エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:新しい政治をめざして( 1917 )

「公務員に天誅!」系と「連合」を合体させて自民党に対抗しようというのは無謀だ

小沢一郎さんが橋下徹さんと国民民主党をつなぎ合わせるような方向を考えているという報道がされている。

事実なら止めた方が良い。

「公務員に天誅!」の元祖・橋下徹さんと、「連合」をバックとする国民民主党をつなぎあせてうまくいくはずがない、というか、「こいつら何をしたいのか?」と有権者から疑念を招くだけだ。橋下支持者も、連合組合員も支持しないだろう。

橋下支持者の中には、
1,ゴリゴリのブルジョワの自己責任論者(比較的年配が多い)、
2,団塊ジュニアくらいの高学歴ワープアを中心に、「公務員、教員に天誅!」という流れで橋下さんを支持している人の二つの流れが大きくいってあると思う。
2には、小泉純一郎さんは非正規雇用を拡大したから嫌いだけど、橋下さんは既得権の公務員、労組に天誅を加えているから好き、みたいな人も結構居たりする。

ただ、地方では公務員は若者の良い就職先だ。地方の20代には「公務員に天誅!」は受けが悪い。沖縄県知事選挙で自公候補が思ったほど若者票を得られなかったのは、小池百合子、松井一郎という「公務員に天誅!」系の本土の政治家が前に出すぎたせいだ。

東京や大阪なら、ブルジョワや、団塊ジュニアくらいの高学歴ワープアが結構居て松井や小池の人気が候補の人気につながる傾向があるが、沖縄では10代、20代の若者の票を名護市長選挙に比べても減らすだけになった。

逆に言えば、地方では橋下さんは疫病神だ。疫病神をわざわざ取り入れる必要はない。しかも、一方で連合を「正社員クラブ」として嫌っている都会の団塊ジュニアの高学歴ワープア層は橋下さんが連合と組んだことを知ってガッカリするだろう。この層の票も得られない。

どの層の票も得られず、野党は大敗しかねない。

得をするのは、低投票率で組織票に支えられた自公だけだ。

先の西日本大水害では公務員が減りすぎた結果、復旧・復興に支障が出ている。また、教師が減りすぎて、授業が出来なくなった学校もある。だいたい、公務員に天誅!を加えても一瞬スカッとすることはあっても、団塊ジュニアくらいの高学歴ワープアが救われるわけではない。

庶民増税、大金持ち・大手企業バラマキ、「災害対策よりも総裁選」などなどの、「アベコベ政治」。当面はアベコベ政治の問題点是正が十分に共通綱領だろう。焦ってきてれつなことをしても、野党が自滅し、自公を延命させるだけだ。


by hiroseto2004 | 2019-01-02 18:40 | 新しい政治をめざして | Trackback
岡田克也さんらの「無所属の会」が個別に立憲民主党会派入り。



More
by hiroseto2004 | 2018-12-10 20:23 | 新しい政治をめざして | Trackback


全水道労働組合の声明です。

水道法改正案 採決を強行 12月6日、衆議院本会議で可決・成立 http://zensuido.or.jp/wordpress/195/

水道法改正案 採決を強行 12月6日、衆議院本会議で可決・成立

水道法改正案は12月4日に参議院厚生労働委員会で可決、5日午前中に、参議院本会議での討論の後に採決され、反対72、三賛成165で可決されました。その日の午後に衆議院厚生労働員会に送付されましたが、法案趣旨説明が省略され、厚生労働委員会での一般質疑の中で取り上げられました。

11月29日の参議院厚生労働委員会では、二階堂中央執行委員長が、水道の現場で働く労働者を代表して、参考人として水道事業の基盤強化の必要性やコンセッション方式の問題などについて意見を述べています。

12月5日の衆議院厚生労働委員会の質疑では、立憲民主党、国民民主党、共産党などの野党が、法案の「立法事実」がないことや、水メジャー企業との癒着や利益相反の疑惑など、「運営権を民間に売り渡す」コンセッション方式の導入をめぐるあらたな問題が次々と明らかになったとして、重ねて徹底した審議を求めました。しかし、与党、厚生労働委員会は採決を強行、野党各議員が採決に反対する中で、可決されました。

