人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2020年 06月 07日 ( 11 )

なんと!県病院の漆原先生が、イオンモール府中で児童買春した被疑事実で逮捕。
結構有名な先生で記憶に誤りがなければ何年か前にご講演をお聞きしたこともあるはず。ショックですね。
広島市の県立広島病院に勤務する60歳の男性医師が、17歳の女子高校生に現金を渡して体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いで7日、警察に逮捕されました。
調べに対し、医師は、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、広島市南区にある県立広島病院に勤務する医師で、消化器内視鏡外科の主任部長を務めている漆原貴容疑者(60)です。
警察によりますと、漆原容疑者は、ことし3月1日、広島県府中町にある商業施設の駐車場にとめた車の中で、17歳の女子高校生に現金2万円を渡し、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いが持たれています。
漆原容疑者は、SNSを通じて女子高校生と知り合ったとみられていて、警察の調べに対し、「していません」と供述し、容疑を否認しているということです。
警察は2人が知り合った経緯や、事件当時の状況を詳しく調べています。

研修医・指導医インタビュー(県立広島病院) | ふるさとドクターネット広島でも登場されています。


2年の初期研修をまもなく終え、産婦人科医への道を歩み始める三浦先生、内科ローテートをひととおり終え、病棟業務などに積極的に取り組む1年目の宗近先生。そして23名の初期研修医の指導医であり、臨床研修支援室長でもある消化器・乳腺・移植外科・内視鏡外科グループ主任部長の漆原先生。今回はこの3名に県立広島病院での初期研修についてお話を伺ってみました。

タグ:
by hiroseto2004 | 2020-06-07 21:31 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback

≪オール沖縄≫側が過半数の勢い。
沖縄県議選。

by hiroseto2004 | 2020-06-07 20:42 | 沖縄県 | Trackback
by hiroseto2004 | 2020-06-07 19:32 | ジェンダー・人権 | Trackback
「夜の街」と現知事は強調するけど、補償とセットでの休業要請をするのか?
あるいは、保健所長の権限で感染者がでた店を営業停止処分にするのか?
あるいは営業は継続させるが、従事者に「よびかけ」だけでなく、営業の前提として、
検査を定期的にするのか?





More
タグ:
by hiroseto2004 | 2020-06-07 18:41 | 新型コロナウイルス | Trackback
by hiroseto2004 | 2020-06-07 18:14 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

みろくの里が再開

みろくの里が再開

by hiroseto2004 | 2020-06-07 14:32 | 新型コロナウイルス | Trackback
中国政府のやっていることは国際的な約束をやぶることになる。
むろん、アメリカのデモ弾圧も大問題です。中国のことをあれこれいえる状況でもない。

筋としては、両方に対していうべきことをいうべきとおもいます。
しかし、この局面で英米の尻馬はどうなのか?

米中両方から見放されるのがいやなら、たとえば、それこそ、東南アジア諸国連合に加盟して
ASEANとして、両方に対してものをいっていくという手もあるとおもいますね。




https://www.tokyo-np.co.jp/article/33903?fbclid=IwAR0sd9biUixR6tJdtwsbomVwE36J1ZER7up7-Idy_I33uvDVOQaTBEIS5wo
 【ワシントン共同】香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。複数の関係国当局者が明らかにした。中国と関係改善を目指す日本側は欧米諸国に追随しないことで配慮を示したが、米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。
 新型コロナの感染拡大などで当面見合わせとなった中国の習近平国家主席の国賓訪日実現に向け、中国を過度に刺激するのを回避する狙いがあるとみられる。ただ香港を巡り欧米各国が中国との対立を深める中、日本の決断は欧米諸国との亀裂を生む恐れがある。

by hiroseto2004 | 2020-06-07 13:12 | ジェンダー・人権 | Trackback


各地の震度に関する情報
地震検知日時震央地名マグニチュード最大震度情報発表日時
2020年 6月 7日10時47分茨城県南部M2.9震度1 6月 7日10時50分
2020年 6月 7日09時26分千葉県東方沖M3.5震度1 6月 7日09時29分
2020年 6月 6日22時48分東京都23区M3.7震度2 6月 6日22時51分
2020年 6月 6日14時54分岐阜県美濃東部M2.7震度1 6月 6日14時57分
2020年 6月 6日07時45分空知地方南部M3.8震度1 6月 6日07時48分
2020年 6月 6日06時08分千葉県北東部M3.3震度1 6月 6日06時11分
2020年 6月 6日00時38分日向灘M3.1震度1 6月 6日00時41分
2020年 6月 4日22時34分岐阜県飛騨地方M3.0震度1 6月 4日22時37分
2020年 6月 4日18時29分茨城県南部M2.9震度1 6月 4日18時33分
2020年 6月 4日17時10分トカラ列島近海M2.5震度2 6月 4日17時19分
2020年 6月 4日15時26分父島近海M5.0震度1 6月 4日15時32分
2020年 6月 4日05時31分茨城県沖M4.7震度4 6月 4日05時35分
2020年 6月 4日02時29分国後島付近M3.5震度1 6月 4日02時32分
2020年 6月 4日01時31分沖縄本島北西沖M4.6震度2 6月 4日01時35分
2020年 6月 3日21時20分岩手県沖M4.0震度1 6月 3日21時22分
2020年 6月 3日07時41分長野県中部M2.8震度1 6月 3日07時44分
2020年 6月 3日07時25分熊本県熊本地方M2.7震度1 6月 3日07時28分
2020年 6月 3日06時32分宮崎県北部山沿いM3.6震度2 6月 3日06時36分
2020年 6月 3日02時14分岩手県沖M4.1震度1 6月 3日02時17分
2020年 6月 3日01時03分沖縄本島北西沖M4.6震度2 6月 3日01時07分
2020年 6月 3日00時41分福島県沖M4.9震度1 6月 3日00時45分
2020年 6月 2日18時37分奄美大島近海M3.1震度2 6月 2日18時40分
2020年 6月 2日15時41分千葉県北西部M3.7震度2 6月 2日15時44分
2020年 6月 2日10時00分宮城県沖M3.7震度1 6月 2日10時03分
2020年 6月 2日04時43分大隅半島東方沖M3.5震度1 6月 2日04時47分
2020年 6月 1日20時45分日向灘M4.0震度1 6月 1日20時48分
2020年 6月 1日10時47分茨城県北部M2.4震度1 6月 1日10時51分
2020年 6月 1日10時15分薩摩半島西方沖M2.5震度1 6月 1日10時18分
2020年 6月 1日09時50分薩摩半島西方沖M2.3震度1 6月 1日09時53分
2020年 6月 1日09時37分薩摩半島西方沖M2.9震度2 6月 1日09時41分
2020年 6月 1日09時33分薩摩半島西方沖M4.3震度4 6月 1日09時38分
2020年 6月 1日06時02分茨城県北部M5.3震度4 6月 1日06時06分
2020年 6月 1日04時43分長野県中部M3.3震度2 6月 1日04時46分
2020年 6月 1日04時02分岐阜県飛騨地方M3.1震度1 6月 1日04時05分
2020年 5月31日11時20分奈良県M3.6震度1 5月31日11時23分
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。

