構わないという安帝の丞相「菅公」

秋元被疑者逮捕以降のこれまでの報道を総合すると、結局のところ「#安帝」の丞相「#菅公」こと菅官房長官は、カジノ担当の高級公務員が #カジノ会社 とズブズブでも構わない、というご認識のようだ。だからカジノは強行突破だ、というわけだ。

1990年代、官僚が接待を受けることが大問題になったのだ。そして、業者との接触を自粛する国家公務員倫理規程(国家公務員倫理法)もできた。行政過程の近代化を図ったはずだった。もちろん、地方もそれに準じたあつかいだ。

NPO/NGO相手でも節度が必要なのに・・

わたくし・さとうしゅういち自身の00年代の県庁在職時代のことだ。
当時、DV問題関連や非正規労働者、貧困問題関連のNPO・NGOとの個人的な付き合いについて、上司から懸念されたことはある。
「お前の職務に対して接近してきているのではないか?」
という上司の懸念を当時の若き日のわたしは、一笑に付しただが、いまになってみると上司の懸念もそれはそれで
よかったとおもう。秋元被疑者のような腐敗分子は論外だが、人間というものは、「正義感」の延長が「暴走」となることもあるからだ。

まして、金儲け目当てのカジノ会社の方々(そうでないとカジノ業者はつとまらない。)と高級官僚や代議士がずぶずぶであっていいはずがないだろう。

そんな状態でもカジノを強行突破しようという菅「丞相」こと官房長官はどうかしている。


しかし、安帝と「菅公」の一派は、そうした努力をすべてぶっ壊そうとしている。それともカジノだけは例外なのか?!それはそれで異常だ。

1990年代当時、批判された官僚は「菅公」の認識にとてもではないが納得できないだろう。

https://www.saga-s.co.jp/articles/amp/470111

タグ:
by hiroseto2004 | 2019-12-28 17:17 | 安倍ジャパン | Trackback
これ以上、アメリカがいらんことをすれば、イランを中露に追いやるだけでしょうね。

by hiroseto2004 | 2019-12-28 11:49 | 国際情勢 | Trackback
「日本の玉ねぎ夫婦」こと両河井議員の公選法違反について、広島地検が27日までに河井あんり陣営の捜査に着手。
県内有権者561人の告発が当局を動かした形です。

by hiroseto2004 | 2019-12-28 11:42 | 安倍ジャパン | Trackback

冬型で寒い朝

冬型で寒い朝_e0094315_07073588.jpg
今朝の広島。冬型で寒いですね。

by hiroseto2004 | 2019-12-28 07:07 | 事故・災害・事件 | Trackback
町長さん、おっしゃるとおり。当然ですね。
というか安倍晋三さんは、末代まで道徳の教科書で反面教師になりそう(笑)

by hiroseto2004 | 2019-12-28 05:09 | 地方自治 | Trackback