12月6日、午後1時から衆議院本会議が開かれ、水道法改正案の討論が行われ、立憲民主党の初鹿議員、国民民主党の稲富議員はじめ共産党、無所属クラブが反対討論を行いました。なお、与党は参議院本会議と同様に討論を行いませんでした。

討論の後、ふたたび採決が強行され与党などの起立多数で可決、野党の反対の中、水道法改正案が成立しました。

全水道本部は、法案の可決・成立に対して、「声明」を発出しています。「声明」では、「コンセッション方式の導入が法案に盛り込まれたため、真に必要な基盤強化策の議論が極めて不十分となったこと」など、この間の政府・与党に対応に強く抗議するとともに、「全水道は安全・安定・低廉という水道の基本原則を堅持し、市民生活や企業活動を支える社会的基盤としての水道を守り発展させてゆくため、水政策の前進に向けてさらに取り組みを強化する」とした決意を訴えています。

今後は、当面、厚生労働省が示すことになっている法案成立に伴う省令・ガイドラインに注視しながら、コンセッション方式の問題を訴えつつ、水道事業の基盤強化を引き続き求めていきます。

以上




More
by hiroseto2004 | 2018-12-08 06:37 | 新しい政治をめざして | Trackback
11月25日、日本共産党演説会が広島市中区で開かれました。
統一地方選挙候補者がせいぞろい。
七期目を目指す、辻恒雄県議(福山市)が最初に決意表明。
「土砂災害危険箇所の整備に何年かかるか?との質問に知事は二百年などと答えた。県の砂防予算は一番多い時の半分だ。」
「エリート養成校にはことし68億円も使う一方で教員不足が起きている」
と報告。
他方で
「子どもの医療費無料化の請願については、次第に賛成議員が増えてきている。遂に委員会で継続審議になるところまでやって来た。」
と振り返りました。
続いて村上県議予定候補(東区)は西日本大水害を受け、「西日本大水害では、河川改修を一緒に請願していた人が犠牲になった」と悔しさをにじませました。その上で「広島を日本一災害に強い街に。」
などと訴えました。
中森辰一市議団長(西区)は、
「大型開発優先が罷り通ってきた。二葉山トンネル工事費問題は許されない。広島財界要求が一番になってきた。
いのち暮らし優先の街づくりを。」
などと訴えました。
そして各候補予定者が
「市営住宅の改修をさせた。」(中区・近松さとこ広島市議)
「17億円も、マツダの新車開発に投入する市政はおかしい。子ども医療費無料化を実現する。」(南区・中原ひろみ・広島市議)
「何でも民営化はおかしい。学校給食は自校方式を」(安佐南区・藤井敏子市議)
「今回の共産党候補では最年少。希望のある政治に変えたい!」(東区・きせ市議候補)
「被災者の声を届けた。大型事業ではなく、市民の暮らし命を守る市政へがんばる」(安芸区・中石ひとし市議)
「【自己責任論】と闘いたい。被災者に向かって、土砂を自己責任でカタをつけようとした呉市や国の自己責任論を許さない!」(呉市・久保市議)
などと訴えました。
高見あつみ参議院広島予定候補者は、
「国民を痛め付ける政治を許さない。自分の信条は戦争と貧困をなくすこと。」
などと訴えました。
社民党広島県連代表の檀上正光様から連帯メッセージ。
仁比聡平議員が決意表明。
「腕はおれても心は折れないと勝ち抜いた」
と前回2013参院選を振り返り笑いを取りました。
「復興は住民が主人公だ、と頑張り抜いた。8月2日の質問で、土砂の除去は公費で、という答弁を引き出した。」
などと振り返りました。 
「東日本大震災で家をなくした人がまだ5万7千人以上いる。西日本大水害の被災者をそんな状況におい込んではいけない。」
などと力を込めました。
「沖縄県知事選挙では権力を動員して民意に襲いかかりながら、一転して防衛局は私人だといって不服申し立て。
許せない。」
「外国人受け入れ拡大を急いで安上がりな労働力として使い捨てようとしているが、そもそも人手不足を招いたのは大手企業優遇の安倍政治。」
などと力を込めました。
市田忠義副委員長。
「安倍総理。もう、顔を見たくなければ簡単だ。選挙で勝てばよい。」
と笑いを取りました。