by hiroseto2004 | 2020-06-07 12:32 | 事故・災害・事件 | Trackback
どこの国でもデモは自由でなければならない。
アメリカは大義を捨てれば、中国にあれこれいえなくなる。



More
by hiroseto2004 | 2020-06-07 12:21 | ジェンダー・人権 | Trackback
6月 06, 2020 20:11 Asia/Tokyo
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相はツイッター上で、イランとの協議を暗示するトランプ米大統領の最新の発言に反応し、同大統領に向かって、「我々は、あなたの部下の工作にもかかわらず、両国間の受刑者交換という1つの人道的な交換を成立させた。だが、あなたが大統領職に就いたとき、一つの合意が存在した」と語りました。

ザリーフ外相は、「わが国およびその他の核合意署名国は一度も協議の席を離れていない。あなたの補佐官、しかもその多くをあなたはこれまでに解任しているが、彼らは愚鈍な賭け事をやっていた。いつ決断し、この問題を修正するかは、ひとえにあなた自身にかかっている」と反論しました。

ザリーフ外相のツイート

トランプ大統領はツイッター上で、イラン当局に拘束されていた米国人マイケル・ホワイト氏の釈放に関してイランに謝意を表明するとともに、イラン政府関係者に対し「大きな合意に達するのに、米大統領選後まで待つことはない」と述べました。

トランプ大統領は、自らの就任以来一部の地域諸国に関してとり続けてきた専横な対応が、イランに対しても有効だと思い込んでいるようです。もっともそれとは裏腹に、米国はその行動によって恥を上塗りし、世界で孤立しています。最近、米国内で白人警官により一黒人市民が無慈悲に殺害された事件に対し、米市民が現在スローガンとしている「我々は息ができない」という言葉はまさに、この現実を物語っています。

今日、医療行政分野での管理能力不足による新型コロナウイルス拡散から生じた問題、並びに市民の大規模な抗議行動、その他の一連の国内問題という泥沼で身動きが取れない状態のトランプ大統領にとって、他国に過剰な要求をして口を封じるなどの暴漢まがいの政策がとれる時代はもはや終焉を迎えています。米国が誤った政策を止めるまではこの泥沼から這い出すこと派不可能、という現実がこれまで以上に鮮明になっているのです。

米国の真の思惑が協議ではなく、侵略的な本質を伴った政策にあることは言うまでもありません。協議や合意など、ある種の提案を掲げたツイートは、実際にはトランプ大統領と彼の補佐官らの錯乱した意識の中で捏造され、脅迫と協議という矛盾をはらんだ誤りに起因しています。トランプ大統領の最近のツイートにおいても、こうしたアプローチは濃厚に見て取れます。そこでは世論に対し、米国がイランを協議の場に引きずり出せるという概念を吹聴しようとしていることが透けて見えるのです。

シャムハーニー・イラン国家安全保障最高評議会書記は5日金曜、ツイッター上で、「トランプ大統領の現状は国際的な対立、新型コロナウイルス制御における大失態、国内での人種差別主義の扇動、そのどれひとつ取っても暗澹たるものである。彼の率いるチームは偽の成功を捏造して見せる以外、打つ手がなくなっている」と述べました。

ハーメネイー師

イランが米国との協議実現に応じない理由に関しては、イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が様々な折に行なってきた演説が明快な回答を与えています。

ハーメネイー師は、昨年9月の演説の中で、米国が言うところの協議の目的が公正な解決策の模索にあるのではなく、自らの専横な要求の押し付けにあるとして、次のように述べました。

「米政府の政策は、様々な制裁や脅迫、様々な大言壮語という形を取ったイランへ最大限の圧力行使に他ならない。それは、米現政権がいわゆる深謀遠慮や外交儀礼ではイランを屈服させられず、懐柔に持ち込めないと考えているからである。まさにこのために、大統領や外相、その他の幹部らを初めイランの政府責任者は、口をそろえて二者であれ多国間であれ対米交渉に応じない、と断言している」

イランとの協議を持ち出したトランプ大統領の発言、それに対する反応としてのザリーフ外相のツイートは、まさにこの点を想起させるものといえるのです。


by hiroseto2004 | 2020-06-07 12:10 | 国際情勢 | Trackback