More
by hiroseto2004 | 2018-11-25 18:56 | 新しい政治をめざして | Trackback

日本共産党演説会

日本共産党演説会。

e0094315_14082944.jpg
e0094315_14094157.jpg







by hiroseto2004 | 2018-11-25 14:11 | 新しい政治をめざして | Trackback
フランスで燃料価格高騰で280000人がデモ。日本人なら「自己責任」で納得してしまいかねないが、やはりガツンというべきときは言うべきだろう!
by hiroseto2004 | 2018-11-19 07:41 | 新しい政治をめざして | Trackback
by hiroseto2004 | 2018-11-18 20:21 | 新しい政治をめざして | Trackback
[志位委員長定例会見① 米国中間選挙について]
日本共産党の志位委員長は国会内で定例会見を開き、記者からの質問に答えました。
(要旨)
●米国中間選挙の受けとめについて
 米国の中間選挙の結果は全体として見ますと、トランプ政治に対する厳しい審判がくだったと見ることができると思います。トランプ大統領がアメリカファーストと掲げて、覇権主義、排外主義そして国内にあっては分断をあおってきたと。この政治のあり方に対する批判の声が示されたと思います。それから国内施策としては大企業や大金持ちに対する減税を進めながら社会保障制度を壊していくというやり方に対しても批判が起こったと思います。トランプ政治に対する厳しい審判が下されたという点で大変重要な結果と見ております。



More
by hiroseto2004 | 2018-11-09 06:14 | 新しい政治をめざして | Trackback
JCPサポーターまつり。10月28日開催です。


by hiroseto2004 | 2018-10-18 22:01 | 新しい政治をめざして | Trackback
北海道議会が10月11日、「日米地位協定」の見直しを求め、全会一致で意見書を可決しています。

意見案第5号
日米地位協定のあるべき姿への見直しを求める意見書
我が国には、日米安全保障条約に基づく日米地位協定により、全国30都道府県に130の米軍施設があり、本道にも米軍専用施設である千歳の通信施設のほかに17施設が所在している。また、本道の矢臼別演習場においても沖縄の米海兵隊による実弾射撃訓練の本土移転に伴い、平成9年からその実施を受け入れている。本道に所在するほとんどの米軍施設は、日米地位協定第2条第4項(b)に位置づけられているものであり、米軍人・軍属は駐留していないが、沖縄を初め、米軍人が駐留をしている施設所在地において、米軍人・軍属による犯罪が多発していることに強い憤りを禁じ得ない。本年9月には、沖縄県読谷村において嘉手納基地所属の米軍人による村民宅への住居不法侵入事件が発生したが、飲酒した上半身裸の米軍人が騒ぎながら村民宅へ侵入し、居合わせた高校生と乳児の姉妹を恐怖に陥れた蛮行は、平穏で安心な村民生活を脅かす行為として断じて許すことはできない。日米地位協定には、日本国法令や租税等の適用除外、米軍人等の犯罪に係る裁判権や損害賠償権、基地立ち入り権など国民生活に深くかかわる事項が定められているが、締結以来一度も改定されておらず、全国知事会は、本年7月にも国民の生命・財産等を守る観点から「米軍基地負担に関する提言」を決議し、国に対し、日米地位協定の見直し等を要請したところである。よって、国においては、公正・良好な日米両国の関係を維持するとともに、国民の生命・財産と人権を守るため、日米地位協定のあるべき姿への見直しなど、適切な措置を講ずるよう強く要望する。以上、地方自治法第99条の規定により提出する。

平成 年 月 日

衆 議 院 議 長
参 議 院 議 長
内 閣 総 理 大 臣
外 務 大 臣
防 衛 大 臣
各通

北海道議会議長 大 谷 亨

by hiroseto2004 | 2018-10-16 06:07 | 新しい政治をめざして | Trackback